また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

最終更新:pico_mint
銀閣寺(左京区銀閣寺町) 相国寺の山外塔頭。山号は東山。正しくは慈照寺。世界遺産(文化遺産)。本尊は釈迦如来。足利義政が文明十四年(一四八二)に浄土寺跡に建てた東山山荘に始まる。通称名の銀閣は観音殿のことで、長享三年(一四八九)に上棟したが、義政はその完成を見ずに翌年に死去した。義政の没後に夢窓疎石を勧請開山として相国寺の宝処周財が入寺して禅寺となった。正式名の慈照寺は義政の法号にちなむ。戦国時代に荒廃したが、元和・寛永年間(一六一五〜四四)には修復された。国宝の銀閣はかつて東山殿の池庭に点在した建物の一つで、現存する東山殿の遺構は、この銀閣と束求堂のみ。東向きの二層の楼閣で、下層の心空殿は和様の住宅、上層の潮音閣は観音像を安置する禅宗様仏堂。金箔張りの金閣のように内外を銀箔で化粧する意図があったかどうかは不明で、痕跡も見あたらない。東求堂も国宝で、文明十八年(一四八六)の建立。銀閣と同様、東山殿当時の遺構で、義政時代には阿弥陀三尊を本尊とする持仏堂。方形の建物で南に向いている。同仁斎と称する東北の四畳半の室は義政の書斎で、北側の付書院と違い棚は座敷飾として現存最古の遺例。それらを含む形式手法は書院造に通じ、また茶の湯の空間としても貴重である。庭園は、国の特別史跡および特別名勝に指定され、義政自身が直接作庭指導した池泉回遊式庭園。本堂前には白砂を段形に盛り上げた銀沙灘や円錐形の向月台があり、錦鏡池をめぐる室町時代の面影を残す庭園部と好対照をなしている。この他、参道の銀閣寺垣は建仁寺垣を変形させた簡素な竹垣で、本堂と東求堂の間に置かれる銀閣寺型手水鉢は袈裟型手水鉢と呼ばれる。 (京都検定のテキストより)
京都検定のテキストより 三十三間堂(東山区三十三間堂廻り町) 正しくは蓮華王院。本尊は千手観音。通称の三十三間堂は本堂の母屋正面の柱間の数が三十三あることに由来する。長寛二年(一一六四)に後自河上皇の勅願によって建立。豊臣秀吉が方広寺を創建した天正十四年(一五八六)には、その千手堂となったが、秀吉没後には方広寺とともに天台宗の妙法院の管理下に置かれた。柳のお加持、三十三間堂通し矢は一月十五日に近い日曜に行う。本堂は国宝で院政期における浄土教寺院の阿弥陀堂の空間構成を今に伝える。京都における鎌倉時代和様の代表的遺構。他に南大門、築地塀(太閤塀)がいずれも桃山時代の建築で重要文化財。湛慶の手になる国宝の千手観音坐像を中央に、南北約百二十メートルに及ぶ伽藍内に、木造千手観音立像(重要文化財)が立ち並ぶ光景は圧巻。また、風神・雷神像は国宝。同じく国宝の二十八部衆像とともに千手観音に従っている。
三十三間堂でおうどんを頂きましたが このお店がそう!
三十三間堂が無料で見られるのも目的のひとつなのですが 瀬戸内寂聴さんの青空説法を聞くのが楽しみ♫ 電話で確かめたら今年は静養中で欠席とのこと。 代演とか聞いたのだが・・・。
無料で三十三間堂に入れます。 三十三間堂の中は写真撮影禁止です。 今年はゆっくりと見ることができました。
基本情報
場所 北緯34度59分19秒, 東経135度46分18秒
展望ポイント

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「三十三間堂」 に関連する記録(最新10件)

京都・北摂
  51    7 
moccooza0161usamimocha, その他9人
2018年01月21日(日帰り)
未入力
  
2017年11月12日(日帰り)
京都・北摂
  14    8 
ricochanshirasachiyo-, その他5人
2017年11月04日(日帰り)
未入力
  
2017年11月04日(日帰り)
京都・北摂
  5    13 
2017年10月29日(日帰り)
近畿
  76    7 
2017年07月21日(日帰り)
京都・北摂
  6   1 
2017年07月19日(日帰り)
京都・北摂
  1    6 
unokanae, その他2人
2017年07月08日(日帰り)
京都・北摂
  25    15 
2017年05月07日(日帰り)
ページの先頭へ