また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

雪中行軍遭難記念碑(せっちゅうこうぐんそうなんきねんひ)

最終更新:yoneyama
写真一覧へ 写真一覧へ おまけ2 今回の山行の動機でもある雪中行軍遭難記念碑。
12:40-12:50 八甲田山雪中行軍遭難記念碑。今では考えられない事件だが、山の遭難はいつの時代も同じです。
翌14日戻って参りました 雪中行軍遭難記念像 1902年(明治35年)1月、歩兵第5連隊第2大隊210人が八甲田山で遭難した際、雪の中に仮死状態で立つ兵士の姿(後藤房之助伍長といわれている)現在の馬立場の頂上に「歩兵第5連隊第2大隊遭難記念碑(高さ7m)として建立し、霊を慰めたものです ※ネットより引用
基本情報
場所 北緯40度42分23秒, 東経140度52分22秒
1902年1月23日、陸軍青森第五連隊一行二百人あまりが青森からここを通って田代平を抜け、今の十和田市(当時の三本木)に行く計画だったがこの碑のある南東1キロ一帯で199人が疲労凍死した。1904年の日露戦争目前の耐寒雪中訓練。当時日本ではまだ冬山登山も始まっていない時代。後藤伍長の銅像は戦時にも回収されなかった。
駐車場
トイレ
食事
展望ポイント

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「雪中行軍遭難記念碑」 に関連する記録(最新10件)

十和田湖・八甲田
  47     47  4 
kuma-san, その他14人
2017年03月18日(3日間)
十和田湖・八甲田
  31   
2016年11月23日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  4     8 
hotaka8c2d, その他1人
2016年04月30日(3日間)
十和田湖・八甲田
  27    5 
2014年02月13日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  6   
2013年11月30日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  12     6  2 
1994年07月23日(2日間)
ページの先頭へ