また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1058795 全員に公開 山滑走剱・立山

大品山BC−少しは進歩したかな

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
北陸道立山ICから「らいちょうバレースキー場」へ向かう。
駐車場は「らいちょうバレー」の大きな看板をちょっと過ぎたところにある「ゴンドラ乗場」の看板を左に入る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間42分
休憩
30分
合計
3時間12分
Sスタート地点08:5309:36瀬戸蔵山09:3810:32大品山11:0012:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ゴンドラ山頂駅から瀬戸蔵山まではトレースはあったが新雪を上を歩く。スキーを履けばブーツが埋まる程度のラッセルで済む。天気が良く気持ちよく霧氷の中を歩く。
瀬戸蔵山手前の西側斜面にスノボーのトレースがあったのでどこへたどり着くのか下をみたら堰堤があって、その先は粟巣野スキー場とらいちょうバレースキー場の中間あたりのようで、面白そうなコースだったがすんなりとイケるのかな?下の藪がうるさそうだった。
瀬戸蔵山の反射板のところにボーダー数人とスノーシューの何人かが休憩なのかドロップ準備なのかは知らないが、先に進む様子がなさそうで、後続でボーダーがいなかったところを見ると瀬戸蔵からドロップしたのかもしれない。
瀬戸蔵先から先はトレースがないので引き返してきた人がいたらしいが、ノートレースはご馳走だ。瀬戸蔵から先の未踏の地に踏み入る。途中尾根を巻こうとして少しおり過ぎたかなと思ったところがあるが、結果的にはコルにビンゴだった。
大品山手前の細尾根の取り付きでスノーシューのソロ男性に追いつかれて先に行ってもらったが、トレースは踏まず別のコースを取った。山頂手前で追い抜いて大品山に一番乗りできた。
滑走はパウダーではないが新雪フカフカなので少しくらいの雪煙は立つ。こちらもノートレースなので好きなところを滑る。GPSで位置を確認しながらなので一気に何分も滑るわけではないが、自分の感覚としてはかなりの距離を滑ったような気がする。いつもは痛くなる腿も今日は少しも痛くならず快適だった。大品山BCは今回で3回目なので一気に下りれるコース取りを覚えたので次は止まる回数がもっと少なくなるはずで快適さも増すはずだ。今シーズン中に粟巣野から登ってみよう。
コース状況/
危険箇所等
・フカフカの新雪でブーツラッセル程度。瀬戸蔵山から先はノートレースだった。
・大品山手前の細尾根が一番の急登。尾根を外して左側から回ったが尾根をたどったほうが良さそうだ。(ここの取り付きでソロのスノーシューターに追いつかれ彼が尾根を歩いたのでノートレースのところを登った)
・他にも2,3カ所そこそこの急登があり、大きくジグを切ったが直登でも行けるかもしれない。
・パウダーではないがフカフカの新雪の上をシューと滑り降りる。
・滑走時にいきなり急斜面(距離は長くない)になるところがあった。
・貯水場脇の細尾根はズリズリや一歩一歩下りたりすることなくトラバー気味に滑って下りれた。この辺の新雪は薄く、すぐ下は固かった。
その他周辺情報●立山サンダーバードでサンドウィッチ
変わり種のサンドウィッチがあることで有名。肉系、カツ系が多いが大福とかスウィーツのサンドもある。アスパラベーコンカルパッチョソース(¥270)を購入。営業時間は5:00〜20:00
●下山後の入浴はホテル風の森立山(¥700)
時間が早かったせいか「日帰り入浴は16:30までの入場」の注意書きはなかった。(撤廃したのかな)
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

ゴンドラ山頂駅から出発。枝に隠れる大日岳。本日快晴なり。
2017年02月04日 08:51撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ山頂駅から出発。枝に隠れる大日岳。本日快晴なり。
1
樹間からの毛勝三山
2017年02月04日 09:18撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間からの毛勝三山
1
毛勝三山アップ
2017年02月04日 08:53撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝三山アップ
3
キレイだ
2017年02月04日 09:21撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレイだ
2
瀬戸蔵山手前の谷にスノボーのトレース。ここを下りると粟巣野スキー場とらいちょうバレースキー場の中間に出るようだ。
2017年02月04日 09:26撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬戸蔵山手前の谷にスノボーのトレース。ここを下りると粟巣野スキー場とらいちょうバレースキー場の中間に出るようだ。
瀬戸蔵山のブナ林
2017年02月04日 09:27撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬戸蔵山のブナ林
2
鍬崎山
2017年02月04日 09:39撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍬崎山
大日岳〜弥陀ヶ原の奥に立山
2017年02月04日 09:39撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳〜弥陀ヶ原の奥に立山
1
富山湾が見える
2017年02月04日 09:40撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山湾が見える
1
瀬戸蔵から先は人跡未踏だが先行者はいる。ウサギ(?)の足跡をたよりに大品山へ向かう。
2017年02月04日 09:41撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬戸蔵から先は人跡未踏だが先行者はいる。ウサギ(?)の足跡をたよりに大品山へ向かう。
ノートレースはご馳走だ。
2017年02月04日 09:59撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノートレースはご馳走だ。
でた!立山。空が高い。ホントに2月か?
2017年02月04日 10:10撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でた!立山。空が高い。ホントに2月か?
大品山手前の細尾根。ここで後続者に追いつかれる。
2017年02月04日 10:13撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大品山手前の細尾根。ここで後続者に追いつかれる。
先に行ってもらったが左の斜面をトラバー気味に登るが尾根に戻る際の斜度がきつかった。
2017年02月04日 10:18撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に行ってもらったが左の斜面をトラバー気味に登るが尾根に戻る際の斜度がきつかった。
大品のブナ林。白っぽい木もブナなのかなぁ?
2017年02月04日 10:38撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大品のブナ林。白っぽい木もブナなのかなぁ?
1
雪があると鍬先山頂へ向かう尾根筋がよくわかる。
2017年02月04日 10:38撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪があると鍬先山頂へ向かう尾根筋がよくわかる。
1
青と白の世界の樹林。何度見ても見飽きない。
2017年02月04日 10:39撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青と白の世界の樹林。何度見ても見飽きない。
1
スキーを外すとひざ上までもぐる
2017年02月04日 10:43撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーを外すとひざ上までもぐる
何をか謂わんや。さあ、滑るぞ!
2017年02月04日 10:47撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何をか謂わんや。さあ、滑るぞ!
ツリーラン、ツリーラン、楽しいな♬
2017年02月04日 11:05撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリーラン、ツリーラン、楽しいな♬
突然の急斜面。距離は短いが焦った。
2017年02月04日 11:07撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然の急斜面。距離は短いが焦った。
だいぶ下ってきたら登りのトレースがあった。人とすれ違わなかったのでルートが違ったのだろう。
2017年02月04日 11:25撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ下ってきたら登りのトレースがあった。人とすれ違わなかったのでルートが違ったのだろう。
この辺まで来ると霧氷はない
2017年02月04日 11:26撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺まで来ると霧氷はない
1
貯水場が見えた。右方向へ滑って下りる。
2017年02月04日 11:27撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貯水場が見えた。右方向へ滑って下りる。
ここまで来ればあとはお散歩
2017年02月04日 11:32撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ればあとはお散歩
導水管を渡る
2017年02月04日 11:42撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
導水管を渡る
到〜着。楽しかったぁ
2017年02月04日 11:45撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到〜着。楽しかったぁ
駐車場からの浄土山南峰〜龍王岳〜鬼岳〜獅子岳
2017年02月04日 12:13撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場からの浄土山南峰〜龍王岳〜鬼岳〜獅子岳
同じく大日岳。
2017年02月04日 12:13撮影 by DSC-W630, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく大日岳。

感想/記録

一昨年、夏道の経験はあったが初BCで登高も滑走もコテンパンにやられた大品山。
昨年はトレースを視野に入れてそこから離れずにそこそこ登れて滑れた。
3度目の今年はトレースなしでルーファイしながらの登高と滑走。
少しは進歩したかもしれないが、単に大品山に慣れただけかもしれない。よその山でも経験を積んでいこう。次の大品山はゴンドラを使わずに粟巣野から登ってみよう。今日はノートレースにワクワクして?登高でちょっと頑張ったので時々息が上がり、山頂は‐5度だったのに汗をかいていた。要注意。
スノボーのトレースがあった瀬戸蔵山頂手前の西側斜面も面白そうだ。このコースならもう1回でも2回でもゴンドラで上がってきて滑れそうだ。今度探索してみようか。
訪問者数:361人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/1
投稿数: 715
2017/2/5 1:16
 この時期は
やはりノートレースの雪を楽しみたいですねー。気を良くして例の◯◯◯を買っちゃったワケだ。納得しました。
登録日: 2012/9/22
投稿数: 679
2017/2/5 21:08
 Re: この時期は
ロードレーサーは数か月前から買おうか買うまいか迷っていたのですが、大品山で勢いをつけてアドレナリンが出ているうちに勢いで買ってしまいました。
買ったら走るしかないですね。
登録日: 2015/1/11
投稿数: 177
2017/2/6 22:03
 ダブルヘッダーお疲れ様でした
大品山はグッドコンディションで何よりです。
昨日の白鳥山はアイスバーンやら雨雪やら大変でしたねぇ。ワタシ、這う這うの体で辿り着きました。(笑)
ほほぅ、ロードバイクいっちゃいましたか、モンベルだったならキャノンデールですか?
ワタシ、2016年モデルのキャノンデールのシクロが欲しくて欲しくて…。ガマンしました。(涙)
登録日: 2012/9/22
投稿数: 679
2017/2/6 23:03
 Re: ダブルヘッダーお疲れ様でした
白鳥山も天気がよければまた違ったものになったでしょうが、下の方は雪は少なかったですね。
ロードバイクはGIANTのTCR advanced2の2016年モデルです。お買い得になっていましたv
店員さんがmierinのお友達なのでこれも何かの縁で、買うならここかな、と。さて、いつから走るかな。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ