ヤマレコ

記録ID: 1049528 全員に公開 山滑走道北・利尻

小平蘂岳

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道275号線の十線川近くの大きく除雪されたスペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間53分
休憩
15分
合計
5時間8分
Sスタート地点07:4510:50小平蘂岳11:0512:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

駐車スペース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペース
1
ラッセルは浅め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラッセルは浅め
2
稜線がくっきり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線がくっきり
シカのトレースがたくさんあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シカのトレースがたくさんあった
疎林の尾根
ブッシュも完全に埋まっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疎林の尾根
ブッシュも完全に埋まっている
2
少し登った
いい景色!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登った
いい景色!
3
ウサギのトレースもたくさんあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウサギのトレースもたくさんあった
6
上の方は樹氷が綺麗だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方は樹氷が綺麗だった
14
もうすぐ山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂
7
山頂で記念撮影!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で記念撮影!
17
ガスが掛かって山頂からは何も見えなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが掛かって山頂からは何も見えなかった
微妙に見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微妙に見えない
山頂直下の滑る斜面を上から眺める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の滑る斜面を上から眺める
7
あの尾根までトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの尾根までトラバース
1
気持ちがいい斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちがいい斜面
4
滑ってきた斜面を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑ってきた斜面を振り返る
6
快適な滑りだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な滑りだった
5
国道から稜線全体がくっきり見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道から稜線全体がくっきり見えた
5
最後は国道に積み上げられた雪山の上を戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は国道に積み上げられた雪山の上を戻る
1

感想/記録

幌加内の小平蘂(おびらしべ)岳を登って滑ってみた。

朝の気温は幌加内の街に設置された温度計にマイナス25.6℃と表示されていた。あまりの寒さに車の外に出たくない気分だったのでスタート地点に着いても車の中でしばらく待機していた。太陽エネルギーを利用?するために、とりあえず夜明けを待つことにした。
少し明るくなってきた頃に準備開始。三層の手袋をしていたのに準備中でも既に指先がジンジンして痛くなってしまった。

スタート地点から林道をしばらく進んで十三線川を渡ったところから尾根に取り付く。登り始めのところは木の密度が高め。少し登ると疎林の森となる。ヤブやブッシュも完全に埋まっており、もうどこでも歩けるような感じだった。
太陽が昇ってくるとどんどん暖かくなってきて途中からは暑いぐらいになる。無風快晴の空で超快適な登りだった。

山頂まではすんなりと到着。ただこの日はやたら眠くて半分寝ながら登っていたような気がする。山頂稜線周辺だけ雲がかかっていて残念ながら山頂からは何も景色が見えなかった。なので記念撮影だけしてさっさと滑る準備をした。

山頂稜線東側の斜面を滑る。底付きする浅めのパウダーだけど良く滑る雪で超楽しい滑りだった。途中から左側に向かってトラバース気味に滑る。緩斜面になると微妙な登り返しがいくつかあるが林道まで快適な滑りを楽しめた。

林道はほぼフラットな上に微妙な登り返しも多く自動運転にはならなかった。それでもシールを付けずにスタート地点まで戻ることが出来た。

尾根や沢等いろいろなルートから登れそうに見えたので、この山域を今後も継続して登っていこうと思った。ほぼ人と会うことがないのも良い。札幌から遠いのが難点かな…。
訪問者数:396人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 林道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ