また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマノート > SPORTIVA スポルティバの靴のレビュー(100%主観)
更新日:2020年05月17日 訪問者数:614
ジャンル共通 山道具・装備
SPORTIVA スポルティバの靴のレビュー(100%主観)
holmes4869
スポルティバのブーツ・シューズ
登山を始めて5年ほど
今年度は登山に行けないので道具の整理をしたところ、登山靴の数がすごいこと自分でも驚いたw
折角なのでそれぞれについて簡単に使用した感想を書いて検討している方の参考になればと思います。
なお、私はかなりの寒がりです。冬季のダウン量は仲間のものより多くなっております。ですので冬靴も耐寒性をかなり重視しています。
普段の靴(ビジネスシューズ、ランニングシューズ)は25.5?を使用しています
スポルティバの靴はすべて42(約26.7?)を使用しています。
最初は冬靴
・スパンティーク(写真左)【1280g】
 非常に重いダブルブーツ
 サイズ的には普通のスポルティバのサイズ
 剛性・保温性はほかのブーツを圧倒しています。
 厳冬の八ヶ岳でも全く寒いと感じることはありませんでした。アイゼンをつけての蹴り込みも非常に力ずよくできます。
 またインナーブーツはマジックテープ、アウターブーツもひもをひっかけるタイプなので、結ぶ手間はなく寒い環境下で履きやすい。
 この靴でいえることは、重さに耐えられれば非常に安心感のある靴です。寒さに弱く靴が重くても大丈夫という方向けです。

・G2 SM ガッシャブルム2(写真中央)【997g】
 一番使用している冬靴
 サイズ的には普通のスポルティバのサイズ
 剛性・保温性はスパンティークに1歩及ばないものの、重さは約300g近く軽い、軽さは正義ですね
 アルプスの日帰りからテント泊まで寒さ・不安を感じることはありません。
 インナーブーツはBOAシステム、アウターはチャックを閉めるだけですので、冬季テント泊の早朝行動などは非常に重宝します。
 最もバランスがいい冬靴だと思っております。問題なく人にオススメできます。
 なお現在は所有しておりませんが、以前G5を使用した感じですとG2より保温性が落ち、軽量になっているイメージ、寒さに強い方はG5をお勧めします。

・トランゴ アイスキューブ(写真右)【730g】
 主に日帰りで使用
 サイズ的には普通のスポルティバより細身
 行動しているときには寒さを感じることは無いが、風の強い頂上などでとどまっていると寒さを感じる場合がある。蹴りこみは安定して行える。
 ひもで結びジッパーで閉めるため、G2・5よりは手間である。
 こちらも、サイズが問題なければお勧めできます。
なおトランゴタワーエクストリームと比較すると、トランゴタワーエクストリームはサイズが普通のスポルティバとなります。
保温性
G5≧アイス>トランゴタワーエクストリーム
重さ
アイス≦トランゴタワーエクストリーム<G5

以上冬靴となります。使用期間は主に12月からGWまでです。
次は夏靴
・トランゴ アルプ エボ(写真右)【756g】
 主にアルプスのテント泊縦走の際に使用
 サイズ的には普通のスポルティバのサイズ
 装備13kg以上の際は基本的にこの靴を使用します。
 安定感・グリップ力ともに十分です。
  1点だけ気になるのは、ソールの減りが少し早いような気がします。その分グリップ力はいいです。安心感があります。
 使い分けをしない、最初の一足ならこれを買っておけば間違いないと思います。

・トランゴ S (写真中央)【703g】
 以前アルプスのテント泊縦走の際に使用していた靴。
 現在は里山や歩荷訓練のときに使用
 サイズ的には普通のスポルティバより細身。アイスキューブと同程度。
 少し古いということもあるかもしれませんが、ソールのグリップ力が少しアルプに劣る気がします。

・トランゴ TRK GTX(写真左)【560g】
 主にUL系テント泊、日帰りで使用
 サイズ的には普通のスポルティバのサイズ
 剛性はアルプに比較し柔らかいですが、200g軽いのは素晴らしい、12kg以下のテント泊では断然こちらのほうが歩きやすいです。
 ある程度歩いている人でしたら、この靴でも十分な場合が多いでしょう。
 こちらもソールの減りが少し早いような気がします。
最後はトレランシューズ
トレランじたいあまりすることがないので使用頻度が低いので簡単に書きます。

・アカシャ(写真右)【373g】
サイズ的には普通のスポルティバのサイズ
クッション性も十分で、長時間履いていても疲れません。
ランニングから登山道でのランまで幅広く使用できるでしょう。

・ユニカ(写真左)【350g】
 サイズ的には普通のスポルティバのサイズですが、よりホールドされます。小さいわけではなく包み込まれる感じです。
 ロードをランするのには向いておりません。登山道、特に岩場を越えるえる必要が出る場合などはこちらのほうが安心感があります。
以上、拙い文で備忘録もかねて記載しました。
ほかのメーカー(アークテリクス・マムート等)も気になるときはありますが、スポルティバのラインナップで足りないことがないので、なかなか履くことができません。
もし少しでも、検討している方の参考になれば幸いです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:614人

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ