ヤマレコ

最終更新者 g-okabe
基本情報
標高 1744.34m
場所 北緯36度14分03秒, 東経136度57分12秒
 飛騨高地にある山で、天生(あもう)県立自然公園に属します。『ぎふ百山』のひとつになっています。国道360号線の「天生峠」から登山道が出ています。原生林と湿原を巡るコースが幾つかに分岐していて、遊歩道的な登山道になっています。山頂部分は、鋭く尖った小さなピークです。南西側のそばに飛騨高地最高峰の「猿ヶ馬場山」があるため「白山連峰」の眺望はありませんが、東側の眺望では、北アルプスから御嶽山まで見渡せます。

___【 登山ルート 】___

 天生峠の駐車場に、登山口(天生湿原の入口)があります。シーズン中は、協力金徴収の受付が設置されます。森林環境推進協力金(一人500円)です。登山道の分岐点の3ヶ所に、テントの携帯トイレ用ブースが設営されています。まず、北側に位置する天生峠から「天生湿原」周回コースに進みます。天生湿原の南側までが、湿原の散策路で、南側の分岐以降の道が籾糠山登山道になります。最短ルートが「カラ谷登山道」です。登山道の初めの部分で、左右に「木平(きだいら)探勝路」と「ブナ探勝路」に分かれています。最短ルートは片道4km・標高差450mのコースです。距離の割には標高差の少ない登山ルートになります。

___【 アクセス 】___

 登山口のある天生峠は、国道360号線(越中西街道)が唯一のアクセスルートになります。冬期間は閉鎖されます。また、災害防御工事のため片側交互通行に制限されている事があります。特に雨量が多いと、通行止めになりますので、注意が必要です。

−−−< 西(白川村方面)からのアクセス >−−−

 東海北陸道/国道156号線から国道360号線(越中西街道)に入る。

・東海北陸道から来た場合:白川郷ICで降り、国道156号線から、白川郷集落の手前で、国道360号線に入ります。カーブの多い坂道を、約30分進む(白川郷から約12km)と天生峠です。

−−−< 東(飛騨市方面)からのアクセス >−−−

 国道41号線(越中東街道)から国道360号線(越中西街道)に入る。

・長野自動車道から来た場合:松本ICで降り、国道158号線を西に進みます。安房峠道路(安房+湯ノ平トンネル)を通過し、平湯経由で国道158号線をさらに西に進みます。高山市の手前の丹生川市町方で県道89号線に入ります。国道471号線−41号線−471線(国道が重複)〜と進み、角川駅を過ぎた所で、国道360号線(越中西街道)に入り、天生峠に向かいます。
山頂 籾糠山
天生峠
分岐 カラ谷分岐、水平分岐、籾糠分岐
登山口 天生峠
駐車場 天生峠の駐車場(無料)
他の宿泊施設 協力金徴収の受付(500円:シーズン中のみ)、「一斗缶」の釣鐘(熊よけのため叩いて音を鳴らす)、仮設トイレのテントブース、携帯トイレ回収箱(利用料400円)
トイレ 天生峠の駐車場の公衆トイレ
水場 カラ谷登山道で「カツラ門」を過ぎて300m
白川村から天生峠に向かって国道360号線を上る途中、「中滝」という滝が、道ばたから見ることが出来ます。この滝は、木滝谷にある3つの滝(高滝・中滝・木滝)の内の1つです。
展望ポイント 山頂以外にも、国道360号線上で、天生峠の3kmほど白川村側に「白山の眺望ポイント」あります。

籾糠山の日の出・日の入り時刻

10/23(月) 10/24(火) 10/25(水) 10/26(木) 10/27(金) 10/28(土) 10/29(日)
日の出 5時59分 6時0分 6時1分 6時2分 6時3分 6時4分 6時5分
日の入り 17時15分 17時13分 17時12分 17時11分 17時10分 17時9分 17時8分

籾糠山 (標高1744.34m)付近の気温

10月の気温(推定値)
最高気温
11.3
平均気温
5.5
最低気温
0.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

10月の気象
日照時間 4 時間/日
降水量 5.1 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

籾糠山(もみぬかやま)は、岐阜県飛騨市と大野郡白川村にまたがる飛騨高地の標高1,744 mの山。
1998年(平成10年)4月1日に、周辺の山域は岐阜県により天生県立自然公園に指定された。ぎふ百山のひとつである 。国道360号の天生峠から、山頂へは中部北陸自然歩道の登山道(遊歩道)が整備されている。ブナやオオシラビソなどの原生林や高層湿原(天生湿原、木平湿原、ミズバショウの群生地)を通るコースがある。ブナ、カツラ、サワグルミなどの原生林にはツキノワグマなどが生息する。山頂は鋭く尖った円錐形の小ピークで。。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「籾糠山」 に関連する記録(最新10件)

東海
  54     22 
okia0893, その他1人
2017年10月21日(日帰り)
東海
  25    35 
sumi8848, その他1人
2017年10月20日(日帰り)
東海
  83    34 
yamazaru500, その他1人
2017年10月17日(日帰り)
東海
  53    32  4 
raspberry, その他1人
2017年10月15日(日帰り)
白山
  68     58  2 
o-chiku, その他3人
2017年10月14日(日帰り)
東海
  53    28  10 
masanari, その他1人
2017年10月14日(日帰り)
東海
  79    37  2 
yamachan41yu-mama, その他2人
2017年10月09日(日帰り)
東海
  59     37  14 
kazu97akikoandku, その他1人
2017年08月13日(日帰り)
東海
  26    23  8 
dedeppo5, その他1人
2017年08月13日(日帰り)
白山
  68     28 
2017年07月22日(日帰り)
ページの先頭へ