ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 多峯主山

多峯主山(とうのすやま)

最終更新者 chakayaan
基本情報
標高 270.77m
場所 北緯35度52分05秒, 東経139度17分52秒
山頂
展望ポイント

多峯主山の日の出・日の入り時刻

07/29(土) 07/30(日) 07/31(月) 08/01(火) 08/02(水) 08/03(木) 08/04(金)
日の出 4時45分 4時46分 4時47分 4時47分 4時48分 4時49分 4時50分
日の入り 18時54分 18時53分 18時52分 18時51分 18時50分 18時49分 18時48分

多峯主山 (標高270.77m)付近の気温

7月の気温(推定値)
最高気温
27.9
平均気温
23.3
最低気温
19.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

7月の気象
日照時間 4.2 時間/日
降水量 6 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

多峰主山多峯主山と書かれることも、とうのすやま)は、埼玉県飯能市の山。標高271m。奥武蔵山系の東側に位置する。
多峰主山は天覧山の西側に位置し、天覧山とセットで歩かれることが多い山である。標高も低く、登山道も整備されており、年間8万人から9万人もの人が訪れるハイキングコースとしても人気が高い。2016年2月には飯能市により、頂上の南側中腹にトイレも設置された。
標高の割には眺望がよく、天覧山(197m)に続く丘陵や飯能市街、周囲の龍崖山(246m)や日和田山(305m)、さらに西武ドーム球場、さいたま新都心や東京スカイツリーなど都心部、遠くは筑波山と天気が良ければ関東平野を一望できる。奥多摩、奥武蔵、秩父の山々も一望でき、富士山も見ることができる。
登山道としては、東側の天覧山や南側の入間川吾妻峡に降りるルートが一般的だが、西南側の久須美坂、東坂を経由して、天覚山(445.5m)、大高山(493m)、子の権現(640m)、さらには伊豆ヶ岳と、飯能アルプスと呼ばれる奥武蔵の山々へと続く登山道もあり、縦走登山やトレイルランニングなどで走られることもある。
東側から頂上への直登ルートでは、頂上のすぐ下に岩場と鎖場もあり若干危険である。東側からの登山道でも、頂上付近では雨乞い池を経由する南側からのルートに迂回する方が初心者には安全である。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「多峯主山」 に関連する記録(最新10件)

奥武蔵
  46    12 
2017年07月29日(日帰り)
奥武蔵
  20    5 
2017年07月24日(日帰り)
奥多摩・高尾
  12    8 
2017年07月23日(日帰り)
奥武蔵
  69    50 
2017年07月22日(日帰り)
関東
  
takataka_yan, その他1人
2017年07月16日(日帰り)
奥秩父
  20    4 
yuzu_anzu, その他1人
2017年07月16日(日帰り)
奥武蔵
  11    8 
fg5, その他1人
2017年07月16日(日帰り)
奥秩父
  21    4 
2017年07月14日(日帰り)
奥武蔵
  20   4 
2017年07月08日(日帰り)
ページの先頭へ