また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1059361 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

車スリップでスキー場へ行けず沼田の里山 和尚台へ

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
 kaz
 y_hashimo(CL)
, その他メンバー6人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●行き:秋葉原6:30集合
首都高〜東北道〜北関東道〜関越道〜沼田ICを降りて下道で玉原高原へ。

のつもりが、玉原高原まであと10分くらいの山道で渋滞発生で車が停止。
何だろうと思っていたら自分たちのレンタルマイクロバスもスタック。
後ろから押すも自分たちも滑って厳しい状況に断念して30m位車を誘導しながらバックで下りてチェーン着脱所にたどり着きました。

これは行けないだろうと断念しUターン。
場所近くの迦葉山に計画を切り替えようとなりましたが、途中除雪のため全面通行止めで断念。さまよっているうちに一度仕切りなおしをしようとたどり着いたのが「こころのふるさと佐山」の駐車場。
皆でいろいろ考えているとkazさんがGPSを見てどうやらここから尾根への登山道があるとのことで里山ハイクになりました。下りてきたら和尚台登山口と登山道の道標があり歩いた山?の名前が分かりました。

●帰り
沼田IC〜関越道〜外環〜首都高で東京駅直下で降ろしてもらいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間0分
休憩
0分
合計
2時間0分
Sスタート地点11:4213:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはEtrex20のGPSデータです。
地図も無いのでGPSでkazさんが地形を判断しGPSで地図読み周回しました。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

バスがスタックして玉原にも行けず、除雪通行止めで迦葉山にも行けず、さまよってマイクロバス一行。
たどり着いたのがこの駐車場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスがスタックして玉原にも行けず、除雪通行止めで迦葉山にも行けず、さまよってマイクロバス一行。
たどり着いたのがこの駐車場。
1
この駐車場は、こころのふるさと佐山の駐車場でした。
案内板には特に山の案内はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この駐車場は、こころのふるさと佐山の駐車場でした。
案内板には特に山の案内はありません。
1
ふと見上げると岡のような斜面がある。
そしてkazさんがGPSでチェックすると登山道らしきものを発見してくれた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと見上げると岡のような斜面がある。
そしてkazさんがGPSでチェックすると登山道らしきものを発見してくれた。
kazさん便りでこの名も知らぬ里山で雪山ハイクを開始。
kazさんがトップである程度目安になる所まで進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kazさん便りでこの名も知らぬ里山で雪山ハイクを開始。
kazさんがトップである程度目安になる所まで進みます。
3
登り始めに林業再生用の佐山2号線という道標を発見。
雪で道はわからないが林道を辿っているようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めに林業再生用の佐山2号線という道標を発見。
雪で道はわからないが林道を辿っているようです。
1
里山への稜線はしっかりした雪道。
多いところで膝ラッセルでした。人数がたくさんいるので交代してラッセルします。
YAMAは訓練のために終始トレースなき場所でラッセル練習。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里山への稜線はしっかりした雪道。
多いところで膝ラッセルでした。人数がたくさんいるので交代してラッセルします。
YAMAは訓練のために終始トレースなき場所でラッセル練習。
2
一人外れてラッセル訓練。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人外れてラッセル訓練。
稜線までの最後50m位をYAMA先頭でラッセル。
冷たい風が気持ちよい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線までの最後50m位をYAMA先頭でラッセル。
冷たい風が気持ちよい。
1
ここでまた他の人に交代します。
名も無き山だけど意外に登り応えあるぞ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでまた他の人に交代します。
名も無き山だけど意外に登り応えあるぞ!
1
なかなか雪が深くていいね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか雪が深くていいね。
そしてYAMAは更に尾根を若干ずらしてトレースなき雪道をラッセル練習。東側の斜面、結構雪が深いのでなかなか歯ごたえあるよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてYAMAは更に尾根を若干ずらしてトレースなき雪道をラッセル練習。東側の斜面、結構雪が深いのでなかなか歯ごたえあるよ。
1
ピークらしき手前で少し木が切れて展望がある場所へ。
これより少し登ると子持山がキレイに見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークらしき手前で少し木が切れて展望がある場所へ。
これより少し登ると子持山がキレイに見えた。
2
尾根が少し細くなり雪山らしい登り。
この辺からはトレースずらして歩くほど尾根が広くない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が少し細くなり雪山らしい登り。
この辺からはトレースずらして歩くほど尾根が広くない。
1
ラッセルラッセル♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセルラッセル♪
どうやらGPSでピークに到着。
登り始めから約1時間程度か。
15分くらい行動食を取る休憩を入れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやらGPSでピークに到着。
登り始めから約1時間程度か。
15分くらい行動食を取る休憩を入れる。
1
下山もkazさんがGPSをみながらルーファイしていく。
少し戻って西南に続く尾根上を下り始めた。
途中、下が岩で雪がついているところを歩く時は注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山もkazさんがGPSをみながらルーファイしていく。
少し戻って西南に続く尾根上を下り始めた。
途中、下が岩で雪がついているところを歩く時は注意。
下のほうに降りてくるとズブズブです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下のほうに降りてくるとズブズブです。
どうやらマイクロバスの駐車場に降りてきたと思ったら道標を発見。和尚台登山口だって。登山道あったんだーと皆で笑いながら話す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやらマイクロバスの駐車場に降りてきたと思ったら道標を発見。和尚台登山口だって。登山道あったんだーと皆で笑いながら話す。
1
登山道の脇には諏訪大明神。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の脇には諏訪大明神。
2時間ほどの里山ハイクでガッツリとラッセル&ルーファイを楽しめました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間ほどの里山ハイクでガッツリとラッセル&ルーファイを楽しめました。
2

感想/記録
by kaz

まさかのアプローチ道路でのマイクロバスのタイヤスタックで出発地点にも辿り着けないなんて... そういえば以前に御座石鉱泉までのアプローチでマイカーがタイヤスタックして、出発地点に辿り着けずの敗退があったっけ、恐るべし凍結道路の登り(今後は凍結坂の途中で止まるのは絶対に避けないと)。

で、鹿俣山をあきらめ、急遽決めた迦葉山への道も雪で入れずであきらめ、そして最後は名も無き里山。それでもスタート時の予想よりも歩き応えがあって、2時間という短い行動でしたが、ラッセルあり、ルーファイあり、雪の稜線歩きありのコンパクトながら、なかなか楽しい雪の里山周回でした。

今回はGPSがあったからこそ、歩けたって感じです。まあ迷っても、高度を落とせば、どの方向に進んでも人家のある麓に出れる里山だったのでの安心感もあったんですがね (^_^;)

でも、いつもの歩けるパワフルメンバーだけでなく、会のベテランの皆さんとも楽しく歩けたし、行き帰りのバスでもワイワイ楽しかったので、登山というよりも子供の頃のバスで行く遠足旅行を思い出してしまった、そんな一日でした。

さあ、次週は雪山ロープワークの訓練山行、雪上テントでワイワイ楽しみ。

感想/記録

当日は玉原高原から鹿俣山までスノーハイクを楽しむ予定でしたが、駐車場まであと10分の所でレンタカーのマイクロバスがスタックしてしまい、残念ですが引き返すことに。それにしても他の車も結構スリップしていて、スタッドレスはいていてもこんなことあるんですね。過去、マイカーでは雲竜渓谷へ行った時に駐車スペースから出る時、八ヶ岳網笠に行った時に富士見のスキー場に入る手前でブラックアイスバーンで危うくスタックしかけた経験がありますが、やっぱりスタックすると怖いですね。

すぐ近くの迦葉山に変更しようと試みますが、途中除雪中で通行止め、迷走した上でたどり着いた駐車場。さてどうしようか?と協議中に駐車場の東側にこれ尾根だよね?なんて話になり、kazさんがGPSでこれ登山道あるっぽいよ!
そして、行けんじゃね!?と言うことになり、まったく名も知らない山というか丘を今回の雪山ハイクの登山目的地にしました。

当然登っている人などいないわけで、バージンスノーを15名でラッセルしながら突き進みます。これが多いところは膝まで雪が合って意外に歯ごたえがあった。今日は短時間のハイクになるので自分はラッセル練習を決め込み、ほとんどを踏み跡はずして歩きました。その結果結構いい汗かいた。

GPS上でピークと思われる場所の手前では若干展望も効いて、子持山がきれいだったのと、枝越しではあったけど真っ白に輝く上州武尊の姿が見えました。ラッセル&ルーファイを2時間ほど満喫して無事下山しました。

GPSログを改めてみていると、この尾根は迦葉山まで続いているんですね。里山ですがいつかつなげてみたいわ〜。
kazさん、hashimoさん、今回は残念でしたが、鹿俣山の先、獅子ヶ鼻山まで行く計画で玉原リベンジしましょうね。
訪問者数:409人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ