また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1056011 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走富士・御坂

足和田山・三湖台 (道の駅かつやま〜野鳥の森公園)

日程 2017年01月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅 かつやま 7:40
野鳥の森公園 ⇒ 西湖周遊バス 500円(30分毎)⇒ 道の駅 かつやま
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間12分
休憩
1時間44分
合計
5時間56分
S道の駅かつやま08:0008:04羽根子山ハイキングコース登山口08:18羽根子山(秋葉神社)08:2308:38大嵐天神社08:4708:56機織り窪09:07東海自然歩道分岐09:19知事様09:2309:47段和山09:5310:23分岐10:28足和田山(五湖台)10:4511:43三湖台(昼食)12:2512:32紅葉台レストハウス12:3712:49紅葉台12:5413:12竜宮洞穴13:1713:50西湖野鳥の森公園13:5613:56野鳥の森公園B.S.G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪 0cm~20cm  日当たりのいい場所は、積雪のない所もあり。
凍結している場所は殆んど無く、軽アイゼン未使用。
その他周辺情報日帰り入浴:富士山 天母の湯 410円/1h(富士宮市)
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ザック ザックカバー 軽アイゼン 昼ご飯 行動食 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ

写真

道の駅 かつやま をスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅 かつやま をスタート。
1
河口湖越しに十二ヶ岳を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河口湖越しに十二ヶ岳を望む。
2
羽根子山登山口。積雪は10cm程度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽根子山登山口。積雪は10cm程度。
1
羽根子山へは、回遊ルートと直登ルートがあり。直登ルートを選択。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽根子山へは、回遊ルートと直登ルートがあり。直登ルートを選択。
1
急な登りをゆっくりと登る。凍結箇所は殆んどないので、軽アイゼンは必要なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な登りをゆっくりと登る。凍結箇所は殆んどないので、軽アイゼンは必要なし。
1
羽根子山山頂。河口湖を見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽根子山山頂。河口湖を見下ろす。
2
山頂には、秋葉神社がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には、秋葉神社がある。
1
快晴の空に富士山が聳える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の空に富士山が聳える。
2
羽根子山から尾根筋に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽根子山から尾根筋に入る。
日当たりのいい場所では、積雪があまり見られない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たりのいい場所では、積雪があまり見られない。
1
天神社でひと休み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神社でひと休み。
天神社から更に登り続け、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神社から更に登り続け、
機織り場を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
機織り場を通過。
東海自然歩道の分岐に出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の分岐に出る。
分岐からやや広い道を登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐からやや広い道を登っていく。
三ツ峠方面(木無山・御巣鷹山)を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峠方面(木無山・御巣鷹山)を望む。
今日は一日中富士山を一緒。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は一日中富士山を一緒。
1
知事様(語源は?)で一休み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知事様(語源は?)で一休み。
知事様からは稜線の道をゆるやかに登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知事様からは稜線の道をゆるやかに登って行く。
1
積雪は10cm~15cm程度。歩き易い雪質である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪は10cm~15cm程度。歩き易い雪質である。
稜線を忠実に辿ると、トレースが無い場所がある。巻き道は歩かず、赤テープを頼りに、稜線を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を忠実に辿ると、トレースが無い場所がある。巻き道は歩かず、赤テープを頼りに、稜線を歩く。
ここまで他の登山者もいない。静かな山歩きである。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで他の登山者もいない。静かな山歩きである。
1
段和山の山頂はわからず。この辺りだと思うのだが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段和山の山頂はわからず。この辺りだと思うのだが。
1
痩せた稜線の道を登って行くと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた稜線の道を登って行くと、
1
大田和への分岐に出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大田和への分岐に出る。
更にひと登りすると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更にひと登りすると、
足和田山山頂(五湖台)。女性、男性のそれぞれ単独行の方に会う。今日始めての登山者だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足和田山山頂(五湖台)。女性、男性のそれぞれ単独行の方に会う。今日始めての登山者だ。
3
山梨百名山の標柱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨百名山の標柱。
2
山頂には展望台がある。五湖台という名前だが、富士五胡が見える訳ではない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には展望台がある。五湖台という名前だが、富士五胡が見える訳ではない。
1
右から悪沢岳、赤石岳、聖岳。手前に笊ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から悪沢岳、赤石岳、聖岳。手前に笊ヶ岳。
1
毛無山と雨ヶ岳。手前に竜ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛無山と雨ヶ岳。手前に竜ヶ岳。
足和田山から三湖台を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足和田山から三湖台を目指す。
稜線の道は快適な雪道。積雪は15cm前後。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の道は快適な雪道。積雪は15cm前後。
1
十二ヶ岳(右)と雪頭ヶ岳(左)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳(右)と雪頭ヶ岳(左)
すぐ横に林道?が通っているが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ横に林道?が通っているが、
1
しっかりと東海自然歩道を辿る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかりと東海自然歩道を辿る。
1
西湖からの分岐を過ぎ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西湖からの分岐を過ぎ、
木々の間から、王岳や
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から、王岳や
十二ヶ岳を眺めながら歩く。十二ヶ岳と十一ヶ岳の間のキレットが、はっきりとわかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳を眺めながら歩く。十二ヶ岳と十一ヶ岳の間のキレットが、はっきりとわかる。
1
コースは道標がしっかりとあり、迷う事はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースは道標がしっかりとあり、迷う事はない。
1
富士山が、陽に照らされて銀色に輝く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が、陽に照らされて銀色に輝く。
2
五湖台から三湖台への稜線は、ゆるやかなアップダウンが続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五湖台から三湖台への稜線は、ゆるやかなアップダウンが続く。
木々はすっかり葉を落としているので、明るく快適な道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々はすっかり葉を落としているので、明るく快適な道だ。
1
三湖台へ標識を過ぎ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三湖台へ標識を過ぎ、
木の階段をひと登りすると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の階段をひと登りすると、
三湖台の広場へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三湖台の広場へ。
先端の東屋には、数人のグループが屯している。後ろには雪頭ヶ岳と金山、十二ヶ岳が聳える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先端の東屋には、数人のグループが屯している。後ろには雪頭ヶ岳と金山、十二ヶ岳が聳える。
1
雪頭ヶ岳(右)から、鍵掛峠を経て王岳(左)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪頭ヶ岳(右)から、鍵掛峠を経て王岳(左)。
2
雪頭ヶ岳の山頂付近に禿げて見えるのはお花畑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪頭ヶ岳の山頂付近に禿げて見えるのはお花畑。
1
十二ヶ岳。ここからだと十一ヶ岳とのキレットは見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳。ここからだと十一ヶ岳とのキレットは見えない。
1
向きを変えて、富士山の裾野には大室山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向きを変えて、富士山の裾野には大室山。
青木ヶ原樹海の向こうに、毛無山山塊。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青木ヶ原樹海の向こうに、毛無山山塊。
1
遠くに間ノ岳と農鳥岳。左端には塩見岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに間ノ岳と農鳥岳。左端には塩見岳。
1
悪沢岳と赤石岳、聖岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳と赤石岳、聖岳。
1
西湖を手前に、王岳(中央)と三方分山(左)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西湖を手前に、王岳(中央)と三方分山(左)。
2
展望を堪能した後は、ウッドデッキで昼食。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望を堪能した後は、ウッドデッキで昼食。
今日の昼食は、鍋焼きうどん玉子入り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の昼食は、鍋焼きうどん玉子入り。
1
食事をしている間に、次々と登山者がやってくる。ツアーなのか数十人は居る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事をしている間に、次々と登山者がやってくる。ツアーなのか数十人は居る。
1
登山者で騒々しくなったので、早々に出発。目前に見える紅葉台を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者で騒々しくなったので、早々に出発。目前に見える紅葉台を目指す。
1
紅葉台レストハウスを横目に歩を進める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉台レストハウスを横目に歩を進める。
今日の富士山は、全くその姿を隠そうとはしない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の富士山は、全くその姿を隠そうとはしない。
1
レストハウスから少し下ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レストハウスから少し下ると、
紅葉台の広場に出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉台の広場に出る。
壊れかけた紅葉台の看板。この周りは日影になっている為か、20cm程の積雪がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壊れかけた紅葉台の看板。この周りは日影になっている為か、20cm程の積雪がある。
1
紅葉台からも富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉台からも富士山。
1
紅葉台からは下り。樹海の中を歩き、竜宮洞穴を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉台からは下り。樹海の中を歩き、竜宮洞穴を目指す。
大分標高も下がってきたので、日当たりのいい場所では、積雪が無い場所も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分標高も下がってきたので、日当たりのいい場所では、積雪が無い場所も。
北側斜面になると積雪は残る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側斜面になると積雪は残る。
下りきった所で、三湖台を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきった所で、三湖台を振り返る。
車の轍が残る林道を歩き、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車の轍が残る林道を歩き、
竜宮洞穴入口標識から少し入ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜宮洞穴入口標識から少し入ると、
残念ながら、崩壊が激しいとの事で立入り禁止。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら、崩壊が激しいとの事で立入り禁止。
上から眺めるだけであった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から眺めるだけであった。
竜宮入口標識まで戻り、林道を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜宮入口標識まで戻り、林道を進む。
舗装路に出る。すぐ近くに竜宮入口のバス停があるので、ここからバスに乗ってもいいのだが。車道を横切り、予定通り、野鳥の森を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路に出る。すぐ近くに竜宮入口のバス停があるので、ここからバスに乗ってもいいのだが。車道を横切り、予定通り、野鳥の森を目指す。
青木ヶ原樹海の中は、適度な積雪(5cm~10cm程度)があり、歩き易い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青木ヶ原樹海の中は、適度な積雪(5cm~10cm程度)があり、歩き易い。
案内看板で現在地を確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内看板で現在地を確認。
野鳥の森公園内の散策路に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野鳥の森公園内の散策路に入る。
標高も下がり、気温も上がってきた為か、雪が融け始めている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高も下がり、気温も上がってきた為か、雪が融け始めている。
これは人工的に作られたオブジェ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは人工的に作られたオブジェ?
野鳥の森公園の広場まで来ると、観光客が大勢屯している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野鳥の森公園の広場まで来ると、観光客が大勢屯している。
今日は、樹氷祭りだそうで、広場にはこのような人工樹氷がいくつか設置されていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、樹氷祭りだそうで、広場にはこのような人工樹氷がいくつか設置されていた。
5
餅つきの餅をもらう?為の行列。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餅つきの餅をもらう?為の行列。
1
バス時刻ギリギリに到着はしたのだが、樹氷祭りを覘いたので、乗り遅れてしまった。野鳥の森公園バス停でゴール!ここからバスで道の駅かつやままで戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス時刻ギリギリに到着はしたのだが、樹氷祭りを覘いたので、乗り遅れてしまった。野鳥の森公園バス停でゴール!ここからバスで道の駅かつやままで戻る。
バスの車窓から見た足和田山全景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの車窓から見た足和田山全景。
2

感想/記録

今年の初登山。
約1ヶ月半振りの山歩き。この間トレーニングもしていないので、標高差の少ない楽なコースにしようと思い、足和田山に決める。
少しは積雪があるようなので、雪山ハイキングを楽しめると期待する。

当日の天候は最高。
快晴の一日で、風は弱く寒さも全く感じない。
三湖台以外では他の登山者もひじょうに少なく、冬の低山の静かな雰囲気を、十分に堪能することが出来た。
また、富士山を始め、富士山周辺の山々と湖・樹海、南アルプスの山々等、眺望にも恵まれた一日であった。

積雪は0cm~20cm程度。
凍結箇所は殆んどなし。滑る場所もなく、軽アイゼンを使用することもなかった。
また、クラストした場所もあったが、平坦な道で踏み抜いても20cm程度の積雪なので、特に問題無く快適に歩く事が出来る。

2017年初登山の足和田山は、眺望を楽しみ、雪山ハイクを楽しみ、温かい食事楽しみ等、期待通りに堪能する事が出来た。

今日も、安全で楽しい山歩きをありがとうございます!
訪問者数:526人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ