また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1082729 全員に公開 山滑走八幡平・岩手山・秋田駒

源太ケ岳、嶮岨森は撤退

日程 2017年03月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
0分
合計
8時間30分
Sフォレストアイ05:2006:40下倉山07:40中倉山08:30源太ヶ岳09:00大深岳09:15大深山荘10:00引き返し点11:00大深岳11:20源太ヶ岳12:30中倉山13:00下倉山13:50フォレストアイG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

下倉スキー場を登る途中で朝日が昇ります。太陽の右に姫神山が望めます。
2017年03月12日 05:57撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下倉スキー場を登る途中で朝日が昇ります。太陽の右に姫神山が望めます。
2
同部からの岩手山です。この日は岩手山頂上は見えなかったようです。
2017年03月12日 05:57撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同部からの岩手山です。この日は岩手山頂上は見えなかったようです。
1
中倉山を越えた厳美沼辺りから源太ケ岳を望みます。頂上直下には雪庇まではいかない雪のバルジが不気味です。雪崩事故起きてます。
2017年03月12日 07:54撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中倉山を越えた厳美沼辺りから源太ケ岳を望みます。頂上直下には雪庇まではいかない雪のバルジが不気味です。雪崩事故起きてます。
源太ケ岳頂上に出ます。久し振りの風の穏やかな頂上です。 正面に大松倉山。
2017年03月12日 08:35撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源太ケ岳頂上に出ます。久し振りの風の穏やかな頂上です。 正面に大松倉山。
1
大深山荘に到着。人の気配無し。
2017年03月12日 09:14撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大深山荘に到着。人の気配無し。
1
折り返し地点から嶮岨森を望みます。もう少しですが、天気が怪しいので撤退します。
2017年03月12日 10:01撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折り返し地点から嶮岨森を望みます。もう少しですが、天気が怪しいので撤退します。
そこから茶臼岳方面。
2017年03月12日 10:01撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこから茶臼岳方面。
1
大分痩せてきたようですが、まだ小さなモンスターといっても良いでしょう。
2017年03月12日 10:54撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分痩せてきたようですが、まだ小さなモンスターといっても良いでしょう。
1
大深岳から源太ケ岳に戻る途中でちょっと晴れ間。大深岳を振り返ります。
2017年03月12日 11:13撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大深岳から源太ケ岳に戻る途中でちょっと晴れ間。大深岳を振り返ります。
1
源太ケ岳から三ツ石山、小畚山の稜線を望みます。
2017年03月12日 11:20撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源太ケ岳から三ツ石山、小畚山の稜線を望みます。
中倉山から下倉山方向。結構登りがあるのでシールはスキー場まで付けたまま。
2017年03月12日 12:29撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中倉山から下倉山方向。結構登りがあるのでシールはスキー場まで付けたまま。
1

感想/記録
by ankota

天気が良くなるかと早起きして出発したら小雪。天気図を確認したらふたつ玉高気圧の谷に入っているよう。風は弱いだろうから、行けるとこまで行ってみる。
フォレストアイに車を停めさせてもらう。下倉スキー場まで歩いて、まだ薄暗いゲレンデを登り始める。ゲレンデトップから山に入るが、昨日のトレースが残っている。と思ったら中倉山の手前で無くなっていた。もともとトレース無しの方が楽しいと思うので、がっかりではなく嬉しいくらいである。源太ケ岳まではトレース無し。大深岳に向かうところは微かにスキーのトレースが見えるが、大深山荘方向にはトレースなし。嶮岨森に向かうが、雪の畝にハマり時間がかかる。天気も良くない。10時に撤退を決める。大深岳でガスにまかれるが、コンパスで方向を見定める。源太ケ岳からは忠実に登ってきたトレースを辿る。
なんか消化不良の1日だった。
訪問者数:310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ