また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマノート > エバニューハイドレーション改良
更新日:2020年05月09日 訪問者数:418
ジャンル共通 山道具・装備
エバニューハイドレーション改良
kimu6
エバニューのハイドレーションシステムは2リットルでも比較的平らで、しかも飲料を入れやすいし洗浄もしやすいので重宝している。しかしボトルをザックに入れてチューブを上方に引っ張った際に蓋の近くでチューブが鋭角に曲がったところで飲料が流れにくくなることが時々あって困っていた。そのうちメーカから改良品が出ると思っていたが未だに出ない。そこでステンレスの針金で自作してみた。

材料 直径1.25mmのステンレス針金 長さ約80cm
工具 (ラジオ)ペンチ又はニッパ、直径10〜11mmのサインペン等

作業内容
・サインペン等に針金を約20回巻きき付ける。巻き始めは3〜5cm直線部を設け、ここを押さえながら巻き付ける。
・最初の約2巻きのところを30〜45度程度折り曲げる(写真参照)
・ボトルの蓋にチューブを取り付け(吸い口は取り付けない)、そのチューブの吸い口側から、巻いた針金を30〜45度折り曲げた側を先頭に通していく。
、針金の先頭の約2巻曲がった部分を、蓋のパイプが90度に曲がった部分に通す。(写真参照)
・乗り越えた針金が概ね直角になるよう、ペンチの先等で押し曲げる。
・巻き始めと巻き終わりの直線部分をペンチ等で切断する。巻き終わり側は切断部がチューブを傷つけないようミニヤスリで角を丸めるとよい。
・巻いた針金の残りの部分を適当な間隔に押し広げる。さらに吸い口を上方に引っ張った際写真のように曲がるように約90度に曲げる。
(完成)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:418人

kimu6さんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ