ヤマレコ

HOME > ヤマノート > お蔵入りのiPhone5をGPS端末に やまやまGPS編
更新日:2017年10月09日 訪問者数:506
ジャンル共通 IT
お蔵入りのiPhone5をGPS端末に やまやまGPS編
TrailJoy
家には子供が新しいiPhoneに買い換えたので使われなくなったiPhone5がある。山行にはiPhone5の小ささは魅力的である。この前OruxMapsのテストをして以来、GPS使用時のスマホの電力消費が極端に短くなってしまった。電池の劣化なのか、GPSチップの故障なのか?この危機を回避するためにもリサイクルショップに持ち込んでも千円にもならないiPhone5をこの際、再生してGPS専用端末にしてやろうと思いたった顛末をここではノートに記しておく。
1. iPhoneのバッテリー換装
使わなくなったと言ってもどこか故障したわけではなく、電池が使い物にならなくなっただけのiPhone5、まずはバッテリーを新しいものに換えてやる必要がある。eBayやAmazonを見るとiPhoneの互換バッテリーと交換のための工具が安く売られている。写真は楽天で1,650円で購入した[Big Heart]というショップブランドのものである。交換方法を書いた写真入り説明書も付いてくるし、Youtubeには交換作業を記録した動画も多数挙がっている。約30分ほどで無事、バッテリー換装が終了、スクリーン保護用のガラスフィルムも付いて来たので貼り直してiPhone5は再生できた。
2.GPSロガーはアンドロイド向け
次に必要なのはGPSロガーや地図アプリである。ところがAppleストアを見てみてもGoogle Playでは定番のGPS関連の定番アプリのiPhone用というのはほとんど見当たらない。色々検索してみた結果、iPhone用のGPSトラッキング定番アプリは[やまやまGPS](無料)がほぼ一択であることが分かった。
やまやまGPSは日本語のアプリなのでインストール、初期起動には困難がない。予めいくつかのオンラインマップが使えるように設定されている。この写真はYahooマップである。
地図下部に見えるフロッピーのアイコンをタップすると自分で書いたり、ヤマレコからダウンロードしたGPXデータを地図上にロードすることができるし、最下段左から2つ目の[GPSデータ]と書かれたボタンをタップすると現在値のGPSトラッキングデータの画面になり、そこでGPSログを記録し、終了後にトラッキングデータとして出力することができる。トラッキングの軌跡は地図上にも表示される。
[+]のアイコンをタップしてGPSトラッキング中に任意の場所でメモや写真を記録することも可能だ。
3. オフラインで使う
今回は使われなくなったiPhone5を再生してGPS端末にすることが目的である。だからSIMカードは入れない、つまり通信環境なしでGPSロガーとして使えるかの実験である。アプリ[やまやまGPS]の最大の特徴はオフラインマップを利用できるということ。いくつかのオンラインマップは(リンクが)実装されているが、国土地理院の地図は有料利用になっている。無料の電子国土にはつながらない。この点、Andoroidなら設定ファイルを書き換えて使えるようにするという裏ワザが使えるのだが、そういう操作ができないのがiPhone。自分で作った地図データをオフラインで使えるというのは非常に有効だ。
自分で作るといってもカシミールの地図の切り取り機能を使うだけ。
カシミールの[編集]のメニューに[選択範囲を決める]というコマンドがあるのでこれを選んで地図上で切り取りたい地図の範囲を矩形で指定する。そして[ツール]−[マップカッター]ー[切り出し]と選ぶと保存設定画面になるので適当に名前をつけて[KMZ]形式を選んで保存する。なお保存される地図データーは画像として保存されているので選択範囲を決める際に表示している地図の縮尺でのみ保存される。
こうして生成された地図データをiPhoneに送ってやるのだが、これが一苦労。[やまやまGPS]には最初からDropboxとリンクが設定されているのだが、どうやってもiPhone5側でエラーが起こる。iCloudでやってもダメ。唯一できたのが、パソコンにiTunesをインストールしてUSBケーブルで接続し、ファイル共有をコントロールする方法。
こうしてカシミールから切り取った地図をiPhone5に送り、[やまやまGPS]のマップ選択から[DIY Map]を選択して受信した地図を表示すると自分で作った範囲の地図のみ赤い点線で囲まれた所に表示され、その周囲にはデフォルトのオンラインマップが表示されている。
一番縮尺の小さい地図で切り取っておけばiPhoneの中で最大限に拡大しても等高線も道もはっきりと見ることができる。事前に準備したGPXデータや記録されたGPSトラッキングデータがはっきりと表示される。
GPSトラッキングの測位、ジオイド補正した標高の値も極めて正確だと思われる。今回この設定で記録したGPSログは山行記録のほうにアップしてある。
4. いくつかの問題点
一番の問題は電力消費。今回約6時間20分の山行でバッテリーの残量は100%→20%と約80%の電力消費量だった。機内モードでWifiも切り、他のアプリを一切使わない設定でこれである。ただネットで見た他の方の実験では5時間で40%余の使用量だったというから、個体差なのか互換バッテリーの質に起因するのか、まだ追及の余地がある。
第2に現在地の表示方法が丸い点であること。地図ロイドだったら三角であり、立ち止まっている時でも電話を向けている方角を指してくれるので道迷いで地図を見た時に判断材料になる。丸い点では役にたたないのである。しかもオフラインで使おうと言う場合、Wifi環境を離れて一定時間後、スリープ状態から回復する際にアプリが初期化されて立ち上がると現在値を表示する点が表示されなくなる。
第3に事前にヤマレコからダウンロードしたりして用意したGPXデータを読み込ませ、地図上に表示することでコースアウトの警告やペースを管理することができるのだが、そのルートの線とトラッキングされた軌跡の線が同じ色で表示されるということ。線の色や太さをユーザが設定することはできない。これは欠陥的な設定であると言わざるを得ない。
iPhone5の小ささは魅力的だし、OruxMapsに次ぐ完成度の高いアプリなのでいくつかの致命的な問題点が解決できないか、もう少し研究したいし、このノートを見てご存じの情報をお寄せいただきたく、このノートを公開するものです。
訪問者数:506人
-
拍手

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2008/6/10
投稿数: 202
2017/10/10 7:13
 iPhone用アプリ
Trailjoyさん初めまして、nardisと申します。
iPhone用の登山用GPSアプリですが、いくつかありますよ。
ヤマレコが提供している 屮筌泪譽MAP」、昭文社の◆峪海塙盡驚録沺廖以前からある「Field Access」、後発のぁ屮献グラフィカ」とYAMAP。
私は2011年にを使い始め、その後他のも試してみましたが、現在はまたに戻りました。,話録泙離瀬Ε鵐蹇璽匹面倒、△話録泙涼傭覆高い、い鉢イ魯罅璽供璽ぅ鵐拭璽侫Дぅ垢どうも苦手でした。
参考になれば幸いです。
ページの先頭へ