また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

宗泉院(しゅうせんいん)

最終更新:Kazuhagi
平川峠に戻りました。ここから本日のお楽しみ、小武川に下ります。宗泉院に向かう林道横に踏み跡ありますが、ここには入らずに。
【テキスト】 泉涌寺(東山区泉涌寺山内町) 真言宗泉涌寺派の総本山。山号は東山。本尊は釈迦如来・阿弥陀如来・弥勒菩薩の三尊。皇室との関わりが深く、御寺とも呼ばれる。斉衡三年(八五六)に藤原緒嗣が帰依した神修上人が法輪寺(のちに仙遊寺と改称)として創建したのに由来するという。建保六年(一二一八)には当寺の開山である俊ジョウ律師に仙遊寺が寄進され、この時境内に新しい泉が湧き出たことにちなみ、泉涌寺と改めたという。元仁元年(一二二四)に御願寺となり、律を本宗に真言・天台・禅・浄土の五宗兼学道場とされた。仁治三年(一二四二)に四条天皇が没し、寺内に御陵が造られて以来、後水尾・後光明天皇など二十五方の御陵(月輪陵・後月輪陵)が営まれ、皇室の香華院(菩提所)となる。現在の伽藍は寛文年間(一六六一〜七三)の復興による。仏殿は寛文八年(一六六八)の造営で重要文化財。 楊貴妃観音堂に安置されている聖観音像(重要文化財)は玄宗皇帝が楊貴妃を偲んで香木をもって造らせたものと伝える宋伝来の像で、楊貴妃観音と通称されている。この観音は長らく秘仏であったため彩色が剥落せず見事に残っている。国宝の「泉涌寺勧縁疏」は俊ジョウ律師が十万檀越の喜捨をあおぐために書き、後鳥羽上皇が上覧したもの。山内の塔頭に七福神が祀られており、毎年成人の日に行われる泉山七福神めぐりは有名。
基本情報
場所 北緯35度45分37秒, 東経138度23分10秒
分岐

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「宗泉院」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  10    15 
2016年12月24日(日帰り)
甲信越
  42     20 
2016年12月19日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  23    11 
fpttpctt, その他1人
2015年07月05日(日帰り)
甲信越
  39    11 
Non-Daytenpai, その他1人
2015年03月14日(日帰り)
甲信越
  27     54  2 
2014年05月04日(日帰り)
甲信越
    5 
2009年05月09日(日帰り)
ページの先頭へ