また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1068992 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

厳冬期・錫杖岳(大木場の辻経由)

日程 2017年02月19日(日) [日帰り]
メンバー
 YSHR(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間28分
休憩
1時間2分
合計
10時間30分
S中尾温泉口バス停02:2008:15大木場の辻08:4011:25錫杖岳11:5512:28クリヤ谷渡渉地点12:3512:50中尾温泉口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2.20  960m 中尾温泉口駐車場
3.36 1350m 大木場の辻東尾根難所
8.15 2232m 大木場の辻
8.40 2232m 大木場の辻発
9.03 1600m 笠谷右股1600m
11.05 2080m 錫杖岳北鞍部
11.25 2158m 錫杖岳着
11.55 2158m 錫杖岳発
12.28 1250m クリア谷渡渉点
12.50 960m 中尾温泉口駐車場
コース状況/
危険箇所等
大木場の辻東尾根1350m付近は大岩多し、この尾根日当たり良く下部の賞味期限は短い
錫杖岳山頂は1坪ほど雪庇踏み抜き注意
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

今日も闇夜の大木場の辻東尾根 急な上に大岩も多く1350m付近は難所、全てヘルベントで登りきった
2017年02月19日 04:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も闇夜の大木場の辻東尾根 急な上に大岩も多く1350m付近は難所、全てヘルベントで登りきった
5
標高2000m付近の大斜面
2017年02月19日 06:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2000m付近の大斜面
6
青空が出た。今日も神はお見捨てにならなかった!行くしかない!
2017年02月19日 07:17撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が出た。今日も神はお見捨てにならなかった!行くしかない!
27
振り返ると焼岳がダイヤモンドダストと共に
2017年02月19日 07:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると焼岳がダイヤモンドダストと共に
15
名人と焼岳
2017年02月19日 07:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名人と焼岳
16
ラッセル名人
2017年02月19日 07:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセル名人
12
素敵な雰囲気
2017年02月19日 08:01撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵な雰囲気
15
モンスター群に突入
2017年02月19日 08:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスター群に突入
8
大木場の辻ピーク手前からの錫杖岳、待ってなさい!
2017年02月19日 08:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木場の辻ピーク手前からの錫杖岳、待ってなさい!
19
穂高連峰が見えてきた。素晴らしい景色が広がる
2017年02月19日 08:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰が見えてきた。素晴らしい景色が広がる
9
大木場の辻 ゴーール!
2017年02月19日 08:13撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木場の辻 ゴーール!
18
山頂の名人と穂高
2017年02月19日 08:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の名人と穂高
25
大木場の辻から笠谷1600mまで標高差600mのパウダー
2017年02月19日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木場の辻から笠谷1600mまで標高差600mのパウダー
9
YSHRも粉まみれ
2017年02月19日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YSHRも粉まみれ
9
名人も楽しそう
2017年02月19日 08:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名人も楽しそう
12
あっという間の標高差600m
2017年02月19日 08:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間の標高差600m
4
錫杖岳へ550mの登り返し
2017年02月19日 09:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錫杖岳へ550mの登り返し
5
錫杖岳北の鞍部からピークへ
2017年02月19日 11:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錫杖岳北の鞍部からピークへ
7
錫杖岳が近い
2017年02月19日 11:23撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錫杖岳が近い
8
ゴールの景色、スンバラシイ!いや怖い!
2017年02月19日 11:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの景色、スンバラシイ!いや怖い!
20
ピークの名人、畳一坪ほどのスペース
2017年02月19日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークの名人、畳一坪ほどのスペース
32
山頂からの槍穂
2017年02月19日 11:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの槍穂
18
槍穂を背景にYSHR
2017年02月19日 11:53撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂を背景にYSHR
24
中央が白出沢右が奥穂、左が涸沢岳
2017年02月19日 11:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が白出沢右が奥穂、左が涸沢岳
15
YSHR先頭にピークから行け〜
2017年02月19日 12:01撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YSHR先頭にピークから行け〜
21
名人が落ちて行く
2017年02月19日 12:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名人が落ちて行く
17
YSHR粉を巻き上げ
2017年02月19日 12:02撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YSHR粉を巻き上げ
9
名人も粉を巻き上げ
2017年02月19日 12:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名人も粉を巻き上げ
20
周りは岸壁だらけ
2017年02月19日 12:02撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りは岸壁だらけ
18
雪崩危険地帯は一気に飛ばす
2017年02月19日 12:04撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩危険地帯は一気に飛ばす
12
素晴らしいロケーション
2017年02月19日 12:04撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしいロケーション
10
槍穂を眼下に最高のゲレンデ
2017年02月19日 12:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂を眼下に最高のゲレンデ
16
名人も一気に行く
2017年02月19日 12:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名人も一気に行く
10
どこまでも落ちて行く
2017年02月19日 12:04撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも落ちて行く
12
岸壁を見ながらの滑走は楽しかった
2017年02月19日 12:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岸壁を見ながらの滑走は楽しかった
5
錫杖岩壁アップ
2017年02月19日 12:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錫杖岩壁アップ
10
名人と錫杖
2017年02月19日 12:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名人と錫杖
12
名人と錫杖
2017年02月19日 12:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名人と錫杖
4
言葉はいらない
2017年02月19日 12:18撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
言葉はいらない
12
こんなロケーション滅多にない
2017年02月19日 12:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなロケーション滅多にない
13
さあクリヤ谷をに合流して槍見温泉へ
2017年02月19日 12:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあクリヤ谷をに合流して槍見温泉へ
13
駐車場ゴーール!10時間半の完全燃焼、厳冬期錫杖岳 完!
2017年02月19日 12:51撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場ゴーール!10時間半の完全燃焼、厳冬期錫杖岳 完!
23

感想/記録
by YSHR

岩の要塞錫杖岳、厳冬期にピークに立った人は果たして何人いるだろうか?槍ヶ岳よりは遥かに少ないだろう。9年前に一度3月にピークを踏んだことはあるが厳冬期はまだだ、深い雪と雪崩のリスク、ずっとチャンスを伺ってはいたが果たせずにいた。今日ついに名人と千載一遇のチャンスを得ることができた。完璧に近い山行であった。

深夜23時自宅を出た。興奮して眠れなかった。新穂発は深夜3時と約束してある。金沢を出てずっと小雪が舞っていた。高速も雪走行であった。神岡を過ぎると月が見えた。これはラッキーだ。深夜2時過ぎに新穂に着くと名人号は止まっていた。

仮眠することもなくすぐに支度をして駐車場を出た。駐車場には車が5台ほど土曜に入山して壁に張り付いているのだろう。槍見温泉登山口からトレースがあった。クリヤ谷に向かっていた。僕たちはすぐに大木場の辻東尾根に取り付いた。この尾根日当たりが良いので雪の多い年でないと下部は岩が出て難儀するが今年は大丈夫だ。ガンガンヘルベントでラッセルしていく。ガリの上に新雪が乗るが結合は良く雪崩の心配はなかった。

急な斜面を交代でルートを探っていく。雪は多いのでコース取りは楽だった。しかし1350m付近は大岩がゴロゴロで難儀した。ここを超えるとあとはひたすら何も考えずにラッセルするだけだった。標高2000mを超えてようやく薄明るくなってきた。青空もチラホラ見える。今日は晴れるはずだ。

2000mを超えた大斜面は滑っても楽しいだろうと思った。さあ正面に大木場の辻がドーン、振り返ると焼岳が西穂がドドーン、素晴らしい眺めだ。今日も来て良かった。空はドンドン晴れていった。マンダムだ。モンスター群をくぐり抜けて大木場の辻に着いた。ここから尾根伝いに錫杖岳につながっているが雪庇や急な片斜面でとても行けない、これは一旦沢を滑って安全な沢を登り返すしかない。大展望を楽しんで山頂から笠谷右股1600m地点まで600m滑り込んだ。素敵なパウダーであった。

1600m地点から沢を登り返して錫杖岳北鞍部2080mを目指す。山頂まで標高差550mの登り返し。雪崩の心配のない樹林の沢であった。さすがに疲れて来たので交代でラッセルした。無事鞍部に来て残り100m弱、畳1畳ほどの狭いピークだった。山頂からは槍から焼岳までがよく見えた。大木場の辻も見える。今日も頑張って良かった。厳冬期錫杖岳、感無量です。大展望を楽しんだらあとは滑るだけ、山頂から北鞍部さらに広い沢を一気にクリヤ谷へと滑りこんだ。良い雪でしたがさすがに下部に下るとガリってきた。

錫杖岳の岩壁を見上げながらガンガン降ってクリヤ谷に合流した。ここからは消化試合、日陰の斜面を選んで槍見温泉まで一滑りだった。駐車場へは歩いて到着、しめて10時間半の完全燃焼だった。
訪問者数:3578人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/1
投稿数: 188
2017/2/21 21:15
 超ど級レコに唖然
YSHRさん、はじめまして。前回の槍+飛騨沢滑降、今回の錫杖+滑降の超ど級レコに唖然としてます。

自分も冬季に槍と錫杖に行きました。2月下旬に錫杖の左方カンテを登攀しましたが頂上まで行ってません(登攀終了地点から懸垂下降で戻りました)。
およそ40年前のことでよく覚えていませんが、左にクリヤ谷をみながら尾根伝いにアプローチしました。クリヤ谷の北側を巻いたかと思います。

私が評価するのは僭越と重々承知してますが、スキル(登攀+スキー)、体力、気力、判断力など全てにおいて最高レベルが必要ですね。

このように書きますと、私自身を自慢しているようになってしまいますが、実際にこの時期に錫杖に行った自分の率直な感想として、10時間30分で頂上往復とは、、、、。唖然。

因みに、自分らは2人で行き、初日は岩壁基部で幕営。2日目に登攀で3日目に戻りました。

これからも、YSHRさんの超ど級レコに何回も唖然としますね。
登録日: 2013/5/30
投稿数: 60
2017/2/23 7:38
 Re: 超ど級レコに唖然
メールありがとうございます。
スキーは魔法の翼でスキーを使えば不可能と思われる山行も可能になります。
冬季水晶岳ワンディ、涸沢岳西尾根経由涸沢岳ワンディなんかスキーでしかできない山行ですね。これからの若い人たちにも冬季登山するならスキーをとオススメしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ