ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 佐幌岳

佐幌岳(さほろだけ)

最終更新者 alpsdake
基本情報
標高 1059.5m
場所 北緯43度10分24秒, 東経142度46分51秒
山頂

佐幌岳の日の出・日の入り時刻

02/28(火) 03/01(水) 03/02(木) 03/03(金) 03/04(土) 03/05(日) 03/06(月)
日の出 6時1分 6時0分 5時58分 5時56分 5時55分 5時53分 5時51分
日の入り 17時23分 17時25分 17時26分 17時27分 17時28分 17時30分 17時31分

佐幌岳 (標高1059.5m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
-8.2
平均気温
-11.7
最低気温
-15.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 4.4 時間/日
降水量 2 mm/日
最深積雪 59 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

佐幌岳
佐幌岳
佐幌岳山小屋
お隣の佐幌岳
佐幌岳登山口

山の解説 - [出典:Wikipedia]

佐幌岳(さほろだけ)は、北海道中央部新得町と南富良野町の境界にある山。日高山脈の最北に位置し、日高山脈襟裳国定公園に含まれる。
名はアイヌ語で下方の川の意の「サオロオペツ」に由来する。古くは「サオロ岳」とも呼ばれた。
狩勝峠の北4 kmにあり、山体は花崗岩主体だが、周辺部の大部分は、十勝溶結凝灰岩の台地となっている。頂上には石狩アイヌと十勝アイヌの伝説にまつわるチャランケ(=談判)岩がある。
1954年(昭和29年)に新内側からの、1961年(昭和36年)に狩勝峠側からの登山道が開かれた。
第二次世界大戦前から滑降スキー場として使用され、1961年(昭和36年)には、国有A級スキー場の指定を受けた。1980年(昭和55年)に初めてリフトが置かれ、狩勝高原スキー場(後のサホロリゾートスキー場)として再開発された。
第二次世界大戦中から、1948年(昭和23年)ころまで、頂上に気象観測所が、後には気象庁佐幌岳測候所が置かれ、1974年(昭和49年)11月1日に、新得町側標高900 mに佐幌岳雨量観測所が設置され、2009年(平成21年)まで観測を続けた。頂上の気象観測所跡地には、に避難小屋が建てられた。
山麓のうち48.71 haが、佐幌岳風致探勝林に指定され、488.38 haが佐幌岳野外スポーツ地域に。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「佐幌岳」 に関連する記録(最新10件)

北海道
  10     19 
2017年01月21日(日帰り)
北海道
  40    55  4 
2017年01月18日(日帰り)
北海道
  28   60 
2017年01月14日(日帰り)
日高山脈
  23     39 
2017年01月14日(日帰り)
日高山脈
  19    56  2 
2016年12月03日(日帰り)
日高山脈
  43     45  8 
gaku7naonao1972kyo-yrk, その他3人
2016年11月20日(日帰り)
北海道
  28     59  2 
2016年10月10日(日帰り)
日高山脈
  15   
2016年10月01日(日帰り)
日高山脈
  6    20  4 
2016年09月25日(日帰り)
日高山脈
   4  2 
2016年08月12日(日帰り)
ページの先頭へ