また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

東茶屋街(ひがしちゃやがい)

最終更新:match1128

山の解説 - [出典:Wikipedia]

東山ひがし(ひがしやまひがし)は、石川県金沢市の地区名。重要伝統的建造物群保存地区であり、ひがし茶屋街(ひがしちゃやがい)の名称で知られる。南北約130m、東西約180m、約1.8haで、保存地区内の建築物140のうち約3分の2が伝統的建造物であり、茶屋町創設時から明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残る。金沢の主な観光地の1つになっている。
天正8年(1580年)に佐久間盛政が金沢御坊を攻略して金沢城を築城したのち、天正11年(1583年)に前田利家が入城し、金沢城下は城下町として栄える。加賀藩では領民にも謡を奨励して多くの領民が謡を習い、その裾野は大きく広がった。金沢は「空から謡(うたい)が降ってくる」と言われるほどの町になった。そんな風情が一番残っている町である。
江戸時代、城下町近郊を流れる犀川・浅野川両界隈に多くの茶屋が立ち並んだ。文政3年(1820年)、加賀藩の許可を得、犀川西側に「にし」の茶屋町、浅野川東側に「ひがし」の茶屋町が共に開かれ、大いに賑わった。この際、旧来の不整形な町割は改められ、整形な街区が形成された。浅野川をはさんで北西には、茶屋街の1つである主計町がある。
茶屋町創設時の敷地割をよく残し、全国でも希少な茶屋様式の町屋を多く残しているとし、2001年11月14日、種別「茶屋町」で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。二番丁にある茶屋「志摩」は、歴史的価値が高いことから2003年12月25日に国の重要文化財に指定され、一般公開されている。
金沢生まれの作家井上雪の小説『廓のおんな』では物語の舞台(旧「愛宕町」)とされ、伝統的な金沢弁で描写されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「東茶屋街」 に関連する記録(最新10件)

北陸
  10    5 
2018年09月14日(日帰り)
北陸
  32    13 
2018年08月31日(日帰り)
未入力
  
2018年05月03日(日帰り)
北陸
  86    15 
2018年03月17日(日帰り)
未入力
  
2018年02月16日(4日間)
北陸
  58    45  5 
2018年02月11日(日帰り)
北陸
  42    12 
hokuri, その他1人
2018年01月14日(日帰り)
未入力
  
2018年01月04日(5日間)
北陸
  
2017年10月29日(日帰り)
ページの先頭へ