ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 南昌山

南昌山(なんしょうざん)

最終更新者 taku-jiro
基本情報
標高 848m
場所 北緯39度37分21秒, 東経141度03分25秒
山頂
展望ポイント

南昌山の日の出・日の入り時刻

03/25(土) 03/26(日) 03/27(月) 03/28(火) 03/29(水) 03/30(木) 03/31(金)
日の出 5時27分 5時25分 5時24分 5時22分 5時20分 5時19分 5時17分
日の入り 17時58分 17時59分 18時0分 18時1分 18時2分 18時3分 18時4分

南昌山 (標高848m)付近の気温

3月の気温(推定値)
最高気温
1.7
平均気温
-2.1
最低気温
-6.6
Loading...

周辺の平年の気象状況

3月の気象
日照時間 4.7 時間/日
降水量 2.9 mm/日
最深積雪 41 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

南昌山(なんしょうざん)とは、岩手県岩手郡雫石町と紫波郡矢巾町との境にある、標高848.0mの山岳。岩の鐘を伏せたような均整のとれた形をしている山で、坂上田村麻呂の時代から霊山として敬われたほか、宮沢賢治が何度も訪れていたことでも有名である。
南昌山は盛岡市西方に鎮座し、付近の赤林山、箱ヶ森、毒ヶ森などと連山をなしている。また、南昌山と東根山、赤林山などの山域を総称して志波三山とも呼ばれている。
山麓には幣懸の滝(落差7m)、北ノ沢大滝(落差13m)、南昌大滝(落差7m)などの瀑布や、幣懸の滝由来の湯脈を持つ温泉(矢巾温泉)が存在する。岩崎川は南昌山麓に端を発し、紫波町内で北上川に合流する。
 

付近の山

この場所を通る登山ルート

「南昌山」 に関連する記録(最新10件)

東北
  45    14 
2017年03月05日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  13    33 
2016年11月30日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  26    28 
2016年11月23日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  50     26  4 
TAOCCCFC, その他1人
2016年11月19日(日帰り)
東北
  6   8 
2016年11月06日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  100     49  14 
2016年10月30日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  6    20  4 
2016年06月18日(日帰り)
東北
  31    24 
560, その他30人
2016年06月05日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  39     23  4 
2016年05月14日(日帰り)
東北
  49    21  2 
2016年05月14日(日帰り)
ページの先頭へ