また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1081940 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

ビリビリにシビれた二子山

日程 2017年03月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間27分
休憩
57分
合計
3時間24分
S股峠09:0309:31二子山 東岳09:4210:10股峠10:1410:46三等三角点 / 二子山10:5911:29二子山11:5712:18股峠12:1912:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 ハイドレーション コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ヘルメット

写真

9時前に倉尾登山口に到着。ちょっと遅くなったかと思いましたが、駐車スペースにはまだ空きがありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時前に倉尾登山口に到着。ちょっと遅くなったかと思いましたが、駐車スペースにはまだ空きがありました
この日デビューのニューシューズ アディダス TERREX SCOPE GTX くくりとしてはアプローチシューズでしょうね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日デビューのニューシューズ アディダス TERREX SCOPE GTX くくりとしてはアプローチシューズでしょうね
1
植林帯の中を登っていくと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯の中を登っていくと
1
すぐに股峠に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに股峠に到着
まずは東岳に向かいます。結構キビシイ登りですよ(*´Д`*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは東岳に向かいます。結構キビシイ登りですよ(*´Д`*)
1
鎖の設置されたトラバース。のっけからこれはかなりシンドイ( ゜д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖の設置されたトラバース。のっけからこれはかなりシンドイ( ゜д゜)
2
キビシイ道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キビシイ道が続きます
1
核心部をすぎたトコがテラスになってまして、ここで西岳を望めます…これってオレに登れるの?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部をすぎたトコがテラスになってまして、ここで西岳を望めます…これってオレに登れるの?
3
ひとまずは東岳に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとまずは東岳に向かいます
1
こちらの稜線だってキビシイ道のりですよ( ゜д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの稜線だってキビシイ道のりですよ( ゜д゜)
2
ピーク先のビュースポットに向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク先のビュースポットに向かいます
1
ビュースポットから眺める両神山。間近で見ると、デコボコっぷりがますます分かります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビュースポットから眺める両神山。間近で見ると、デコボコっぷりがますます分かります
3
大菩薩嶺とかですかねぇ。雲取山も見えてますかね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺とかですかねぇ。雲取山も見えてますかね
1
奥武蔵のジ・アンダーテイカーこと武甲山はさすがの存在感
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥武蔵のジ・アンダーテイカーこと武甲山はさすがの存在感
1
奥の方に雪をかぶった峰が見えるのは…八ヶ岳?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の方に雪をかぶった峰が見えるのは…八ヶ岳?
1
戻ります…が、こんな凄いトコ歩いて来たんだっけ? 登りはまだしも下りはイヤだなぁ(-_-)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ります…が、こんな凄いトコ歩いて来たんだっけ? 登りはまだしも下りはイヤだなぁ(-_-)
2
股峠に戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股峠に戻ってきました
西岳に向かいます。植林の中のかなりキツイ傾斜を登り込んで行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳に向かいます。植林の中のかなりキツイ傾斜を登り込んで行きます
一般コースと上級者コースとの分岐ポイント。ちょっと分かりづらい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般コースと上級者コースとの分岐ポイント。ちょっと分かりづらい
上級者コースに向かいます。ここからしばしの岩上り(||゜Д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上級者コースに向かいます。ここからしばしの岩上り(||゜Д゜)
2
こんなトコを登ります…見た目スゴそうですが、手がかり足がかりはたくさんあるので、意外と登りやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなトコを登ります…見た目スゴそうですが、手がかり足がかりはたくさんあるので、意外と登りやすい
1
振り返って東岳。こう見ると、あちらさんだってそーとーなモンですね( ゜д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って東岳。こう見ると、あちらさんだってそーとーなモンですね( ゜д゜)
2
なんとか稜線に到着〜ッ(^_^) あぁよかった。行く手には西岳中央峰のピーク見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか稜線に到着〜ッ(^_^) あぁよかった。行く手には西岳中央峰のピーク見えます
1
標高は低いのにかなりダイナミックな景観ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高は低いのにかなりダイナミックな景観ですね
1
稜線上を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上を進みます
1
稜線上の方が上級者コースよりよっぽどシビレましたよ。こんな痩せ尾根(||゜Д゜)ヒィィィ 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上の方が上級者コースよりよっぽどシビレましたよ。こんな痩せ尾根(||゜Д゜)ヒィィィ 
2
そして急角度の下り。ザレてる! ザレてるってば(||゜Д゜)ヒィィィ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして急角度の下り。ザレてる! ザレてるってば(||゜Д゜)ヒィィィ
1
涙目で下ってくると、もうひとつルートがあったもようorz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涙目で下ってくると、もうひとつルートがあったもようorz
1
今度は鎖場ですよ(゜д゜;ノ)ノ 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は鎖場ですよ(゜д゜;ノ)ノ 
1
なんとか西岳山頂到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか西岳山頂到着
1
そして行く手を見ると…ウオッ(゜Д゜) なんですかあのトンガリは? あれが西岳西峰? 行くのかオレ? ホントーに行くのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして行く手を見ると…ウオッ(゜Д゜) なんですかあのトンガリは? あれが西岳西峰? 行くのかオレ? ホントーに行くのか?
2
進んだものの…そのキレッキレっぷりにまたも涙目(T_T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んだものの…そのキレッキレっぷりにまたも涙目(T_T)
2
さらに行く手を見ますと…ますますキビシイ感じorz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに行く手を見ますと…ますますキビシイ感じorz
2
着地点が凍ってることもあったり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着地点が凍ってることもあったり
振り返って西岳。コレを戻るのもイヤです。進むしかありません(´・ω・`)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って西岳。コレを戻るのもイヤです。進むしかありません(´・ω・`)
1
オロ? ここが西峰のピークか? 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロ? ここが西峰のピークか? 
1
その先は…まだ稜線が続いてるΣ(°д°lll) しかもますます険しいじゃん!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は…まだ稜線が続いてるΣ(°д°lll) しかもますます険しいじゃん!
1
これは核心部でしょう…まさにビリビリにシビれる光景です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは核心部でしょう…まさにビリビリにシビれる光景です
1
このナイフリッジをオレにどう進めというか? 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このナイフリッジをオレにどう進めというか? 
2
こんなトサカみたいなギザギザをオレにどう進めというのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなトサカみたいなギザギザをオレにどう進めというのか?
1
あ、でも巻いてました。よかった〜(*´Д`*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、でも巻いてました。よかった〜(*´Д`*)
1
ついに稜線の突端まで到達しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに稜線の突端まで到達しました
1
しかし難関は続きます。今度は鎖場の下り。ココもシビれましたよ(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし難関は続きます。今度は鎖場の下り。ココもシビれましたよ(^_^;)
1
鎖場を下りきり、振り返って撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を下りきり、振り返って撮影
1
そしてどうにか岩場終了のもよう。思わずガッツポーズしちゃいましたよ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてどうにか岩場終了のもよう。思わずガッツポーズしちゃいましたよ!
1
植林の中のトラバース路を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の中のトラバース路を進みます
ローソク岩には立ち寄らず。そーいえば稜線上でも前を見るのにいっぱいいっぱいでローソク岩を見逃したorz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ローソク岩には立ち寄らず。そーいえば稜線上でも前を見るのにいっぱいいっぱいでローソク岩を見逃したorz
1
東岳が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東岳が見えてきました
1
三度股峠にやってまいりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三度股峠にやってまいりました
そしてゴール。たくさんのクルマが駐車しておりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてゴール。たくさんのクルマが駐車しておりました

感想/記録

えーと、小鹿野町の二子山へと行ってきました。

奥秩父のジャンダルムとか、デンジャラスだのクレイジーマウンテンなどと呼ぶ人もおり、山と高原地図では破線ルートとなっている岩峰です。
“危険なトコには敢えて近づかない”をモットーとするへたれハイカーのアタシには縁のない山だと思っていたのに、なんの気の迷いか行ってしまいました。
だぶん…アディダスのアプローチシューズを買ったので、それを使うために岩稜帯に行きたくなったなったんでしょうねぇwww

ともあれ二子山です。
倉尾登山口に到着したのが9時前。ちょっと遅い時間かな〜とも思ったんですが、駐車スペースは空いてました。下山した時には駐車スペースはいっぱいで、路駐も多数でしたから、逆に早かったんですかね。

◎東岳
まずは東岳に向かいます。
股峠から結構急な斜面を登りますと、鎖が設置されたトラバースがありました。これがかなりシビれましたね。個人的にはこの後登った西岳の上級者コースよりもよっぽどシンドイ感じでした。
このトラバースを過ぎても足下が狭い岩上りが続きまして、ようやく稜線上に出ます。そこから眺められるヤマレコでもおなじみの西岳の姿ですね。

この東岳の稜線も結構なやせ尾根で、高度感もあり、割とシンドかったですね。
ただし、距離はないのでさほど時間はかからずに東岳のピークに到着できます。
ピークの先に展望スポットがあり、そこから両神山を間近に眺め、さらに奥秩父や奥武蔵の峰々を一望できました。

◎西岳上級コース
股峠に戻って西岳に向かいます。
まずは植林の中の急坂。これがまたかなりの急傾斜でした(*´Д`*)

上級者コースと一般コースの分岐は、分かりづらい感じでしたね。ボケッと歩いていたアタシは見逃して一般コースに行くとこでしたorz

その上級者コースですが、岩場の下のから上を見上げると…まさに壁ドン!(´・ω・`)
知り合いに、「二子山に行くならぜひ上級者コース」と言われていたので、ここまで来ましたが…思わず躊躇しましたね。
で、意を決して登り始めたワケですが…事前に聞いていたとおり手がかり足がかりが多いので、意外にスルスルと登れました。
5分ほどでいったん足場のしっかりしたトコに出ます。そこで振り返ってしみじみ東岳を眺めたのち、さらに一気に稜線までよじ登ります。
岩場の取り付きから稜線まで10分強といったとこでしょうかね。

◎西岳稜線
西岳はいくつかのピークに分かれているもようで、上級者コースから上りきったピークから、西岳山頂(中央峰?)が見えました。。
標高は1000mちょい超えくらいなのに周囲を遮ぎるものがないため、稜線上はスコーンと眺望が広がってます…が、その分高度感があるっつーわけですな( ゜д゜)

その稜線歩きですが、ギザギザとした岩の連続で、基本は左右とも切れ落ちた細い尾根。ザレてるトコや鎖が設置されてるトコなんかもあります。上級者コースよりよっぽどシビれます。
そんな稜線を涙目で進み、西岳山頂に到着して、少々ホッとしたのもつかの間、行く先の西岳西峰を見て愕然となりました…さらにキビシイ道のりじゃないですか! 

ともあれ先に進みますが、いやぁ〜まさにビリビリにシビれましたね。
足の置き場とかしっかりあるので、思ったよりはすんなり進めましたものの、ず〜っとピリッピリに緊張したまま。食事をとる余裕すらなく、行動食をお腹に入れだけで進みます。

西峰に到達しても、稜線はさらにその先に延びていて、しかもますます凶悪な感じorz
ですが引き返すのもイヤです。その気持ちだけで、待ち構えるナイフリッジやらトサカみたいなギザギザの岩を涙目でクリアしまして…ようやく稜線の先端へと到着します。

その先には最後の難所である鎖場の下り…ここも手がかり足がかりがちゃんとありますので、へたれハイカーでもなんとかクリアできました。

そんなこんなでどうにかこうにか岩場をクリアして、土の道へと降り立った際には、思わず快哉を叫んじゃいましたねwww

とまぁ、久々の大勝負となった二子山。
とにかく稜線をクリアすることにいっぱいいっぱいで、一気に登って一気に下ってしまいたが、稜線上のからの景観は素晴らしかったですね。奥秩父とは思えないダイナミックな景観…また行って、次はもっとこの眺望を堪能したいですね。

遅筆につき詳細レポートはいずれブログにて
http://awaya-daizen.cocolog-nifty.com/zatsubun/
訪問者数:546人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/19
投稿数: 125
2017/3/14 22:05
 はじめまして(*´∀`)
theopenと申します(* ̄∇ ̄)ノ

密かに埼玉百名山を楽しんでいるのですが、残念な事にこの恐ろしい二子山が入っているのです!

いつか行ければ良いなぁ(о´∀`о)と考えているのですが、awaya-daizenさんの詳細なレコはとても参考になりました♪
そして…ますます怖くなりましたww

その素晴らしい眺望をいつの日か楽しみにして、安全な所を歩きたいと思います( ;∀;)
登録日: 2014/1/8
投稿数: 15
2017/3/15 10:27
 Re: はじめまして(*´∀`)
theopenさんはじめまして

破線ルートと聞くとビビるへたれハイカーの私に、穂高のジャンダルムを踏破した友人は「破線ルートといっても一般登山道には変わりない」と言います(もちろん油断はしちゃいけないというエクスキューズ付きですが)。今回の二子山もその言葉を思い出しでチャレンジしました。
おっかないことはおっかなかったですが、最終的には「楽しかった」と思います。

別の友人は、最初に二子山に行った際には西岳の一般コースのみピストンし、東岳のトラバースや西岳上級コースは次の回に踏破したそうです。自分のペースでステップアップするのもひとつの手ですよね。

ともあれ埼玉百名山頑張って下さい。
私も奥武蔵マニアックスですから、どこかでお会いするかもしれませんね。
っつーかもうどっかで会ってたりして(^_^;)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ