また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1052479 全員に公開 雪山ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

明神平

日程 2017年01月22日(日) 〜 2017年01月23日(月)
メンバー , その他メンバー2人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間40分
休憩
0分
合計
1時間40分
Sスタート地点12:2014:00明神平
2日目
山行
1時間20分
休憩
0分
合計
1時間20分
明神平08:3009:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報大宇陀温泉 あきつの湯は午前10時から空いてます。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 スノーシュー

写真

駐車場から雪
ここ最近では珍しいかも
2017年01月22日 12:44撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から雪
ここ最近では珍しいかも
1
地味に長いから嫌なんですよね。この林道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地味に長いから嫌なんですよね。この林道
最大の難所?
このロープに頼ると危ないですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最大の難所?
このロープに頼ると危ないですね。
この時は、まだ吹雪いてませんでした。
晴れたら最高なのに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時は、まだ吹雪いてませんでした。
晴れたら最高なのに。
明神平のシンボルですね。
一般開放してほしい…
2017年01月22日 14:35撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神平のシンボルですね。
一般開放してほしい…
2
晴れてないのが悔しい。
まだ、この時の天気は穏やかでした。
2017年01月22日 14:35撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてないのが悔しい。
まだ、この時の天気は穏やかでした。
少し道を外れるとたっぷりの雪が楽しめます。
このツララでウイスキーいただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し道を外れるとたっぷりの雪が楽しめます。
このツララでウイスキーいただきました。
1
今日はカレーうどんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はカレーうどんです。
1
缶詰いっぱい。
お酒がうまい。テント泊はこうでなくっちゃ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
缶詰いっぱい。
お酒がうまい。テント泊はこうでなくっちゃ。
朝起きたらこれ。
上に上がるのはあきらめました。
2017年01月23日 08:08撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝起きたらこれ。
上に上がるのはあきらめました。
2
雪が深いです。
山頂付近で40儖幣紊録契磴任靴拭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が深いです。
山頂付近で40儖幣紊録契磴任靴拭
下りは滑ってショートカット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは滑ってショートカット
長野のスキー場に行ったみたいに…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野のスキー場に行ったみたいに…
3
撮影機材:

感想/記録
by kazy

冬の明神平は3回目
もふもふの雪でソリ遊びしようとそしてテント泊でお酒を飲もうというのが今回の目的でした。
日曜日のお昼から登ったのでトレースは十分、特に道も難所はなく、アイゼンもはくことなく山頂につきました。ちなみに、明神滝は今までで一番凍ってました。
山頂手前の水場で水を汲み、2時間もかからないうちに山頂につきました。
山頂は、新雪部分で20cm程度でちょうどいい感じでしたが、風がきつい。
時間がたつにつれ吹雪だしました。
こういう時は、テント内に避難です。

もちろん、宴会です!!このために山に来たようなものですから。

テント内は男3人もいたので0度より高かったですが、夕食などの用意をするとすぐに10度前後に、もちろんテント内は蒸気でそれが水滴となりえらいことになりました。八ヶ岳とかに比べるとやはり気温が高いのですぐに凍らずに水滴になるのが厄介でした。さまざまなものが湿気たりぬれたりします…

雪と風のほうは夜通しきつく、外に一度出てみましたがヘッドライトを消すと目の前の木さえ見えないぐらい光のない世界でした。

朝起きても、吹雪いていました。大体夜の間で40儖幣紊論僂發辰討泙靴拭
帰り路は、トレースがほとんど消えてしまって目印を探しながらラッセル。なかなかしんどかったです。もし明神平が初めてでこのようにノートレースで新雪だったらと思うと少しぞっとしました。ほかの雪山と違い明神平は、尾根沿いではなく、沢沿いを上がっていくのでルート大まかでも覚えてないと迷う恐れあります。
いい勉強になりました。
訪問者数:319人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ