また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

荷鞍山(にくらやま) / ふじやま 富士浅間の砦

最終更新:kamitsuke
基本情報
標高 638m
場所 北緯36度39分48秒, 東経138度59分47秒
荷鞍山(にくらやま)は群馬県みなかみ町下津にある標高638mの山である。戦国時代には麓の名胡桃城の狼煙台があったといわれる。確かに山頂周囲には山城の遺構である郭や堀切、土橋が見られる。登山口は東麓の「滝合」と呼ばれる地域の農道の終点に有志の方が掲げた登山口のプラカードがある。登山道は明瞭でよく整備されている。なお6月以降は山ビルが発生するため夏場は登れないと思ったほうがいいかもしれない。適期は晩秋から5月のはじめまで。登山口から山頂まで一時間ほどで登ることができ、南東に続く主稜線を行けば大平山にもプチ縦走できる。春になればスミレやリンドウ、ツツジ、マンサクなど花が咲いて所々で目を楽しませてくれる。動物はツキノワグマ、イノシシ、カモシカなどがいる。眺望は雑木林の間から谷川岳、子持山、赤城山、武尊山、上州三峰山が望める。
登山口 滝合登山口

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「荷鞍山」 に関連する記録(最新10件)

谷川・武尊
    1 
kamitsuke, その他3人
2017年04月16日(日帰り)
ページの先頭へ