また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1068799 全員に公開 ハイキング近畿

矢田丘陵 平群

日程 2017年02月19日(日) [日帰り]
メンバー
 ayama4919(記録)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
近鉄生駒線平群駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
0分
合計
4時間20分
S平群駅09:3013:50平群駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

感想/記録

矢田丘陵のワイルドトレイル
今日は、妻と久しぶりに矢田丘陵を歩きました。平群駅から真東へ向けて尾根筋で落ち葉が散り敷いているが、何故かジュクジュクした道を200m登り、白石畑集落に出ました。ここから近畿自然歩道と名付けられている広い車道をしばらく行くと、有難いことにまた山道が現れました。ここで一休みしているサイクリストと立ち話をしました。乗っている自転車の値段を聞いてみると、50万円するとのことで驚きました。
山道の途中の道端にはウサギの巣穴らしいものがいくつもありました。
さらに行くと、木の枝にぶら下げられたごく小さな私的表示が見つかりました。読んでみると、ここから北へは道はないが、テープサインを辿ると平群谷へ出ることができると書かれていました。面白そうなのでこれを辿ることにしました。
はじめは踏み分け道がありましたが、そのうち道らしい道はなくなり、危ない崖っぷちをテープサイン頼りに辿りました。30分余りで暗い用水路沿いの細い林道に出て、さらに行くと平群谷へという私的表示がありました。
この平群谷ルートは以前たまたま逆コースで来たことがあります。細くて浅いが切れ込んだ谷で、水量が多いと危ない道です。ただここからどこかの駅に出るためには、これが最短ルートですので、これを辿ることにしました。谷沿いのごく細くて危険な道で、ところどころに命綱がありました。
5か所ほど頼りない飛び石伝いに流れを渡る地点がありましたが、幸い水量が少なかったので、何とか足を濡らさずに渡渉をこなすことができました。妻もこんな道が好きそうで、文句も言わずに付いてきてくれました。
やがて水平の用水管理路となり、長屋王の墓所を経て平群駅に戻りました。
4時間半の矢田丘陵で一押しのワイルドトレイルトレッキングとなりました。
http://blog.livedoor.jp/ayama4919/
訪問者数:141人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 渡渉 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ