また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > ハイドレーションのホース乾燥
更新日:2019年08月22日 訪問者数:585
ジャンル共通 技術・知識
ハイドレーションのホース乾燥
land-raider
皆困ってるよね、ハイドレーションのホース乾燥
知ってる人は知ってるし、今更感のあるTIPSだけど。
知らない人もいるかも?ということで備忘録的に。
百均に売ってるコーティングワイヤーと熱収縮チューブ。
ワイヤーの太さは忘れたけど、0.8mmかな?
使いやすそうな太さをお好みで。
先を輪にしてネジって、ネジり部分を熱収縮チューブでカバー。
写真ではホース乾いてるけど、洗った後の濡れてるホースに通していく。
ワイヤーの曲がり癖とホースの曲がり癖が一致するように上手にクイクイっとね。
2cm幅くらいに裂いたキッチンペーパーをワイヤーの輪に通して引き抜く。
押しても入っていかんよ。
必要があればキッチンペーパーを交換して二度三度。
私はスポーツドリンク入れてますが、これで過去3年間ほど使用したホースにカビ、汚れ、臭いは一切無し。
先日外側が経年劣化でベトつき始めたので交換しました。
製品寿命はまっとう出来たと思います。
おまけネタ (ハイドレーションと関係ないよ) キジ袋はこれでイイんじゃね?
飲食ネタに併記はどうかとも思ったが…。
先日、キジ撃ちネタ書いてた時にガベッジバッグを云々と書いたけど、自分の用意している袋はコレ。
15枚入りで300円しないかな?
素材は医療用(ストーマとか?)の物らしく、臭いを止めれるらしい。
実用はまだ試していないけど、自宅で試す勇気は無いなぁ…。
耐久性は期待出来ないので、イザという時は丈夫な外袋に入れなきゃヤベエでしょうね。
訪問者数:585人
-
拍手

land-raiderさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ