また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1067638 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

三角山、朝のスノーシュー練習【直登】

日程 2017年02月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候気温はマイナス5℃、風速6m/sで雪小降りの場面もあり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
無料駐車場はまたしても空き1台でセーフ。
朝5:50だというのに、多くの方がいらっしゃいます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間6分
休憩
23分
合計
1時間29分
S山の手登山口05:4806:32三角山06:5507:17山の手登山口07:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
日の出時間が早まっているのに合わせて、5:45頃に登山開始。
スノーシューで直登、山頂まで一直線です。他人のトレースはあえて使いませんでした。とは言え、大して緩い雪ではありません。
コース状況/
危険箇所等
前日の降雪5cm。
数日間、日中の気温が上がっていたせいか、雪が締まったところに積もっている感じです。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 アウター手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー ザック アイゼン 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 常備薬 保険証 携帯 ストック カメラ スノーシュー

写真

駐車場1台空きで、ギリギリセーフ。
2017年02月19日 05:39撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場1台空きで、ギリギリセーフ。
2
札幌の町に朝が訪れようとしている。
2017年02月19日 06:12撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌の町に朝が訪れようとしている。
1
急斜面直登をする。木が多くてかわしながらゆっくり進みます。
2017年02月19日 06:20撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面直登をする。木が多くてかわしながらゆっくり進みます。
数人の日の出待ち。
2017年02月19日 06:32撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数人の日の出待ち。
6
雲で朝日は出ず。
2017年02月19日 06:39撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲で朝日は出ず。
3
朝食にブタ麺とおにぎり。
2017年02月19日 06:45撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食にブタ麺とおにぎり。
3
自分のトレースを追って下山。一歩一歩が非常に細かい。
2017年02月19日 06:54撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレースを追って下山。一歩一歩が非常に細かい。
帯発見。夏も登山道として使えるのか・・・?
2017年02月19日 07:01撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帯発見。夏も登山道として使えるのか・・・?
1
ココにも帯が。
2017年02月19日 07:04撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココにも帯が。
仕事用のジェントスHW-000X、単三電池3本で300ルーメンを誇る。ちょっと重くて疲れる(^_^;)
2017年02月19日 07:27撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕事用のジェントスHW-000X、単三電池3本で300ルーメンを誇る。ちょっと重くて疲れる(^_^;)
3

感想/記録
by grane

休日ではないけれど、また三角山での朝のスノーシュー練習です。今回は遂に直登、トレースは不使用でラッセル上等の【修行】としました。

直登だと片道900mにも満たないのですね(^_^;)

急勾配の真っ暗な林の中、雪風で非常にツライ。独りぼっちでなんだか不安になります。防寒着のほっかむりで、顎まで包めば風も凌げます。所々スノーシューが滑って登れそうに無い斜面も、トレッキングポールパワーでよじ登って登頂完了!

大変な分、達成感がありました。山頂ではすでに数人いて、いつものスコップ夫婦が現れたのでとチラっと話をして、朝食。

「あれ・・・ガスがほとんど出ない!」

マイナス5℃ではやはりパワーガスじゃなく、ウルトラガスが必要かあ。

ガス缶を手で温めると徐々に火が強まってなんとかブタ麺(カップ麺)を食べることができました。ココアも準備していましたが、寒くてのんびりしているのはムリ。おにぎりも半分で止めて下山です。

終わってみればこの程度では疲労感は無く、最近のトレーニングの成果かもしれません。
訪問者数:217人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス スノーシュー 直登
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ