また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1051591 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

城山→葛城山→発端丈山

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー5人
天候晴れ 強風
アクセス
利用交通機関
電車バス
伊豆箱根鉄道 大仁駅から
帰りは三津から沼津駅までバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
36分
合計
4時間46分
S城山10:4412:04葛城山12:3914:13発端丈山14:1415:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
08:51 移動の開始
09:05 ローソン
09:30 城山ハイキングコース入口
10:21 城山峠
10:39 城山
10:59 城山峠
11:12 林道峠広場
11:30 背面登山口
12:06 食事(〜12:36)
12:39 葛城山
13:36 益山寺分岐
13:44 益山寺
13:58 益山寺分岐
14:14 発端丈山
14:54 長浜/三津分岐
15:05 発端丈山ハイキングコース入口
15:10 移動の終了
コース状況/
危険箇所等
ドライ/葛城山への背面登山口からの登りは方解した石が多く、難儀する。下りは避けたい。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 防寒アウター 長袖シャツ ズボン CW-X冬物 靴下 グローブ 帽子 ザック スマホ ポール 昼ご飯 行動食 スポーツドリンク コンロ バーナー クッション (ネックウォーマー) (雨具) (カイロ) (タオル) 軽アイゼン) (ショートスパッツ) (ヘッドランプ) (ファーストエイドキット) (目薬) (リップクリーム) (保険証) カメラ
備考 大仁駅から城山の途中までログなし。

写真

狩野川を渡り、少し行き過ぎてローソンに寄ってから城山に向けて歩き出す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狩野川を渡り、少し行き過ぎてローソンに寄ってから城山に向けて歩き出す
1
城山のハイキングコース入口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山のハイキングコース入口。
ロッククライミングは右手。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッククライミングは右手。
見ている側は強風で飛ばされないのか心配になるが、実際にクライミングしている人達は指がかじかむとしきりにぼやいていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見ている側は強風で飛ばされないのか心配になるが、実際にクライミングしている人達は指がかじかむとしきりにぼやいていた。
3
少し離れたところから。朱色のウェアを着た人が2人。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し離れたところから。朱色のウェアを着た人が2人。
まさにハイキングコース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさにハイキングコース。
山頂からの富士山は雲の笠をかぶっているが、風が強いので進むに連れて全容を現すことを期待。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの富士山は雲の笠をかぶっているが、風が強いので進むに連れて全容を現すことを期待。
1
城山を降りて葛城山へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山を降りて葛城山へ。
背面登山口を選ぶ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背面登山口を選ぶ。
この写真の場所は少ないが、方解石が細かく砕けて斜面を覆い、非常に歩きづらい。下りは通りたくない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真の場所は少ないが、方解石が細かく砕けて斜面を覆い、非常に歩きづらい。下りは通りたくない。
1
方解石。鉄平石とは違う?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方解石。鉄平石とは違う?
登りきって幸せの鐘付近からの眺望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきって幸せの鐘付近からの眺望。
1
葛城山頂につく頃に少し雲が晴れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城山頂につく頃に少し雲が晴れた。
4
足湯から眺める富士山。強風でケーブルカーが止まっているらしく、一般の観光客は皆無。風よけに良い場所だったので、ここで銘々コンロを用意するなどして昼食。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足湯から眺める富士山。強風でケーブルカーが止まっているらしく、一般の観光客は皆無。風よけに良い場所だったので、ここで銘々コンロを用意するなどして昼食。
3
雲がどいて,これが代表写真としてふさわしいかな。手前は沼津アルプスの鷲頭山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がどいて,これが代表写真としてふさわしいかな。手前は沼津アルプスの鷲頭山。
4
葛城山を正規ルートで降りて螢谷を過ぎ、益山寺へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城山を正規ルートで降りて螢谷を過ぎ、益山寺へ向かう。
益山寺にはイチョウの巨木があるが写真を撮らなかったので、せめて分岐の写真を。これは発端丈山側から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
益山寺にはイチョウの巨木があるが写真を撮らなかったので、せめて分岐の写真を。これは発端丈山側から。
短いが結構な急坂をこなして発端丈山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短いが結構な急坂をこなして発端丈山。
3
葛城山の施設が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城山の施設が見える。
三津のBSに向けての分岐点を左に折れた先のビューポイント。もう少し下に東屋もあるが、こちらの方が良いか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三津のBSに向けての分岐点を左に折れた先のビューポイント。もう少し下に東屋もあるが、こちらの方が良いか。
3
高度が下がると平和な道だが、一部区間は落ち葉が深くて滑る。うっかり滑って転ぶと,運が悪ければ落ち葉の下に石や木の根があるか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が下がると平和な道だが、一部区間は落ち葉が深くて滑る。うっかり滑って転ぶと,運が悪ければ落ち葉の下に石や木の根があるか。
発端丈山ハイキングコース入口に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発端丈山ハイキングコース入口に到着。

感想/記録
by Largo

自転車仲間との恒例:新春山登りは昨年に続いて城山から発端丈山。NHKで紹介され、「ハイキングコース」となっているが、コースを選べばなかなか登り応えがあって、海と淡島と富士山という景観を楽しめた。
訪問者数:394人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 東屋 ケーブルカー
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ