また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

四角岳(しかくだけ)

最終更新:
基本情報
標高 1003m
場所 北緯40度14分50秒, 東経140度57分15秒
山頂
分岐
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

四角岳(しかくだけ)は、青森県、岩手県、秋田県の3県にまたがる、標高1,003mの山である。
四角岳はその名が示すように、北面は青森県田子町の馬淵川水系支流熊原川、東面は同町の同水系支流杉倉川、南面は岩手県八幡平市の米代川上流瀬ノ沢川支流切通川(きりとおしがわ)、西面は、秋田県鹿角市の同瀬ノ沢川本流の、それぞれの源になっている。
このうち、米代川の流路に関しては、瀬ノ沢川本流の流路がより深くより長いので、米代川は鹿角市側の瀬ノ沢川本流にその源があるとされている。
四角岳一帯の山々の地下には良質の銅鉱石があったため、かつては不老倉鉱山・四角岳鉱山・細地鉱山などがあった。
秋田県側から登山するには、国道103号大湯温泉郷から安久谷川(あくやがわ、米代川水系支流大湯川)に沿って林道を進み、
終点に不老倉登山口がある。青森県側からの登山道は1994年に整備された。岩手県側からの登山道もある。岩手県側から登ると、四角岳鉱山の分教場跡の石碑や、四角岳鉱山の鉱石採取跡などを通り過ぎる。
山頂付近には高層湿原がある。5月下旬にはミズバショウ、シャクナゲ、ミツバオウレンが咲く。6月下旬になればニッコウキスゲ、ウラジオヨウラク、キンコウカなどが咲く。
青森県側の登山口から登り、青森県・秋田県・岩手県の県境付近に大きなシナノキがある。2011年11月20日、東北巨木調査研究会の調査で、青森県田子町の四角岳にあるこのシナノキは幹周合計が14・44m推定樹齢400年で、環境省の「巨樹・巨木林データベース」により日本一であることが分かった。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「四角岳」 に関連する記録(最新10件)

十和田湖・八甲田
  30    17 
2016年05月20日(日帰り)
東北
  55     85  12 
2016年05月15日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  24    15 
2015年09月30日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  20    1 
2015年03月28日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  18    2 
2014年10月11日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  40   3 
Ssakanayama_no_kai, その他7人
2014年07月26日(日帰り)
東北
  27    25  2 
2014年06月29日(日帰り)
十和田湖・八甲田
  34    22  2 
2014年05月31日(日帰り)
東北
  22    20 
2013年06月22日(日帰り)
東北
  15    12 
2012年10月27日(日帰り)
ページの先頭へ