また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマノート > GPS(SF-310G)用充電ケーブル
更新日:2014年10月19日 訪問者数:1921
ジャンル共通 IT
GPS(SF-310G)用充電ケーブル
11044
山用の小型充電ケーブルを自作してみた
今年から使い始めた腕時計型のGPS SF-310G、小さいのに稼働時間が30時間と長く使い勝手が良いので、ヤマレコに記録するために常備するようになりました。
このGPS、本体は小さくて良いのですが、標準クレードルが若干大きめなのです。
このため、30時間以上歩く山行時には携帯するクレードルが少し邪魔になります。
ということで、充電専用の小型ケーブルを自作してみました。

※もちろんメーカ保障外です。
※お約束ですが、万が一参考にされる方は自己責任となります。
■材料
 ・100円ショップの充電用USBケーブル
 ・ユニバーサル基板一切れ
 ・ハンダ

まずは、USBケーブルを切断し、VBUS・GND線を取り出します。
そしてユニバーサル基板をSF-310Gの端子に合うように切り出します。
USBケーブルのVBUSとGNDを基板にハンダ付けします。
ハンダがそのまま接触端子になりますので、できるだけハンダ面が平らになるようにすると良いと思います。

なお、SF-310Gの端子は、上部(EPSONロゴ側)から以下の配置になっています。
 1. VBUS
 2. D-
 3. D+
 4. GND
ホットボンドでケーブル側を固定します。
また、充電時にケーブルを時計に固定するために、ゴム紐の輪っかを用意しておくと便利です。

これで完成。
時計の表示が分かりやすいように輪ゴムで固定してみましたが、問題なくモバイルバッテリから充電できました。

原価は\200以下。重量は標準クレードルの1/4。
もし壊れても簡単に作り直せます。
山用に良いかな?
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1921人

11044さんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ