ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 太白山

太白山(たいはくさん)

基本情報
標高 320.7m
場所 北緯38度14分05秒, 東経140度48分08秒
山頂

太白山の日の出・日の入り時刻

03/24(金) 03/25(土) 03/26(日) 03/27(月) 03/28(火) 03/29(水) 03/30(木)
日の出 5時32分 5時30分 5時29分 5時27分 5時26分 5時24分 5時23分
日の入り 17時56分 17時57分 17時58分 17時59分 18時0分 18時1分 18時2分

太白山 (標高320.7m)付近の気温

3月の気温(推定値)
最高気温
7.1
平均気温
2.7
最低気温
-2.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

3月の気象
日照時間 5.5 時間/日
降水量 2.3 mm/日
最深積雪 8 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

太白山(たいはくさん)は、宮城県仙台市太白区茂庭にある山。山頂部にある三等三角点「生出森」の標高は320.61m(2014年4月1日)
かつては「独活(うど)ヶ森」「おどが森」「生出森」と呼ばれていた。現在の山名「太白山」は、『「太白星」(金星)が落ちて出来た山』という伝承に由来し、所在する太白区の由来ともなっている。仙台富士または名取富士とも呼ばれる。
仙台平野の広い範囲から眺められるのみならず、太平洋・仙台湾の沖合いからも容易に確認することが可能。その姿は縄文時代から人々の親しみと信仰の対象となってきたと考えられており、平安時代初期の大同2年(807年)には山頂に貴船神社()が祀られ、奥州合戦最中の文治5年(1189年)には源頼朝が鶴岡八幡宮勧請した生出森八幡神社(、)も鎮座する
標高が320.6mと低く、初心者でもハイキング感覚で登れる登山道がある。東側の山麓には仙台市管理の太白山自然観察の森()があり、茂庭台小学校や太白小学校、人来田小学校(登山口に最も近い)の校外学習の場として利用されている。
また、太白山麓(仙台市道茂庭佐保山線)は国道286号線の裏道として地元住民(高校生など)に利用されている。砂利道ではあるものの車一台分の通行スペースはあり、茂庭台と太白団地を結んでいる。ただし、きちんと整備されている道路ではないため冬場は積雪により通行不能となることもしばしばある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「太白山」 に関連する記録(最新10件)

東北
  43    48  2 
2017年03月20日(日帰り)
東北
  12    13 
takaneko22, その他1人
2017年03月19日(日帰り)
東北
  5   9 
2017年03月18日(日帰り)
未入力
  
2017年03月11日(日帰り)
東北
  
2017年03月05日(日帰り)
東北
  28    9 
2017年03月04日(日帰り)
東北
  12    13 
montedio, その他1人
2017年02月25日(日帰り)
蔵王・面白山・船形山
  65     20 
2017年02月25日(日帰り)
蔵王・面白山・船形山
  83    119  2 
2017年02月16日(日帰り)
蔵王・面白山・船形山
  23    81  2 
2017年01月26日(日帰り)
ページの先頭へ