また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

笠取山(かさとりやま)

最終更新:gezansya
基本情報
標高 1953m
場所 北緯35度51分55秒, 東経138度49分11秒
カシミール3D
以下gezansya記
 笠取山の位置はかっては違った様だ。
 山岳図書の名著「奥秩父研究」(注=下記)では、現在の笠取山の位置に袴腰山1941、そして笠取小屋の南西側の三角点1802峰を笠取山と記されている。
 注:原 全教著 朋文堂 昭和34年
山頂
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

笠取山(かさとりやま)は埼玉県秩父市と山梨県甲州市の境にある標高1,953mの山で、奥秩父の山域の主脈の一つに位置している。
山頂の南側は、多摩川の水源であり、南斜面の山林一帯は東京都水道局の水源涵養林(東京都水源林)となっている。山頂から南側少し下に水干(水乾)(みずひ)と呼ばれる多摩川の水源があり、「東京湾まで138km」と書かれた看板が立っている。また、山頂から西へ少し離れた雁坂峠への分岐付近に小さな分水嶺(山梨県山梨市・甲州市、埼玉県秩父市の境目に位置)があり、ここから山梨市側は笛吹川(富士川の支流)、秩父市側は荒川、甲州市側は多摩川へと別れている。また、これを示す石柱がある。
登山をするには、国道411号(青梅街道)から一ノ瀬高原に入り、作場平に車を停めて「水源地ふれあいのみち・源流のみち」(東京都水道局整備)を行く。山の下の国道411号沿いに、下山後入るのにちょうどよい位置づけに丹波山温泉がある。

Mt.Fuji from Mt.Kasatori 01.jpg|笠取山から望む富士山 左は大菩薩嶺
水干(多摩川の水源).jpg|水干(多摩川の水源)
小さな分水嶺から見た奥秩父山塊.jpg|小さな分水嶺から見た奥秩父山塊

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「笠取山」 に関連する記録(最新10件)

奥秩父
  58    2 
ikemon, その他2人
2021年06月21日(日帰り)
奥秩父
  36     15 
JiroDai, その他2人
2021年06月21日(日帰り)
奥秩父
  8    2 
2021年06月20日(日帰り)
奥秩父
  50    6 
2021年06月20日(日帰り)
奥秩父
  58    56  1 
2021年06月18日(日帰り)
奥秩父
  24     4 
2021年06月12日(日帰り)
奥秩父
  13   5 
2021年06月12日(日帰り)
奥秩父
  103   24 
2021年06月12日(2日間)
ページの先頭へ