また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > こんなパックライスを待っていました
更新日:2018年10月06日 訪問者数:1293
登山・ハイキング 山ごはんレシピ
こんなパックライスを待っていました
junbader
みなさんはテント泊の時ごはんは何を食べますか?
アルファ米?、コメを炊飯?
一番多いのはパックライスではないでしょうか?
パックライスの長所と短所を挙げてみました

長所
1.安い
2.手に入りやすい
3.ふつうに美味しい
4.簡単
 
こんなとこかな?では短所を
短所
1.重い
2.かさばる(トレイがデカくてクッカーに入らない)
3.湯煎に時間がかかる(ガス代もかかる)
4.たくさんのゴミが出る

なんだか、短所ばかりが目立ちますね。特に2.3.4.ってとこでしょうか?
しかし!先日近所のクスリのアオキにてこれらの欠点を克服する最強?とも思えるパックライスを見つけてしまいました。
商品名「日本のごはん」(新潟県産コシヒカリ)120g×4個入り 298円也

一個あたり120gで容器はやわらかく、直径は10cmほど。私の場合、夕食にレトルトのどんぶりかカレーを食べることが多く、今までのパックライスではあのカッチカチのトレイを「くの字」に曲げてクッカーの中に押し込んでいました。しかも一個あたり150g〜180gのものが多く、正直、少ないんですね。ところがこのパックライスだと120gのがそのまま2個クッカーに入るので一回あたりの食事で240gのどんぶりかカレーが食べられるってわけです。しかも湯煎時間が10分なんで今までのより短い。
またテント泊の終りころには今までのパックライスだとトレイがかさばってザックの中で結構大きな顔をしていましたが、このパックライスの容器はぺちゃんこになるのでとてもおしとやかなゴミになってくれてます。
値段は298円で少々高いですがその対価を払うだけの商品じゃないかと思っています

もし、見つけたら一度試してみて下さい
なんとな〜く今までのストレスが無くなってスッキリすると思いますよ
すみません横になってしまいました
量は120g
4個入ってます
容器もやわらかくテント泊終わりころのゴミ袋の中でも存在感を主張しません
日本のごはん 新潟県産コシヒカリ
120g×4食入り
298円
湯煎時間10分!
普通のって20分ほどかかりません?
越後製菓株式会社さんの商品
ちなみに私は越後製菓さんとはなんの関係もありません
直径10cmほど
無理すれば大きいほう(外側)のクッカーで3個は入るかも
今までのあのカッチカチのトレーを曲げなくてもいいと思うと泣けてきます(涙)
訪問者数:1293人
-
拍手

junbaderさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ