また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

トノ洞(とのぼら) / 中洞谷ノ頭

最終更新:nagara
基本情報
標高 1154m
場所 北緯35度49分54秒, 東経137度02分47秒
トノ洞は、郡上市明宝地区(吉田川)と、和良町鹿島(オンボ谷)を分ける山稜上の三等三角点峰(点名:有穂)である。
山名は、オンボ谷源流部の一つであるトノ洞に由来し、和良側の住民から「トノ洞」と呼ばれていた事による。
急峻な尾根を従え立派な山容ではあるが、書籍等で取り上げられた事が殆ど無い不遇の山である。特に明宝側では、山麓に国道が通じているいも関わらず、山頂部が小久瀬見付近でごく僅か望める程度で、この事も関心を引きにくい一因と考えられる。
登山道は存在しないが、和良側では途中まで鉄塔巡視路や林道を使えるコース取りが行える事から、どちらかといえば、和良側から登られる事が多い。また明宝側も急峻な尾根ではあるが、植林が多く藪も無いのでこちらからのコース取も面白い。但し、冬季は急坂のラッセルが続くので、それなりの時間と労力を要する。
山頂

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「トノ洞」 に関連する記録(最新10件)

東海
  19    6 
2016年12月24日(日帰り)
東海
  12    11 
k_fjijp, その他1人
2015年07月29日(日帰り)
ページの先頭へ