ヤマレコ

記録ID: 1053048 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

大雪、ノートレースの赤坂山

日程 2017年01月26日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り後時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マキノ高原スキー場から登りました。
スキー場まで除雪されています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
1時間20分
合計
6時間55分
Sマキノ高原温泉さらさ08:4509:05赤坂山・三国山登山口10:10武奈の木平10:2311:30休憩11:3312:35赤坂山13:2214:26武奈の木平14:4315:40マキノ高原温泉さらさG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
いつもですが、ルートは手書きなので、いい加減です。
コース状況/
危険箇所等
雪が多かった。途中まではトレースがあったが、堰堤あたりでなくなっていた。
そのあたりがわかりにくかった。
でも、そこからはノートレースの赤坂山を楽しむことができました。
その他周辺情報駐車場は温泉の下にあります。500円です。
マキノ高原温泉さらさ。招待券があったのでただで入れました。
700円か800円だと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

マキノ高原から出発。まだお客さんはいない。
2017年01月26日 08:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マキノ高原から出発。まだお客さんはいない。
登山口。
2017年01月26日 09:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。
1
ブナの木平の東屋。きのこみたいでかわいい。
2017年01月26日 10:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの木平の東屋。きのこみたいでかわいい。
5
堰堤の上あたり。ここの登りが一番悪戦苦闘した。
2017年01月26日 10:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の上あたり。ここの登りが一番悪戦苦闘した。
3
適度なラッセルを楽しむ。
2017年01月26日 11:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適度なラッセルを楽しむ。
4
白い赤坂山が見える。
2017年01月26日 11:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い赤坂山が見える。
7
コロコロロール。
2017年01月26日 11:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コロコロロール。
3
雪庇が少しできていた。
2017年01月26日 12:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇が少しできていた。
5
ノートレースの雪原を歩く。
2017年01月26日 12:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノートレースの雪原を歩く。
11
粟柄越えのお地蔵さま。
2017年01月26日 12:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粟柄越えのお地蔵さま。
5
山頂に向かう。
2017年01月26日 12:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に向かう。
5
先頭を代わってもらう。
2017年01月26日 12:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先頭を代わってもらう。
1
ノートレースの雪原を進む。
2017年01月26日 12:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノートレースの雪原を進む。
4
三角点にタッチ。
2017年01月26日 12:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点にタッチ。
3
寒風、大谷山。
2017年01月26日 12:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒風、大谷山。
2
ウサギの足跡
2017年01月26日 12:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウサギの足跡
3
若狭湾方面
2017年01月26日 12:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若狭湾方面
1
山頂でツーショット
2017年01月26日 12:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂でツーショット
19
落ちていた山名版
2017年01月26日 12:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちていた山名版
8
寒風への道も気持ち良さそう。
2017年01月26日 13:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒風への道も気持ち良さそう。
2
明王ノ禿
2017年01月26日 13:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王ノ禿
6
二人のトレース
2017年01月26日 13:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二人のトレース
3
山頂からのトレース
2017年01月26日 13:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からのトレース
9
ふかふか
2017年01月26日 13:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふかふか
3
雪野原
2017年01月26日 13:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪野原
5
キラキラ
2017年01月26日 13:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キラキラ
3
振り返る。
2017年01月26日 15:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。
4
スキー場に降りてきた。学校行事かな、子供たちがたくさんいた。
2017年01月26日 15:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場に降りてきた。学校行事かな、子供たちがたくさんいた。
1
右が赤坂山、左が大谷山
2017年01月26日 15:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が赤坂山、左が大谷山
4
ありがとう、さようなら!
2017年01月26日 15:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとう、さようなら!
8
撮影機材:

感想/記録

高島市に住む友人の家に泊まり、一緒に赤坂山に行きました。
このあたりは、23,24日は大雪だったそうです。
私の車は二駆のスタッドレスですが、実際は凍結した道や雪道を運転することはほとんどないので、行こうかどうか迷いました。
それでも、25日には国道はしっかり除雪されていて、なんとか行かれそうなので、新雪の山歩きを期待して行きました。
登山口まではSさんに運転してもらいましたが、国道とマキノ高原までの道なら私でも運転できそうでした。
ただし、Sさんの家のあたりは怖くて運転できそうにありませんでした。

最初は前日のものらしいトレースがありましたが、堰堤のあたりでなくなっていました。
ここは迷いやすく、急な斜面を登りました。
スノーシューに慣れているSさんは上手に登って行きますが、私は何度もずり落ちてなかなか進みませんでした。
ここからラッセルになりました。
わかりにくい箇所もSさんが地図とコンパスで的確にルートを見つけてくれました。
ラッセルは深くてもくるぶしあたりまでで、雪はよく締まっていて歩きやすかったです。
粟柄越えからは美しいノートレースの雪原歩きを楽しみました。
途中から先頭を代わってもらい、ノートレースの山頂にトレースを刻むことができました。

高島市に住むSさんもこんな大雪でノートレースの赤坂山を歩けたことに感動していました。
南国に住んでいて新雪の雪山はなかなか登れない私も、はるばる来て良かったと思いました。

予報では滋賀も三重も福井も晴れると思っていましたが、周りの山には雲がかかっていました。
でも、赤坂山のあたりは青空が広がっていました。
期待した眺望はありませんでしたが、ノートレースの赤坂山を歩けて大満足です。

この日は温かく風もなく、着ていたものは次々と脱ぎました。
ちょうどいい登山日和でした。
今日はもっと気温が上がりそうなので、雪はどんどん解けてしまうでしょう。
一番いい時に登れました。

写真には撮りませんでしたが、帰りの車窓からは快晴の空の下の琵琶湖の上の伊吹山や霊仙山を眺めることができました。

訪問者数:703人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/6
投稿数: 2344
2017/1/27 18:21
 mayutsuboさん こんばんは!
実はね・・、
前日にマキノピックランドのメタセコイヤの並木道を見学に行っていたんですよ!
それで、ついでに?赤坂山の登山口周辺の確認に行っていました。
とっても雪深くて、元気になってもここの積雪時の山行は無理かなぁと思いました。
コースに精通したお友達がおられて、素晴らしい景色とノートレースの山行を楽しめましたね!
お疲れさまでした
登録日: 2013/5/29
投稿数: 661
2017/1/27 20:21
 Re: mayutsuboさん こんばんは!
s_fujiwaraさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

そうなんですか?
前日はあまりお天気良くなかったですね。

私、以前5月に赤坂山にバスで行ったんですが、友達と一緒だったし、バスって横向きに座るから外が見えにくいんですよね。それでメタセコイヤにまったく気づかなかったんです。
今回はちゃんと見ました。
まだ葉っぱが残っていましたね。

今回は友人のおかげで素晴らしい赤坂山を堪能できました。
北アルプスで出会った友人です。
ご縁は大切にしたいです。
登録日: 2012/11/11
投稿数: 443
2017/1/27 20:28
 mayutsuboさんこんばんは
凄い雪の中ラッセルしながらの登山、素晴らしい山歩きですね。青空と適度な白い雲は写真的には最高の御膳立てです。
登録日: 2013/5/29
投稿数: 661
2017/1/28 15:22
 Re: mayutsuboさんこんばんは
sskamosikaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

ラッセルはほとんどSさんがしてくれたので助かりました。
もう少しお天気良くなると思いましたが、けっこう雲が多かったです。
それはそれで雰囲気が出ますね。

山は雪でも登山口がスキー場なので除雪されていてありがたかったです。
登録日: 2013/9/16
投稿数: 1612
2017/1/30 20:23
 ひっそりした感じ
こんばんは。
お友達とは何度も歩かれて波長が合うようですね。
歩くペースも同じくらいだと気兼ねなく歩け、会話も弾みます。

まさにどんぴしゃりのタイミングで青空の下の雪山歩き、本当にラッキーです。
先週行った北横も晴れてれば眺め良かったのでしょうが、天下の八ヶ岳山系、人が多過ぎました…。
こういう静かな山で自分の踏み跡つけるのもいいものですね。
登録日: 2013/5/29
投稿数: 661
2017/1/30 23:37
 Re: ひっそりした感じ
tomhigさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

友人は私よりもずっと若いし技量も体力もありますが、私のペースに合わせてくれます。
それも私が気遣いしないように気遣いしてくれます。(笑)
彼女と一緒に山歩きするといろいろな面で勉強になります。
そうなんです、彼女からしたらただ年だけ上ですべてに劣っている私ですが、こんな私にご縁を感じてくれて、一緒に山に行きたいと言ってくれて感謝しています。

この赤坂山、雪山の初級中級の人に人気のようですが、それもトレースがあってのこと。ノートレースが予想されるとなかなか行かないようです。
土日はそれなりに登ったようです。

ノートレースでも行かれるSさんのおかげでこの日登ることができました。
私はもちろん感謝ですが、彼女も私が来たから行くことになったと喜んでくれました。
これがご縁なんでしょうね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ