また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1066010 全員に公開 山滑走芦別・夕張

御茶々岳

日程 2017年02月13日(月) [日帰り]
メンバー
 0v0
, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
十八線川の温水池付近、廃車置場辺りが入山口。駐車スペースが無ければ、除雪が必要。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

入山口(8:10)−御茶々岳(12:20〜12:45)−入山口(13:40)
コース状況/
危険箇所等
十八線川に沿って、標高500mの辺りまで林道が入っている。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

御茶々岳へ向けて出発。右手には松籟山の白い南東面が目立つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御茶々岳へ向けて出発。右手には松籟山の白い南東面が目立つ。
御茶々岳から東へ派生する尾根が見えてきた。山頂部は雲の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御茶々岳から東へ派生する尾根が見えてきた。山頂部は雲の中。
槙柏山を背後に見ながら御茶々岳東面へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槙柏山を背後に見ながら御茶々岳東面へ。
今回下降することになる御茶々岳南面のオープンバーンを左に見て。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回下降することになる御茶々岳南面のオープンバーンを左に見て。
御茶々岳南東面には、スキー滑降に絶好の斜面が広がっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御茶々岳南東面には、スキー滑降に絶好の斜面が広がっている。
御茶々岳の東側、山頂直下を巻き上がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御茶々岳の東側、山頂直下を巻き上がる。
2
山頂部の木々は樹氷を纏っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部の木々は樹氷を纏っていた。
2
御茶々岳南面の滑降ルートを見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御茶々岳南面の滑降ルートを見下ろす。
槙柏山を正面に見ながら滑降開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槙柏山を正面に見ながら滑降開始。
1

感想/記録
by 0v0

御茶々岳を最初に訪れたのは11年前(2006年02月08日)になる。当時は、私にとって初めての山域であり、また情報も少なかったので、手探り状態での山行、人が入った気配も感じられない、静かな山だった。だが、登下降ルートとした十八線川左股は、地形変化に富んでおり、とても面白く楽しくスキー滑降できたことは記憶している。

時が過ぎて、山の状況が大きく変化したことを感じる。林道には入山者を送ったと思われるスノモの跡、多くの人が通りしっかりと踏み固められた登りトレース、山中あちこちに残されたシュプール、スキー滑降を楽しめる山として知られつつあるようだ。

御茶々岳に限らず、富良野西岳から松籟山、そして芦別岳まで、富良野の西に連なる山々は、スキーで滑ってみたい所がいっぱいある。いずれの山も以前より入山者が増えているようだ。今後、いわゆるBCエリアとして、もっと多くの人が訪れるようになるのかな。

訪問者数:486人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ