また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

最終更新:alpsdake
基本情報
標高 8091m
場所 北緯28度35分45秒, 東経83度49分10秒
カシミール3D
・世界第10高峰
・1964年10月13日(南峰初登頂)に、京都大学登山隊が登頂
山頂
危険個所
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

アンナプルナ(()、ネパール語およびネパール・バサ語 : ())は、ネパール・ヒマラヤの中央に東西約50 kmにわたって連なる、ヒマラヤ山脈に属する山群の総称。サンスクリットで「豊穣の女神」の意味。?峰(8,091 m)、(7,937 m)、(7,555 m)、(7,525 m)、(7,219 m)、ガンガプルナ(7,455 m)で、主峰の?峰の標高は世界第10位である。
アンナプルナの山容は、ネパールのポカラや近在のダンプス、サランコットなどから、比較的手軽に見ることが出来る。ネパールの鎖国時代には外国人の立ち入りは禁じられていたが、1950年開国直後の6月3日に、モーリス・エルゾーグ隊長麾下、、、、といった錚々たる第一線アルピニストを揃えたフランス隊によって、?峰の初登頂がなされた。人類が足跡を記した最初の8,000 m峰であり、3年後にエベレストが登頂されるまでは人類が登頂した最も高い山であった。
しかし、14座ある8,000m峰の中では10番目の標高であるが、けっして容易な山ではない。北面は常に雪崩の危険がつきまとい、南面は岩と氷の困難な大岩壁が立ちはだかっている。最も登られる北斜面では、初登頂ルートを含む北氷河を通過するルートで雪崩が頻発し、雪崩を避けるために稜線沿いにルートをとった場合でさえ雪崩の死者が多数出ている。そのため8,000m峰の中では最も登頂者が少なく、2012年3月の時点で、登頂者数191人に対して死亡者数は61人に達する。死亡率が高い理由は、エベレストのような商業登山の対象とならず、難度の高いルート、単独ないしアルパイン・スタイル、無酸素による挑戦の比率が高いことにも起因している。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「アンナプルナ」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ