また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

鉄砲沢(てっぽうさわ)

最終更新:kamog
写真一覧へ 写真一覧へ 黄蓮沢出合の右俣に鉄砲堰。木材が朽ち果てていて越えるのにちょっと難儀。左岸側を高めに巻きました。
大山沢沿い林道の途中に「鉄砲堰」の復元がありました。 ここに掲示されていた説明は 次の通りです。  「鉄砲堰」とは、山奥で切り出した木材を水の力で運び出すために、材木を使っで人工的に沢に造った堰のことです。簡単にいえば木組みのダムのことです。  沢をせき止め、少ない沢水を効率よく溜める堰を築き、鉄砲水のように“ドオーツ″と一気に溜めた水を下流まで押し流し、その力で切り出した木材を流し出しました。  荒川の支流に位置する中津川流域では、鉄砲堰を利用した木材の搬出が昭和20年代頃まで盛んに行われていました。
ユーシン分岐を越え4本目の沢が鉄砲沢 入渓は橋の左から降りられる
基本情報
場所 北緯35度27分09秒, 東経139度07分31秒
玄倉川支流のマイナーな沢登りルート。テッポウミズ沢と表記されている文献もある。鍋割山を水源とし、全体的にきれいなナメ床を形成している。上流部の滝はクライミング慣れしていないと難しい。
遡行グレード:1級

付近の山

この場所を通る登山ルート

「鉄砲沢」 に関連する記録(最新10件)

丹沢
  24    27 
2019年01月24日(日帰り)
丹沢
  24    30 
2019年01月22日(日帰り)
丹沢
  52    9 
DrUcchinamifuji, その他2人
2019年01月14日(日帰り)
丹沢
  134    5 
acchi1979, その他1人
2018年12月02日(日帰り)
丹沢
  69    49  4 
2018年12月01日(日帰り)
丹沢
  36   189 
2018年11月24日(日帰り)
ページの先頭へ