また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ルートWiki

籾糠山:天生峠−天生湿原−カラ谷登山道−山頂−ブナ探勝路−天生湿原−天生峠

※ヘルプ [このページを編集する]
日程 日帰り   3 時間    往復/周回ルート
エリア北陸
ジャンル無雪期ピークハント/縦走
技術レベル 2/5 ※技術レベルの目安
体力レベル 2/5 ※体力レベルの目安
見どころ 眺望あり
距離/時間
[注意]
合計距離: 7.36km
最高点の標高: 1744m
最低点の標高: 1267m
累積標高(上り): 1179m
累積標高(下り): 1195m
アクセス 車・バイク   
国道360号線(越中西街道)を通り、天生峠(白川村と飛騨市の間にある峠)へ。

ルート説明:

天生峠(あもうとうげ)にある駐車場(登山口)から、容易に(30分位で)、「天生湿原」に入れます。「籾糠山」も比較的短時間で登れます(ただし、急登の部分あり)。天生湿原から、3kmほど登ると山頂です。

ルート詳細

1. 天生峠 (1290m) [詳細]
天生峠は入山口になります。駐車場(無料)、公衆トイレがあります。シーズン中は、森林環境推進協力金(一人500円)が必要です。
−−−「湿原探勝路」を進む、入山口(天生峠)から「天生湿原」までは、約1.1km(30分弱)−−−
2. 天生湿原北側分岐
「天生湿原」は、時計回りに周回する決まりになっています。一周が600mほどになります。
−−−「木道東回り」ルート、「籾糠山」に、直進する場合は必然的に、湿原の東側を通行することに−−−
3. 天生湿原 (1400m) [詳細]
4. 天生湿原南側分岐
左手に登山道が分岐しています。ここを道なりに直進すると、湿原を一周してしまいます。
5. カラ谷分岐
ここで、三叉に分岐しています。中央直進が「カラ谷登山道」で、左手に「木平探勝路」、右手に「ブナ探勝路」が分かれています。今回は、直進しまます。この分岐には、携帯トイレ用ブースが設置されています。
−−−「カラ谷登山道」を進む、途中に、有名な『カツラ門』があり、水場もあり、比較的、楽に歩ける部分−−−
6. 木平分岐
左手から「木平探勝路」が合流しています。この分岐では、右手に登ります。この分岐にも、携帯トイレ用ブースが設置されています。
−−−急登を450mほど登りる−−−
7. 籾糠分岐
右手から「ブナ探勝路」が合流しています。ここは、道なりに進みます。この分岐にも、携帯トイレ用ブースが設置されています。
−−−籾糠分岐から山頂まで約700m、ラストの山頂直下150mほどが急登−−−
8. 籾糠山 (1744m) [詳細]
山頂です。
9. 籾糠分岐
−−−左手に分岐している「ブナ探勝路」を下る−−−
10. 水芭蕉群生地
「ブナ探勝路」の途中から、北方向に60mほど横道に入ると、この水芭蕉群生地があります。
−−−「ブナ探勝路」を下ってきて、「カラ谷分岐」の約200m手前で、水芭蕉群生地に通じる横道が分岐−−−
11. カラ谷分岐
−−−「天生湿原」に戻る−−−
12. 天生湿原南側分岐
登山道が「天生湿原の周回道」に合流しています。この天生湿原南側分岐で、左方向に進みます(湿原を時計回りに進む)。
−−−「木道西回り」ルート−−−
13. 天生湿原 (1400m) [詳細]
14. 天生湿原北側分岐
−−−「湿原探勝路」の復路−−−
15. 天生峠 (1290m) [詳細]
出口近くに、携帯トイレの回収ボックス(利用料400円)が設置されています。
ルートをGPX形式でダウンロード
このルート作成・編集の貢献メンバー:

お気に入り登録-

「籾糠山:天生峠−天生湿原−カラ谷登山道−山頂−ブナ探勝路−天生湿原−天生峠」 に関連する記録(最新10件)

もっと見る

北陸
  32    20 
2021年03月06日(日帰り)
東海
  41     23 
2020年10月31日(日帰り)
東海
  32    2 
2020年10月31日(日帰り)
東海
  60     54 
hapirazo-rovilla, その他1人
2020年10月28日(日帰り)
東海
  21   12 
2020年10月27日(日帰り)
東海
  6    6 
kurudon, その他3人
2020年10月25日(日帰り)
東海
  16    10 
Cetus, その他1人
2020年10月25日(日帰り)
東海
  37   11 
2020年10月21日(日帰り)
東海
  24    11 
2020年10月21日(日帰り)
東海
  52    18 
2020年10月21日(日帰り)

もっと見る
ページの先頭へ