ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

金峯山寺(きんぷせんじ)

最終更新:seizanryo
基本情報
場所 北緯34度22分05秒, 東経135度51分32秒
カシミール3D
トイレ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

金峯山寺(きんぷせんじ)は、奈良県吉野郡吉野町吉野山にある金峯山修験本宗(修験道)の総本山の寺院。山号は国軸山。開基(創立者)は役小角と伝える。かつては「山下(さんげ)の蔵王堂」と呼ばれていた。本尊は蔵王堂に安置される蔵王権現立像3躯。本尊は巨像として著名で中尊は約7mもあり、普段は非公開(秘仏)であることから「日本最大の秘仏」とも称される。現存の蔵王堂は、天正18年(1590年)に豊臣秀吉の寄進によって再建されたもので、蔵王権現立像3躯の造仏は、秀吉の発願した方広寺大仏(京の大仏)の造仏にも携わった、南都仏師の宗貞・宗印兄弟が手掛けたことが、胎内の銘から知られる。
金峯山寺の所在する吉野山は、古来より桜の名所として知られ、南北朝時代には南朝の中心地でもあった。「金峯山」とは単独の峰の呼称ではなく、吉野山(奈良県吉野郡吉野町)と、その南方二十数キロメートルの大峯山系に位置する山上ヶ岳(奈良県吉野郡天川村)を含む山岳霊場を包括した名称である。
吉野・大峯は古代から山岳信仰の聖地であり、平安時代以降は霊場として多くの参詣人を集めてきた。吉野・大峯の霊場は、和歌山県の高野山と熊野三山、およびこれら霊場同士を結ぶ巡礼路とともに世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素となっている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「金峯山寺」 に関連する記録(最新10件)

大峰山脈
11:3023.3km2,224m6
  18    6 
2024年05月14日(日帰り)
大峰山脈
04:2815.5km794m3
  17    2 
2024年05月05日(日帰り)
大峰山脈
07:5823.7km1,699m5
  24    6 
2024年05月04日(日帰り)
大峰山脈
16:2731.8km2,388m7
  73     13 
2024年05月04日(2日間)
大峰山脈
24:37101.0km7,918m10
  106     27 
2024年05月04日(2日間)
大峰山脈
25:1577.5km6,681m10
  5     12 
2024年05月03日(2日間)
大峰山脈
16:0231.1km2,734m7
  69    8 
2024年05月03日(2日間)
大峰山脈
39:5192.2km7,261m10
  141     42 
2024年05月02日(3日間)
大峰山脈
44:18105.8km8,034m10
  51     48 
meeeesan, その他1人
2024年05月02日(4日間)
大峰山脈
95:01103.1km8,238m10
  86    15 
2024年05月02日(4日間)