また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1065534 全員に公開 ハイキング奥武蔵

小川町駅〜比企丘陵〜嵐山渓谷〜大峰〜物見山〜高坂駅

日程 2017年02月14日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
【往路】
07:11 小川町駅

【復路】
    高坂駅 18:35発(東武東上線)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

    武蔵横手駅 (07:16発)
07:38 富士山
08:25 遠ノ平山
08:59 愛宕山
09:25 寺山
09:35 物見山 
10:00 太平山
10:10 嵐山渓谷公園
11:00 正山
11:23 小倉城址
11:50 物見山
12:03 大日山
12:15 青山城跡
12:27 仙元山
12:40 仙元山登山口
13:03 アライ(昼食休憩 13:40発)
14:24 大峰
14:33 鞍部
14:40 大峰
14:57 下山地点
16:00 新玉川橋 
16:38 笛吹峠
17:17 物見山
18:02 キッチンワイ (夕食休憩18:30発)
18:32 高坂駅
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

遠ノ平山より
2017年02月14日 08:23撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠ノ平山より
大平山より
2017年02月14日 09:59撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山より
嵐山渓谷
塩沢冠水橋から
2017年02月14日 10:21撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嵐山渓谷
塩沢冠水橋から
仙元山より
2017年02月14日 12:22撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元山より
アライ
カツ丼
2段! 並でこのボリューム!
2017年02月14日 13:16撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アライ
カツ丼
2段! 並でこのボリューム!
新玉川橋
都幾川
2017年02月14日 15:56撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新玉川橋
都幾川
物見山より
2017年02月14日 17:16撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見山より
キッチンワイ 高坂
生姜焼き定食
2017年02月14日 18:07撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キッチンワイ 高坂
生姜焼き定食
撮影機材:

感想/記録

 休みをとって小川町へ。まず駅の北側にある富士山に登り、続いて遠ノ平山に登り南側の車道へ下る。ほぼ地形図通りにルートがあり迷うことは無かった。続いて槻川北側の山へ。

 池の北面の木道橋を渡り薄い踏み跡を頼り東側に回り込みながら登っていく。やがて踏み跡は無くなり濃い藪の中のピークに到達する。ピークを離れた後南東へ続く踏み跡を辿ると、整備された山道に合流する。愛宕山へと続く標識を見つけ、先へ進む。大聖寺、下里への分岐を通り過ぎ、しばらく進むと愛宕山に到達する。頂上で単独の男性と話をして別れる。

 槻川北側の山は山名も分からい上、この時点で地形図上の現在地の把握が全く出来ていなかった。愛宕山に行けば道標があるだろうと思っていたが、この先への道標はなかった。仕方なく分岐に戻り、西に向かうことにする。一旦下ってから、林道を登り返し、物見山、寺山のピークへ。槻川南側の物見山と混同してしまい混乱する。ひとまず西へ向かい遠山林道へ。ここで大平山の案内板を見て現在地を把握する。

 大平山に登り嵐山渓谷公園へ下りトイレを含む小休止する。公園の南側の細い地形から渡渉の可能性を探るもあきらめ、塩沢冠水橋にて南岸に渡る。工事現場を避けて正山への取り付き口を探るが苦戦する。ようやく南側に回り込んで踏み跡を見つけ先へ進む。一旦不明瞭になるが、広い林道と合流し山頂へ。標識は藪の奥にあった。急傾斜の斜面を下って北西側に下る。

 南岸の山は、まず小倉城址から。堀切や虎口が印象的だった。続いて物見山等幾つかピークを経て青山城址へ。こちらは樹林に囲まれ狭い。仙元山をピストンして西側に下山する。この時点で遅れていた為、大峰ピストンは保留してアライへ向かう。昭和のにおいの残る建物で全て個室なのは驚いた。豚味噌丼、今日のおすすめも気になったが、二段のカツ丼を注文する。凄いボリュームで大盛は自分には無理だろう。

 せっかくなので、引き返して大峰を目指す。適当に林道に取り付くがすぐ狭くなりやがて踏み跡不明瞭に。加えて箱型、落とし穴型の罠を避けて進むと林道へ。その後斜面に取り付くがまた踏み跡程度になる。リボンはあったりなかったりだが、しばらくするとピークに到達する。山頂標識があったはずだが見つからない。念のため、山頂から続く御嶽山への道をコルの沢までピストンし下山する。ところが下り口が見つけられず、登ったところより北側に下ってしまった。車道を望む広場には熊のような大きい糞があった。

その後は車道を高坂駅を目指して進む。笛吹峠の前後は林道や山道になり、JAXAの気象観測所前の区間は産廃廃棄所の脇で埃等が凄かった。公園の敷地に入りトイレに立ち寄った後、物見山へ。筑波山や赤城山などが見えた。麓のそば屋も気になったが、駅へ急ぐ。大東文化大や埼玉自然動物公園の脇を抜け、駅近くへ。お目当てのめぐみ食堂が見つからず、キッチンワイで夕食を食べ帰宅した。
訪問者数:173人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ