ヤマレコ

最終更新者 highten31
基本情報
標高 1322.4m
場所 北緯42度38分00秒, 東経141度08分33秒
トドマツ川林道は急勾配・狭隘・ガレ場の連続の上に幅員が3m未満のため、すれ違いや方向転換が効かない極悪路で休日の利用は避けたほうが無難。タイヤパンクや燃料タンクの損傷のリスクあり。
登山口の小屋も撤去され登山届の記入もできない状況のため、徳舜瞥山経由で登る方が無難である。
山頂

ホロホロ山の日の出・日の入り時刻

09/23(土) 09/24(日) 09/25(月) 09/26(火) 09/27(水) 09/28(木) 09/29(金)
日の出 5時17分 5時18分 5時19分 5時20分 5時21分 5時22分 5時23分
日の入り 17時39分 17時37分 17時36分 17時34分 17時32分 17時30分 17時28分

ホロホロ山 (標高1322.4m)付近の気温

9月の気温(推定値)
最高気温
13
平均気温
9
最低気温
4.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

9月の気象
日照時間 4.3 時間/日
降水量 9.2 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

ホロホロ山
ホロホロ山
ホロホロ山
ホロホロ山
ホロホロ山

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ホロホロ山(ホロホロやま)は、北海道伊達市大滝区と白老郡白老町にまたがる標高1,322.4 mの火山である。すぐ隣の徳舜瞥山と双耳峰を成しており、一等三角点(点名「徳心別山」)が若干標高の高いホロホロ山頂側に設置されている。支笏洞爺国立公園内にあるのはホロホロ山のみで、徳舜瞥山は含まれていない。胆振総合振興局内の最高峰であり、伊達市および白老町、共に各市町内の最高峰でもある。
山名はアイヌ語で「甚だ大いなる川」を意味する「ポロポロ・ペッ」に由来する。北海道道86号白老大滝線(四季彩街道)からの直登ルートが白老側にあるのに加え、大滝側からも徳舜瞥山経由の縦走路がある。また、北湯沢温泉 湯元ホロホロ山荘の名の由来となっている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「ホロホロ山」 に関連する記録(最新10件)

支笏・洞爺
  17    1 
sumitako, その他1人
2017年09月11日(日帰り)
支笏・洞爺
  7   13 
hyotsuka7123, その他10人
2017年09月09日(日帰り)
支笏・洞爺
  9    12 
papapapa1222, その他1人
2017年09月03日(日帰り)
支笏・洞爺
  31    7 
2017年09月03日(日帰り)
支笏・洞爺
  30    42 
shu-hiker, その他1人
2017年08月26日(日帰り)
支笏・洞爺
  68    15 
tomarin, その他1人
2017年08月20日(日帰り)
支笏・洞爺
  20    15 
2017年08月11日(日帰り)
支笏・洞爺
  27    38 
2017年07月30日(日帰り)
支笏・洞爺
  22    36 
2017年07月29日(日帰り)
ページの先頭へ