また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマノート > 固形燃料で炊飯
更新日:2020年05月10日 訪問者数:708
登山・ハイキング 山道具・装備
固形燃料で炊飯
inakun
固形燃料用ストーブ(五徳)
固形燃料用ストーブ(五徳)1
空缶や100均等を利用してNo1とNo2を工作。
炊飯できるにはできるが時間が掛かったり、収納に難ありでボツ。
市販品を利用するも熱効率が良くないような感じだ。
そこでアルミ板を工作して防風シールド(熱を逃さないよう)を結構時間を掛け工作するも今一。
これらは皆軽量、コンパクトでなかった。
固形燃料用ストーブ(五徳)2
要するに炊飯容器をある高さで保持できれば良いわけで。
ステンレスの針金で色々検討。
結局すごくシンプルな五徳が出来た。
炊飯コッフェル(鍋)
アルミコッヘル

メスチン

チタンシェラカップ
ときたが、吹きこぼれが多くフライパンに落ち着く。
固形燃料でフライパン炊飯
アルファ米は好きでないしお湯を沸かしてからでも20分はまたなければならない。
ガスとコッヘルでおかずを作るので、米は固形燃料で炊飯できれば平行作業で行ける。
その他をセットした炊飯セット
・ステンの五徳
・底の断熱は牛乳パックで加工
・防風シールド(断熱)はバーベQ用アルミ箔で。
・蓋もバーベQ用アルミ箔で

それを全て折りたたみフライパンの内側へセット
自粛で暇を持て余しているので色々まとめてみたり、リニューアルしてみた。
固形燃料での炊飯は楽ですね。

私の場合は調理は換気に気をつけてテント内で行っています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:708人

inakunさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ