また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1083166 全員に公開 山滑走大雪山

前トムラウシ山

日程 2017年03月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴,無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
トムラウシ温泉,東大雪荘近くの駐車場(トイレは冬期閉鎖中)
温泉の夏道登山口からスタート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

05:55 東大雪荘からスタート
08:35 カムイサンケナイ川渡渉
11:15 前トムラウシ山山頂着
11:50 山頂発
12:40 カムイサンケナイ川渡渉
14:30 ゴール
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所なし
渡渉部でのカムイサンケナイ川は,浅い流れでスノーブリッジも豊富
その他周辺情報東大雪荘で入浴(500円,大きな露天風呂が二つもあった)
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

トムラウシ温泉,東大雪荘前にある夏道登山口から出発
2017年03月12日 05:51撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ温泉,東大雪荘前にある夏道登山口から出発
2
夏尾根に朝日が当たる
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏尾根に朝日が当たる
1
谷に降りてスノーブリッジでカムイサンケナイ川を渡渉し,左岸の尾根に取り付いた
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷に降りてスノーブリッジでカムイサンケナイ川を渡渉し,左岸の尾根に取り付いた
2
1413m地点を超えて,前方に前トムラウシ山,その右後ろにトムラウシ山が見える
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1413m地点を超えて,前方に前トムラウシ山,その右後ろにトムラウシ山が見える
3
前トムラウシ山の山頂に到着
1980年01月01日 00:03撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前トムラウシ山の山頂に到着
7
下ホロカメットク山〜境山
1980年01月01日 00:01撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ホロカメットク山〜境山
4
十勝岳〜美瑛岳〜オオプタテシケ山
1980年01月01日 00:02撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳〜美瑛岳〜オオプタテシケ山
3
中央の前トム平の近くに,トレースが見える
1980年01月01日 00:02撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の前トム平の近くに,トレースが見える
4
トムラウシ山までは,ここから2時間以上かかりそう
1980年01月01日 00:02撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ山までは,ここから2時間以上かかりそう
5
石狩山系,手前に沼ノ原
1980年01月01日 00:02撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩山系,手前に沼ノ原
3
前天狗〜天狗〜ニペソツ山
1980年01月01日 00:04撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前天狗〜天狗〜ニペソツ山
3
登ってきた尾根
1980年01月01日 00:04撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根
1
前トムラウシ山の東斜面を滑り降りた
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前トムラウシ山の東斜面を滑り降りた
5
山頂付近のシュプールをズーム
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近のシュプールをズーム
8
さらば,前トムラウシ山(とトムラウシ山)
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば,前トムラウシ山(とトムラウシ山)
1
スキー滑走面に雪が付着して滑らなくなった
雪を落としてシールワックスを塗ったら,その後は良く滑るようになった
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー滑走面に雪が付着して滑らなくなった
雪を落としてシールワックスを塗ったら,その後は良く滑るようになった
6
登山口に戻ってきた
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に戻ってきた
3
今日のトラックログ(赤:行き,青:帰り)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のトラックログ(赤:行き,青:帰り)
3

感想/記録

今日は全国的に高気圧に覆われ,各地でビッグデイを楽しむ人々が多いことだろう。前々から行ってみようと思っていた前トムラウシ山を目指してみた。

5時55分,快晴無風,気温−13℃の登山口を出発。いきなり斜面がカチカチでクトー装着し,夏尾根を歩いていく。陽が昇るとドンドン暑くなってくる。
トムラウシ山短縮登山口の分岐近くあたりから,カムイサンケナイ川の谷底に降りた。スノーブリッジで沢を渡り,かなり急勾配の左岸の尾根に取り付き,尾根上に出た。尾根を詰めて1413m地点を超えると,前方に目的の前トムラウシ山(その後ろにトムラウシ山)がド〜ンと見えた。
11時15分,前トムラウシ山の山頂に到着。まだ快晴無風,気温は0℃くらいか。周囲の眺望はすばらしい! どこも天気が良いのだろうな。休憩して滑走準備。

11時50分,山頂から滑走開始。雪は若干,緩み始めてはいるが,まだそれほど重くない。気持ちよくシュプールをきざんでいった。しばらく行くと,なんだがスキーが滑らない。滑走面を見たら,ベタ雪がくっついている。スクレイパーで雪と氷を落とし,手持ちのシールワックスを塗ってみたら,その後はよく滑るようになった。
登りトレースに沿って尾根を滑り降り
12時40分,谷に降りてシールを付けて,登りと同じ場所で沢渡渉。しばし登って,行きのトレースと合流したら,シールを外して滑走。夏尾根はかなり平坦なところが多く,歩く時間も長かったが(この点,冬尾根の方が楽に帰ることができる),緩んだ雪でもなんとかスキーを滑らせて
14時30分,かなりヨレヨレ状態でゴ〜ル!

とにかく天気が良くて,景色が良くて,静かで,最高の一日でした。

 行動時間: 8時間35分(登り 5時間20分,下り 2時間40分)
 移動距離: 15
 累積標高: 1270m
訪問者数:473人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/3/14
投稿数: 10
2017/3/14 6:54
 今年もやりましたね!
hidekinさん、おはようございます!

今年もやりましたね。お疲れ様です。
最高の天気で、最高のロケーション、さすがです。自分はどうもトムラウシに足が向きませんが、いつかは挑戦したいと思います。

自分は上川岳を狙ったんですが、最高の天気なのに体調は最悪。珍しくなくなく断念してしまいました。ロープウェイ アクセスはどうも時間に制約ができて「あずましくない」です。また今度狙いたいと思います。

パウダーシーズンもあとわずか、少しでもいいところ狙いたいです。

それでは、お気をつけて!
登録日: 2013/1/29
投稿数: 50
2017/3/14 12:35
 Re: 今年もやりましたね!
ウッチャン,こんにちは!

この日,なんとなくウッチャンはトノカリ林道の方へ向かっているんじゃないか,なんて考えていたのですが,上川方面だったのですね
体調が悪かったようですが,ロングコースばかり続いていたので,疲れが出たんじゃないですか
体調・天候・雪質,そしてモチベーション,すべてがそろう山行はなかなか難しいですが,それがかなった時の充実感は格別です
そんな山を目指して,また,次の計画をしたいと思います

残りわずかながら,私ももう少しパウダーを探したいです
では,また

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ