また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

天王山塚古墳(てんのうやまづかこふん) / 薬師堂

最終更新:Tutuganasi

山の解説 - [出典:Wikipedia]

天王山塚古墳(てんのうやまづかこふん)は、埼玉県久喜市菖蒲町の栢間古墳群に属する前方後円墳である。埼玉県指定史跡に指定されている。

  • 墳丘長107メートル

  • 前方部幅62メートル・高さ9メートル

  • 後円部径55メートル・高さ10メートル


栢間古墳群は「栢間七塚」とも呼ばれ、菖蒲町栢間地区に10基の古墳が点在し、埼玉県選定重要遺跡に選定されている。いずれも6世紀-7世紀にかけて築かれたものと推定されている。
天王山塚古墳は古墳群最大のもので、県下でも6番目の大きさである。全体は広葉樹林に覆われており、かつて墳丘の周囲には周溝が存在したが、現在は北側と東側に幅20メートルほどのものが一部残るのみである。鞍部には薬師堂が建てられている。後円部はやや削平され、墳頂には江戸時代に築かれた塚がある。
埴輪や須恵器が出土したが、本格的な発掘調査はまだ行われていない。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「天王山塚古墳」 に関連する記録(最新10件)

関東
  96     46  2 
2020年12月16日(日帰り)
ページの先頭へ