また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1073894 全員に公開 ハイキング甲信越

笹子雁ヶ腹摺山へ 山梨百名山 日影ゲートより

日程 2017年02月26日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道 勝沼ICより20号日影へ 旧甲州街道笹子隧道へ向かう
4月末まではゲートで閉鎖(飯田コンクリートまで行ける)笹子峠4.4km手前
JR中央線 甲斐大和駅 笹子駅 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
50分
合計
4時間50分
S日影 ゲート前発09:4010:50笹子峠11:0012:10笹子雁ヶ腹摺山12:4013:30笹子峠13:4014:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 7:00 安曇野穂高発 勝沼IC
 9:30 日影 ゲート前着 (飯田コンクリート前)
<復路>
14:40 ゲート発
17:00 自宅着 
コース状況/
危険箇所等
一部アイスバーンもあったが慎重に進めば問題ない
その他周辺情報勝沼ICから林道ゲートまでの間コンビニなどない
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

甲州街道 駒飼宿を通り笹子峠へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲州街道 駒飼宿を通り笹子峠へ
ゲート 笹子峠まで4.4km地点
ここに駐車歩き始める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート 笹子峠まで4.4km地点
ここに駐車歩き始める
復元された甲州街道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復元された甲州街道
ちょっと怖い橋
坂道は凍り付いて滑る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと怖い橋
坂道は凍り付いて滑る
旧甲州街道の笹子隧道
この上が笹子峠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧甲州街道の笹子隧道
この上が笹子峠
笹子峠にある天神社
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子峠にある天神社
笹子峠からのいきなりの鎖場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子峠からのいきなりの鎖場
笹子雁ヶ腹摺山山頂が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹子雁ヶ腹摺山山頂が見える
尾根道と新道の分岐
登りには尾根道を使う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道と新道の分岐
登りには尾根道を使う
起伏のある尾根道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起伏のある尾根道
勝沼、甲府方面 山は金峰か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝沼、甲府方面 山は金峰か
尾根道と新道の合流地点
高い送電線が近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道と新道の合流地点
高い送電線が近い
送電線鉄塔から富士
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線鉄塔から富士
山頂からの富士
雲がかかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの富士
雲がかかる
南アルプス 農鳥から北岳への稜線 甲斐駒ケ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス 農鳥から北岳への稜線 甲斐駒ケ岳
峠の登り口の石像
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の登り口の石像

感想/記録

2017年(平成29年)2月26日(日)

笹子雁ヶ腹摺山へ 長い名前の山だ!

「笹子には 長いトンネル 歴史道」

山梨百名山の一つを目指した。
十二文字、ここまで長い山名はないだろう。
笹子雁ヶ腹摺山!
ささごがんがはらすりやま!
笹子トンネルのように長い名前だ。

勝沼インターから甲州街道20号を日陰地区へ
そこから旧甲州街道へ向かう。
現在は笹子峠までは行けず、途中通行止めとなっていた。

通行止めのゲート手前から舗装道路をしばらく歩き、
江戸時代の甲州街道を笹子峠まで登る。

歴史的な街道の復活ということで、
道標もあり、よく整備された道が笹子峠まで通じていた旧甲州街道の笹子トンネル上に笹子峠があり、
現在は甲府市と大月市の境になっている。
笹子峠からはその境界線の尾根道を
目指す笹子雁ヶ腹摺山へと行くのだった。

今回たどった道
一番古いのは江戸五街道の一つ、甲州街道。
冬季は通行止めになっている旧甲州街道。
そして現在の甲州街道、20号。
さらに中央道を勝沼ICまで利用した。

山を歩きながら交通の歴史を感じることができた。
さらにリニアが南アルプスを通過することになる。

歩いていた江戸時代。
笹子峠を越え江戸と甲斐の国が結ばれていた。
そのために宿場町、茶屋などが繁盛していたのだ。
そんな宿場や茶屋もなくなり
時代がどんどんとスピード化された現在、
そして将来リニアが登場しようとしている。
街の様子や産業までも変遷していくのだろう。

笹子雁ヶ腹摺山への尾根道からは
富士山、南アルプスの甲斐駒などの峰々が見渡せた。
あと八ヶ岳、金峰、大菩薩峠方面の山並みも見ることができた。

山頂への最後の急登を登り切ると
標識の立ち並ぶ頂へとたどり着く。
山頂からの眺めはすでに雲のかかった富士山。
雪の南アルプス、八ヶ岳が青空の下に雄姿を見せてくれた。

長い、面白い名前の山。
歴史ある甲州街道を辿ることもできた。

ふるちゃん
訪問者数:355人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ