ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 恒屋城後

恒屋城後(つねやじょうあと)

最終更新者 masashige
基本情報
標高 236m
場所 北緯34度56分53秒, 東経134度42分57秒
山頂

恒屋城後の日の出・日の入り時刻

02/26(日) 02/27(月) 02/28(火) 03/01(水) 03/02(木) 03/03(金) 03/04(土)
日の出 6時32分 6時31分 6時30分 6時29分 6時27分 6時26分 6時25分
日の入り 17時57分 17時58分 17時59分 18時0分 18時1分 18時2分 18時2分

恒屋城後 (標高236m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
8.4
平均気温
2.9
最低気温
-1.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 4.5 時間/日
降水量 2 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

北側の眺望、 先日登った 恒屋城 が 前城、後城まではっきりと見えています〜 その奥に控えている三角錐の山、 明神山 も見えますね〜 あそこにも登ってみたいです〜
登山口に到着しました〜 小さな案内看板が数箇所に出ていましたが ほとんど分からなかったので 地元の方に親切に場所を教えて頂きました〜 どうやら 恒屋城 というみたいですね〜 案内板より 頂上の北側が後城 ( 標高 236 メートル ) 、 南側が前城 ( 標高 199 メートル ) です。 この城は嘉吉年間 ( 紀元 1441 〜 1443 ) に 恒屋氏が築城し天正四年 ( 紀元 1576 ) 羽柴秀吉のちの ( 豊臣秀吉 ) によって落城しました。 その折に恒屋氏は滅亡したようです。 城の遺構本丸、出丸、土塁、堀、など 中世の山城の典型的機構が残り 城の下には 堀をめぐらした居館跡も見受けられます。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「恒屋城後」 に関連する記録(最新10件)

近畿
  15   2 
2017年01月21日(日帰り)
近畿
  8   2 
2015年06月09日(日帰り)
近畿
  16     15 
2015年05月10日(日帰り)
近畿
  28    11 
2014年01月19日(日帰り)
ページの先頭へ