ヤマレコ

最終更新者 kamog
基本情報
場所 北緯35度27分09秒, 東経139度07分31秒
玄倉川支流のマイナーな沢登りルート。テッポウミズ沢と表記されている文献もある。鍋割山を水源とし、全体的にきれいなナメ床を形成している。上流部の滝はクライミング慣れしていないと難しい。
遡行グレード:1級

鉄砲沢 (基準標高864.7m)付近の気温

8月の気温(推定値)
最高気温
24.2
平均気温
20.9
最低気温
17.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

8月の気象
日照時間 4.9 時間/日
降水量 9.8 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

黄蓮沢出合の右俣に鉄砲堰。木材が朽ち果てていて越えるのにちょっと難儀。左岸側を高めに巻きました。
大山沢沿い林道の途中に「鉄砲堰」の復元がありました。 ここに掲示されていた説明は 次の通りです。  「鉄砲堰」とは、山奥で切り出した木材を水の力で運び出すために、材木を使っで人工的に沢に造った堰のことです。簡単にいえば木組みのダムのことです。  沢をせき止め、少ない沢水を効率よく溜める堰を築き、鉄砲水のように“ドオーツ″と一気に溜めた水を下流まで押し流し、その力で切り出した木材を流し出しました。  荒川の支流に位置する中津川流域では、鉄砲堰を利用した木材の搬出が昭和20年代頃まで盛んに行われていました。
ユーシン分岐を越え4本目の沢が鉄砲沢 入渓は橋の左から降りられる
此処が鉄砲沢出合の堰堤
鉄砲沢入り口。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「鉄砲沢」 に関連する記録(最新10件)

丹沢
  21    10 
mirokutaakun, その他19人
2017年08月13日(日帰り)
丹沢
  15    14 
2017年08月06日(日帰り)
丹沢
   1 
2017年08月06日(日帰り)
丹沢
  67    33 
2017年08月05日(日帰り)
丹沢
  64    11 
2017年07月29日(日帰り)
丹沢
  24   17 
2017年07月24日(日帰り)
丹沢
  19    12 
2017年07月22日(日帰り)
未入力
  
2017年07月22日(日帰り)
丹沢
  23    13 
2017年07月16日(日帰り)
ページの先頭へ