また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 107487 全員に公開 ハイキング近畿

三室山 【兵庫県、播磨(宍粟)】、兵庫県第2の高峰、見晴らし最高の山

日程 2011年04月29日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●今日の移動
(自宅) = (三室林道途中) – 三室山 – (三室林道途中) = (三室の滝) = (自宅)

●自動車でのアクセス
○三室山登山口)
・宍粟市千種町から兵庫県道72号線を北上し、千種川を渡らず直進すると、三室の滝の先で“三室山登山口”への誘導看板が現れる
・やがて青少年野外活動センター跡となる。ここに駐車スペースもある
・さらに先に進むことは可能。ただし、道は未舗装路となり徐々に悪くなる。つづら折りになる手前で駐車スペースがあるが、そこが普通車ならば限界か。オフロード車ならば登山口までは行けそうに思う

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

●コースタイム
林道途中 12:56 – 登山口 13:04 – 渡渉点 13:12 – 千種川支流の源流の碑 13:29 – 尾根と合流 13:41 – ‘山頂30分’13:56
– 巨岩 14:02 – ‘山頂10分’、鎖場14:13 – 三室山 14:23/55 - ‘山頂10分’ 15:04 - ‘山頂30分’ 15:17 – 源流の碑 15:32
– 渡渉点 15:37 – 登山口 15:45 – 林道途中 15:52

●歩行時間 2:56
コース状況/
危険箇所等
●コース状況
・全般に刈り払いはされているが、杉などの枯葉は放置されており、杉木立の中ではコースを見落とすかも知れない
・赤テープが更新されており、これを見極めれば迷う心配はない
・鎖場以外にもロープ設置箇所がある。ぬかるんだ急斜面対策というような設置
・渡渉点の先でコースを間違えた。右岸から左岸に渡り、下り側に進むとわずかの所に右へ上がるルートの指示がある。これを見落とさなければ大丈夫

●その他ルート等
・登山口から渡渉点までの間には尾根ルートもある
・入口は、登山口を入ってすぐの左手の樹間に尾根ルートの表示あり
・終点は渡渉点を超えて登ろうという点で合流する

●買う、食べる
・千種町内まで行けばあるであろう
過去天気図(気象庁) 2011年04月の天気図 [pdf]

写真

三室の滝の先にある誘導看板
2011年04月29日 12:42撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三室の滝の先にある誘導看板
樹間のハイキングコースを進む
2011年04月29日 13:08撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間のハイキングコースを進む
一旦、右岸へ
2011年04月29日 13:10撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、右岸へ
渡渉点の標識。山頂まで60分の標識もある
2011年04月29日 13:13撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点の標識。山頂まで60分の標識もある
こんな標識も
2011年04月29日 13:28撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな標識も
「千種側支流河内川」の源流の標識
2011年04月29日 13:29撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「千種側支流河内川」の源流の標識
岩の集まる地点で尾根に。ただしなだらかな尾根で見極めにくい
2011年04月29日 13:41撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の集まる地点で尾根に。ただしなだらかな尾根で見極めにくい
斜面をジグザグに。杉の根元がこんなにも曲がっており、急斜面であることがわかる
2011年04月29日 13:47撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面をジグザグに。杉の根元がこんなにも曲がっており、急斜面であることがわかる
樹間から後山を見る
2011年04月29日 13:55撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から後山を見る
山頂まで30分
2011年04月29日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで30分
コースには残雪が
2011年04月29日 13:58撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースには残雪が
巨岩。さけるように進む
2011年04月29日 14:02撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩。さけるように進む
樹間に後山
2011年04月29日 14:18撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間に後山
山頂直下のパラグライダー発進基地
2011年04月29日 14:59撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下のパラグライダー発進基地
発進基地から後山を見る
2011年04月29日 14:59撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発進基地から後山を見る
発進基地から千種町を見る
2011年04月29日 14:19撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発進基地から千種町を見る
扇ノ山も見える
2011年04月29日 14:20撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ノ山も見える
山頂直下のコース。まだ雪が残る。踏みしめていく
2011年04月29日 14:56撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下のコース。まだ雪が残る。踏みしめていく
残雪の山頂部に到着
2011年04月29日 14:23撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪の山頂部に到着
三室山山頂碑。宍粟50山のNo.2である
2011年04月29日 14:24撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三室山山頂碑。宍粟50山のNo.2である
山頂には多数の標識
2011年04月29日 14:31撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には多数の標識
沖ノ山から東山
2011年04月29日 14:33撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖ノ山から東山
氷ノ山(右)と扇ノ山(左)
2011年04月29日 14:34撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山(右)と扇ノ山(左)
藤無山方面。同定できず
2011年04月29日 14:34撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤無山方面。同定できず
山頂をあとにする
2011年04月29日 14:55撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂をあとにする
鎖場。行きとは異なり左手に回り込んだもの。こちらも鎖場
2011年04月29日 15:04撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場。行きとは異なり左手に回り込んだもの。こちらも鎖場
山頂まで10分の標識
2011年04月29日 15:04撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで10分の標識
渡渉点先での尾根コースと登り道の分岐にある標識
2011年04月29日 15:37撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点先での尾根コースと登り道の分岐にある標識
こんな木立の中を進む
2011年04月29日 15:43撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな木立の中を進む
1
尾根コースの入口
2011年04月29日 15:44撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根コースの入口
登山口を登山道側から見る
2011年04月29日 15:45撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口を登山道側から見る
林道途中の折り返し点。駐車場所
2011年04月29日 15:51撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中の折り返し点。駐車場所
三室の滝入口
2011年04月29日 16:07撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三室の滝入口
三室の滝。燗鍋の滝(かなべのたき)とも
2011年04月29日 16:09撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三室の滝。燗鍋の滝(かなべのたき)とも
2
もう一枚、三室の滝
2011年04月29日 16:09撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一枚、三室の滝
1
東河内から、三室山
2011年04月29日 16:15撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東河内から、三室山
1
西粟倉の桜。まだ咲いている
2011年04月29日 16:47撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西粟倉の桜。まだ咲いている
1
撮影機材:

感想/記録
by otoh

兵庫県第2の標高を誇る三室山へ。
奥地であり、今年の積雪状況もあり、少し心配しながらスタート。
悪路の林道を進むと左に逸れる林道の右手直進向きに、登山口。“山頂まで90分”の標識。ただし70分を書き換えてある。ハイキングコースは杉木立の間を緩く登る。谷筋左岸を進むが、丸木橋が現れ右岸へ。しばらく河原の石の間を進み左岸へ渡り返す地点で“山頂まで60分”の標識。
渡り返すと左岸を下降する道しか見あたらない。そんなに下降するルートではないはずだが、と思いつつ進むが反転する気配がない。これは間違えたと思い、戻る。渡渉点からの上昇ルートが不明だが、支流の上に赤テープを発見。その支流を登るが、ぬかるんだ土が伝えてくれるのはここはルートではないという感覚。無事上り詰めると再び登山道。やれやれと思い、道なりに進む。
やがて、河内川源流地点への誘導標識。行ってみたくもなるが。またいずれ。
そこから急斜面をトラバース気味に進み、岩が集会中の尾根筋に。
岩の上で一旦休憩するが、動物の糞が多数。種類不明。
植林帯の中をジグザグに上昇。斜面は結構急。足下は杉の葉が敷き詰められている。赤テープは最近更新されたようだ。これがなければ迷うおそれも。
杉木立が切れ、種類は分からないが、枯れ枝ばかりの木々に囲まれるようになると、背中に後山が見えることに気づく。頭が薄く白い。
その先で小岩を跨ぐと“山頂まで30分”の標識。枯れ木立の中を進むとコースに雪が目立つようになる。やがて、巨岩が眼前に登場。これを巻くように進むと、いよいよ“山頂まで10分”の標識。標識の目の前には、鎖場。ただし、短い。ぬかるみを歩いた靴が滑る。それでも鎖を手に取らず上へ。
鎖場を過ぎると、比較的穏やかな登り。やがて、パラグライダーの発進基地のような開放地。後山や麓の千種町がきれいに見える。
そこからは山頂部の緩やかな道筋を進み、やがて、三室山山頂。残雪あり。
360度の展望である。強いて言うならば、西面が見えにくいが。扇ノ山、氷ノ山、藤無山といった山々が取り囲む。いずれも頭が白い。例年よりも雪が多いようだ。
山頂部には多数の山頂標識。地元の学校は100周年記念登山をしたようだ。
景色を満喫して下りへ。
先ほど迷った渡渉点付近では、上から登山道通り降りてきたら、迷って進んだ道の途中に合流した。その合流点の足下にはよく見ると小さな標識が。これに気付けといわれてもね。
 渡渉点から降りていくと、やがて登山口が見えるころ、右手(登りならば左手)の樹間に“尾根コース”の小さな標識。おそらく迷い道を降りきると、ここに出るのであろう。迷い道は“尾根コース”だったようだ。

※写真で山の名前が誤っておりました。修正しております。H23.4.30/18:50
訪問者数:5571人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ