また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1050478 全員に公開 ハイキング中国

黒滝山

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
バス
往復路:後飯谷バス停(大竹坂上線)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
39分
合計
4時間9分
Sスタート地点10:4710:57登山口(弥栄1号トンネル側)10:5912:06黒滝山12:0712:12黒滝山展望岩12:4814:33登山口(高鉢山)14:52登山口(弥栄1号トンネル側)14:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
10:57 登山口(弥栄1号トンネル側)
12:06 黒滝山
12:14 黒滝山展望岩
14:32 登山口(高鉢山)
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

大竹駅発の坂上線に乗車し後飯谷バス停で下車
2017年01月22日 10:47撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大竹駅発の坂上線に乗車し後飯谷バス停で下車
北方面に5分程歩くと1号トンネル左手前に登山道があります。トンネルの上を横切ります。
2017年01月22日 10:59撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面に5分程歩くと1号トンネル左手前に登山道があります。トンネルの上を横切ります。
黒く大きな岩が剥き出しており、荒々しさを感じます。
2017年01月22日 11:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒く大きな岩が剥き出しており、荒々しさを感じます。
大岩の横をロープを使いくぐり抜けます。
2017年01月22日 11:30撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の横をロープを使いくぐり抜けます。
更に岩山が赤黒くなり迎えてくれました。
2017年01月22日 11:38撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に岩山が赤黒くなり迎えてくれました。
まだ所々で昨日降った雪が残っています。
2017年01月22日 11:50撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ所々で昨日降った雪が残っています。
画面で分かりにくいですが、少し吹雪いてきました。
今日は曇り時々雨のはずだが…
2017年01月22日 11:59撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
画面で分かりにくいですが、少し吹雪いてきました。
今日は曇り時々雨のはずだが…
山頂へ進みます。
2017年01月22日 12:06撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ進みます。
1
雪で靴が濡れてきて段々足が冷たくなってきました。
先を急ごう。
2017年01月22日 12:08撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪で靴が濡れてきて段々足が冷たくなってきました。
先を急ごう。
木の枝から、可愛い『つらら』♪
2017年01月22日 12:10撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の枝から、可愛い『つらら』♪
一瞬だけ雪の量が緩くなり、対岸の白滝山が顔を出してくれました。
2017年01月22日 12:14撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬だけ雪の量が緩くなり、対岸の白滝山が顔を出してくれました。
展望岩の上は雪に包まれていました。
2017年01月22日 12:15撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望岩の上は雪に包まれていました。
雪道で人の足跡をたどって行きましたが、途中で不明となり元に戻って、足跡のない道を進みました。
2017年01月22日 13:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道で人の足跡をたどって行きましたが、途中で不明となり元に戻って、足跡のない道を進みました。
猿の腰かけ。
2017年01月22日 14:05撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿の腰かけ。
幾度となく沢の辺りを歩きます。
2017年01月22日 14:13撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幾度となく沢の辺りを歩きます。
ここから道幅が狭くなり右側の斜面も急なので、気を付けて歩きます。まだ雪が残っていたので慎重に進みます。
2017年01月22日 14:18撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから道幅が狭くなり右側の斜面も急なので、気を付けて歩きます。まだ雪が残っていたので慎重に進みます。
反対側の登山口へ。
ちょっと分かりにくいかな。
2017年01月22日 14:34撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側の登山口へ。
ちょっと分かりにくいかな。
直ぐに5号トンネルが現れます。
2017年01月22日 14:35撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに5号トンネルが現れます。
トンネルの切れ間から見える弥栄湖。
2017年01月22日 14:42撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルの切れ間から見える弥栄湖。

感想/記録
by m-sibu

2週間前に登った白滝山の対岸にある黒滝山を目指しました。
頂上までの道は強い傾斜が続きますが、左側に白滝山を眺めながら、登れるので景色は良かったです。
しかし天候は曇り時々雨のはずだが、途中で吹雪いて一休憩することも数回。
頂上に近づくにつれて昨日の雪で足元を覆うようになりました。
生憎展望岩の景色は絶景とはなりませんでしたが、なんとか白滝山と弥栄湖を見ることができ満足です。
雪が積もっていた事もあり、道が分からず幾度とさまよいました。
天気を甘くみてはいけませんね。
訪問者数:124人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

吹雪 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ