ヤマレコ

記録ID: 1051658 全員に公開 山滑走近畿

峰山高原から暁晴山(ぎょうせいざん)でテレマークスキー

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
兵庫県神崎郡神河町の「峰山高原ホテルリラクシア」を目指す。
http://www.hotel-relaxia.com/access/index.html
標高920mに位置するので冬は雪道ドライブになり、4WD 冬タイヤ必須。
(ホテルを利用すれば送迎もあるようだ)
今回も凍結・圧雪路でスタックした車を2台見かけた。
ホテルの駐車場を利用させてもらい、トイレもある。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間25分
休憩
1時間25分
合計
3時間50分
S峰山高原ホテルRelaXia11:0011:25あずま屋11:2711:34暁晴山登山口12:18暁晴山13:3613:54登山口14:151015mピーク14:2014:50峰山高原ホテルRelaXiaG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
峰山高原までの車道は完全な雪道、冬仕様の車で。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ オーバーズボン アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー 毛帽子 ゴーグル 着替え テレマークブーツ ザック スコップ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト スキーストック ナイフ カメラ テレマークスキー シール テレマークビンディング予備パーツ シール接着剤 シール円滑剤 9mmロープ(20m) ホットドリンク

写真

宍粟市側から向かったが、除雪なし20cmくらいの積雪の県道を我がマイカーは何の不安もなく登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宍粟市側から向かったが、除雪なし20cmくらいの積雪の県道を我がマイカーは何の不安もなく登っていく。
ホテルリラクシアもすごい雪。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホテルリラクシアもすごい雪。
駐車場でステップソールのテレマークスキーを履いて雪原を歩き出す。
2017年01月21日 11:06撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場でステップソールのテレマークスキーを履いて雪原を歩き出す。
スノーシューのトレースに続く。
2017年01月21日 11:25撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシューのトレースに続く。
途中からノートレース。
VoileのスキーVECTORは太い板なので深雪でもあまり沈まず歩きやすい。
2017年01月21日 11:25撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中からノートレース。
VoileのスキーVECTORは太い板なので深雪でもあまり沈まず歩きやすい。
暁晴山の登山口ゲートに到着。
ゲートもほとんど雪の中。
2017年01月21日 11:37撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暁晴山の登山口ゲートに到着。
ゲートもほとんど雪の中。
木々からの落雪に注意しながらスキーラッセルで進んでいく。
2017年01月21日 11:46撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々からの落雪に注意しながらスキーラッセルで進んでいく。
スノーシュートレースだ。
どうやらショートカットしているようだ。
2017年01月21日 12:07撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシュートレースだ。
どうやらショートカットしているようだ。
スノーシュートレースを辿って進む。
2017年01月21日 12:07撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシュートレースを辿って進む。
頂上の電波塔が見えてきた。
この斜面を滑るのが気持ちいい。
2017年01月21日 12:09撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の電波塔が見えてきた。
この斜面を滑るのが気持ちいい。
去年はブッシュだらけだったが今年は素晴らしいオープンバーン。
2017年01月21日 12:10撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年はブッシュだらけだったが今年は素晴らしいオープンバーン。
相棒のVoileと頂上標柱のツーショット。
2017年01月21日 12:23撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相棒のVoileと頂上標柱のツーショット。
お楽しみの滑走はこんな斜面で、やや重雪だが浮遊感が味わえる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お楽しみの滑走はこんな斜面で、やや重雪だが浮遊感が味わえる。
1本、2本・・・気持ちいい〜
今年12月オープン予定のスキー場はここがゲレンデになるんだろうか? 
1kmの滑走距離あるとの事。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1本、2本・・・気持ちいい〜
今年12月オープン予定のスキー場はここがゲレンデになるんだろうか? 
1kmの滑走距離あるとの事。
滑っては登り、滑っては登りの6回ほど。
Voileのステップソールは深雪でも登坂能力高く楽しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑っては登り、滑っては登りの6回ほど。
Voileのステップソールは深雪でも登坂能力高く楽しい。
帰りのルートでツリーランもチョイ楽しめる。
2017年01月21日 11:46撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りのルートでツリーランもチョイ楽しめる。
慎重に樹林帯を抜けられた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に樹林帯を抜けられた。
次の滑走は登山口ゲートを過ぎて西へ1015mのピーク。
ここもステップソールでジグを切って登る。
2017年01月21日 14:00撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の滑走は登山口ゲートを過ぎて西へ1015mのピーク。
ここもステップソールでジグを切って登る。
ストックは突き刺すとこんな状態。70僂らいか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストックは突き刺すとこんな状態。70僂らいか。
上部のブッシュ部分はスキーでも踏み抜きがあるので慎重に。
2017年01月21日 14:24撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部のブッシュ部分はスキーでも踏み抜きがあるので慎重に。
重い〜(>_<)
ついに転倒。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重い〜(>_<)
ついに転倒。
思った以上に緩斜面で重雪ではつらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思った以上に緩斜面で重雪ではつらい。
1
大雪原をステップソールで歩いて帰ろ〜
2017年01月21日 14:30撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪原をステップソールで歩いて帰ろ〜
たっぷり遊んでリラクシアにゴール。
次はこの写真にあるホテル後方のオープンバーン(実は防火帯)を滑ろう。
2017年01月21日 14:50撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たっぷり遊んでリラクシアにゴール。
次はこの写真にあるホテル後方のオープンバーン(実は防火帯)を滑ろう。
1
撮影機材:

感想/記録

1mを越える積雪は峰山高原では初体験だ。
前の晩にかなり新雪が積もったようで木々も白く雪も軽い。
2日前まで山形蔵王スキー場で4日間遊んだが、オフピステもほとんどなく何となく物足りないのでプチBCを求めてやってきた。
30僂らいの新雪はあったが、Volieのステップソールスキーは太板なので沈まずに軽やかに歩ける。
暁晴山頂上までは1時間半ほどで行けて、頂上直下は25〜30度ほどのオープンバーンでやや重の新雪だが、Volieの太板ではよく浮いてくれてテレマークターンがきまる。
滑ってはステップソールで登り、5回ほど楽しんだ。
スノーシュートレッキングの人が数人歩いている横を滑走したので驚かせてしまって申し訳なかった。すみませんでした。
頂上で休憩中に神戸から来たスノーシュー登山の方から、砥峰方面に見える防火帯は約1kmくらいあるので山スキーには最高と聞いたので次回チャレンジしようと思う。

今年12月にはここに約1kmの滑走ゲレンデができるのが神河町で決まったので人口降雪機だのみだが楽しみだ。
と言うことは この山斜面を滑れるのはこれが最後かも。
神戸から来られた方は、自然破壊になるので寂しいと嘆いておられたが、同じアウトドア愛好家として気持ちは良くわかる。
帰りのルートでツリーランを楽しみ、1015mのピークからも滑って、ホテルまでの大雪原を最短距離で歩けて新雪の峰山高原を十分に楽しめた。

ホテルにはスノーパークと称する子供たちの遊び場があり、なんとちょっとしたスノーボードとスキーの滑走もできるようで神河町の頑張りに感心する。
ホテルは食事も日帰り入浴もできるので利用客が増えるといいですね。

ただ、真冬はマイカーで行くのは雪道の坂なので不慣れな人はホテルの送迎利用とかを考えたほうがいいですね。
訪問者数:531人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ