また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1072784 全員に公開 講習/トレーニング関東

霧積アイストレ

日程 2017年02月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コース状況/
危険箇所等
氷瀑も終盤になりました。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

今回の目的のひとつ、左の75度をリードする課題はクリアn
アイスのリード初体験。s
2017年02月25日 08:45撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の目的のひとつ、左の75度をリードする課題はクリアn
アイスのリード初体験。s
3
続いて氷柱をトップロープで上までの課題は・・・
nはここから体が上がらない・・・
2017年02月25日 09:53撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて氷柱をトップロープで上までの課題は・・・
nはここから体が上がらない・・・
1
そやのんはここまで頑張った!n
これ以上は、ちゃんとフォームや登り方の勉強しないと無理かも。
氷柱は、次元が違いますね。s
2017年02月25日 10:52撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そやのんはここまで頑張った!n
これ以上は、ちゃんとフォームや登り方の勉強しないと無理かも。
氷柱は、次元が違いますね。s
1
混み合ってきたので隠れ橋(だっけ?)の氷瀑に移動n
長い氷瀑でした。上は怖そうだけど、下だけなら…。s
2017年02月25日 11:47撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混み合ってきたので隠れ橋(だっけ?)の氷瀑に移動n
長い氷瀑でした。上は怖そうだけど、下だけなら…。s
2
下段15mの80〜85度5mをそやのんがリードn
肘が曲がっっちゃってるし、下半身も不安定…(@[email protected];)
スクリュー打てた時の安心感が半端ない。s
2017年02月25日 12:11撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下段15mの80〜85度5mをそやのんがリードn
肘が曲がっっちゃってるし、下半身も不安定…(@[email protected];)
スクリュー打てた時の安心感が半端ない。s
4
そやのんナイス!今シーズンたぶん最後のアイスにして来季に向けての課題や目標が明確になった気がした一日だったn
爪先が外に開いてる。平爪先アイゼンじゃ限界かなあ…。
来期は、アイス用アイゼン買って、ちゃんとフォームも見直そう。
課題が山積みだあー!!
怖いけど、バーティカル登れるようになりたいですね(*^^*)s
2017年02月25日 12:18撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そやのんナイス!今シーズンたぶん最後のアイスにして来季に向けての課題や目標が明確になった気がした一日だったn
爪先が外に開いてる。平爪先アイゼンじゃ限界かなあ…。
来期は、アイス用アイゼン買って、ちゃんとフォームも見直そう。
課題が山積みだあー!!
怖いけど、バーティカル登れるようになりたいですね(*^^*)s
6

感想/記録

そやのんと霧積にアイストレに出かけた。
できれば横岳周辺のアイスルート登りたかったが、仕事に追われてくたくた状態でのロングは厳しいので遊びにしてもらった( ;∀;)
人気のゲレンデなので早朝から始めたが、すぐに団体が来て独り占めとはいかなくなってしまったが、まずまず練習できて楽しかったな♪

成長著しいそやのんは元薀團奪舛靴辰りリードできるようになったのが収穫かな。
后銑+の氷柱は歯が立たなかった。
自分なりにアイスクライミングにおける傾斜やピッチグレードの評価ができたシーズンだったと思う。傾斜計アプリを導入して傾斜に対する体感もイメージできるようになってきた。

60度以下ならフリー。70度までは余裕でリード。75度で緊張。80度は難しい。85度で限界。90度は無理。ただし90度でも凹角気味なら足を開けば体感的に85度以下になることもあるね。逆に凸状なら体感ハングだけど・・・
氷の状態による難易度は75度以下なら影響なさそう・・・。
あとは、トップロープで登れるところはリードで登れる。
てな具合か。

アイスの場合、行き詰ってもスクリューがセットできるのですごい安心感がある。Vスレッドも安全性が高そうなので、不安を感じたら懸垂も容易。ソロで登るリスクも軽減できそう。だからって、ソロで登りたくはないけどね。
夏登れない沢も凍ればルートになるし、来期は自分に合った適度なグレードのルートを登りたいな。
イッちゃん、そやのん、今年の12月の一発目、黄連谷右俣からの甲斐駒よろしくね!

感想/記録

今シーズン最後かもしれないアイスに、nukaboshiさんに誘って頂いて霧積へ行ってきました。
リードの練習と、氷柱に挑戦が目的です。
初めて登りながらアイススクリューを打ちました。
左の氷瀑で練習ですが、この斜度なら、怖いけど登れるんですよね。
でも、そのあとトップロープで練習した氷柱は、厳しかった…。
なんか、次元が違う。
ちゃんと勉強しないと登れないかもしれない。

帰りに隠れ橋の氷瀑にも寄って練習できました。
下部でリードの練習をさせてもらったけど、なかなかに立ってて、脚をプルプルさせながら、なんとかスクリューを打ちながら登りました。
怖かったなあー…(^^;

アイスクライミングの登り方をネットや本でちょっと調べてみたら、今の自分の登り方と違うところがいくつも見つかりました。
上手な人達の立ち込み時の安定したフォーム…、そうか、そういう事か…。
登る時は…ほうほう…。
またすぐに行きたくなってきちゃった(#^.^#)
でも、取り合えず、ピッケル研ぎ直して、アイゼンもちゃんとしたの買わなきゃ。
次は、もっと登れる気がします!!
nukaboshiさん、また行きましょう♪(*^^*)

甲斐駒黄蓮谷1泊、楽しみです♪
よろしくお願いしまーす\(^^)/
来期は、八ヶ岳のアルパインルートも行きましょうー!!
今回もありがとうございました(*^^*)
訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ