また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1087760 全員に公開 ハイキング東海

竜頭山

日程 2017年03月19日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
平和登山口のある国道152号線の道路脇に12-3台の駐車スペースがあります。
そこが満車の場合は200-300mほど西側のトンネルよりの所にも10台くらい停められます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
平和(ひらわ)登山口 08:12 - 08:44 (水場) 08:44 - 09:07 青ナギ(分岐/休憩所) 09:07 - 09:15 (分岐:ソマ小屋コース/一般登山道) 09:19 - 09:51 ソマ小屋跡 09:57 - 10:37 (尾根取り付き) 10:40 - 11:28 東屋 11:30 - 11:34 竜頭山 12:51 - 13:00 避難小屋 13:04 - 13:22 避難小屋 13:22 - 13:45 (水場) 13:45 - 14:33 (分岐:ソマ小屋コース/一般登山道) 14:33 - 14:40 青ナギ(分岐/休憩所) 14:40 - 15:04 (水場) 15:04 - 15:34 平和(ひらわ)登山口

平和(ひらわ)登山口 08:12 - 08:44 (水場) 08:44 - 09:07 青ナギ(分岐/休憩所) 09:07 - 09:15 (分岐:ソマ小屋コース/一般登山道) 09:19 - 09:51 ソマ小屋跡 09:57 - 10:37 (尾根取り付き) 10:40 - 11:28 東屋 11:30 - 11:34 竜頭山 12:51 - 13:00 避難小屋 13:04 - 13:22 避難小屋 13:22 - 13:45 (水場) 13:45 - 14:33 (分岐:ソマ小屋コース/一般登山道) 14:33 - 14:40 青ナギ(分岐/休憩所) 14:40 - 15:04 (水場) 15:04 - 15:34 平和(ひらわ)登山口
コース状況/
危険箇所等
とても良く整備されていて危険個所もありませんし迷うところはありません。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

行動152号沿いの平和登山口。
8時くらいに到着した時はほぼ満車状態でたぶん最後の1台だっと思います。
2017年03月19日 08:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行動152号沿いの平和登山口。
8時くらいに到着した時はほぼ満車状態でたぶん最後の1台だっと思います。
登山口から2kmほどはなだらかな登りが続きます。
2017年03月19日 08:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から2kmほどはなだらかな登りが続きます。
道標もかなりありますので安心です。
2017年03月19日 08:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標もかなりありますので安心です。
1時間弱で青ナギです。
2017年03月19日 09:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間弱で青ナギです。
しっかり間伐された人工林の中をゆったりと登っていきます。
2017年03月19日 09:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかり間伐された人工林の中をゆったりと登っていきます。
青ナビから数分で分岐があり、どちらに行っても竜頭山の頂上ですが、道標によれば右に折れる方のルートが少し急登で中級コースとなってます。下りや緩やかな方が良いと判断し中級コースをチョイス。
2017年03月19日 09:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ナビから数分で分岐があり、どちらに行っても竜頭山の頂上ですが、道標によれば右に折れる方のルートが少し急登で中級コースとなってます。下りや緩やかな方が良いと判断し中級コースをチョイス。
1
分岐をから暫く進むと谷沿いの急登が続きます。
2017年03月19日 10:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐をから暫く進むと谷沿いの急登が続きます。
1
標高1,000mを越えたあたりで尾根道になります。
2017年03月19日 10:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,000mを越えたあたりで尾根道になります。
ここから頂上まで尾根道を進みます。
2017年03月19日 10:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから頂上まで尾根道を進みます。
尾根道を少し進むと竜頭山頂上付近にある電波塔が見えてきます。見えてから頂上まで結構あります。
2017年03月19日 11:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道を少し進むと竜頭山頂上付近にある電波塔が見えてきます。見えてから頂上まで結構あります。
1
頂上の手前(南側)にあるあづまやからの東方面の眺めです。良く晴れているのですが、視界が悪く期待していた富士山の眺望は見られず南アルプスもはっきりしません。
2017年03月19日 11:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の手前(南側)にあるあづまやからの東方面の眺めです。良く晴れているのですが、視界が悪く期待していた富士山の眺望は見られず南アルプスもはっきりしません。
1
これがあづまやです。登ってくる途中に見えてから到着すまで結構ありましたが、ここから頂上は直ぐです。
2017年03月19日 11:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがあづまやです。登ってくる途中に見えてから到着すまで結構ありましたが、ここから頂上は直ぐです。
あづまやのあたりから少し雪が残っていました。
2017年03月19日 11:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あづまやのあたりから少し雪が残っていました。
竜頭山頂上(1,352m)。
近くに点在するベンチでランチタイム。
2017年03月19日 11:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜頭山頂上(1,352m)。
近くに点在するベンチでランチタイム。
2
三角点にタッチ。
2017年03月19日 11:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点にタッチ。
3
頂上付近にひろがる公園にはいくつか広場があり、トイレを目指して避難小屋に行ったのですが、トイレは封鎖されて使用不可のため、更に北側に下った中央広場のトイレを使用。下山するには避難小屋まで登り返さねばなりません。
2017年03月19日 13:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上付近にひろがる公園にはいくつか広場があり、トイレを目指して避難小屋に行ったのですが、トイレは封鎖されて使用不可のため、更に北側に下った中央広場のトイレを使用。下山するには避難小屋まで登り返さねばなりません。
1
避難小屋まで戻り、少し西側へ登った所から下山道がります。
2017年03月19日 13:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋まで戻り、少し西側へ登った所から下山道がります。
ちょっと荒れた感じの道です。熊が出ることがりますの注意があります。
2017年03月19日 13:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと荒れた感じの道です。熊が出ることがりますの注意があります。
ちょっと珍しい水飲み場。ホースから水が上に向かって出ています。
2017年03月19日 13:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと珍しい水飲み場。ホースから水が上に向かって出ています。
1
撮影機材:

感想/記録

3連休2日目、一番天気が良さそうなので頂上からの眺望を期待したのですが、朝日が昇る時点で太陽が夕日のように赤くなるほど地平線近くの空は霞んでいたので、出鼻を挫かれた状態でした。
とは言え、天候は穏やかで日差しも暖かだったので気持ちの良い山行となりました。
登山道はしっかり整備され歩きやすいし、登り始めはなだらかな登りが続いたので、今日は楽勝かと思いきや、後半勾配もきつくなり結構登り応えはありました。
ただ、ずっと人工林の中を淡々と登って下りるという感じで変化に乏しく、そういう意味では物足りないというのが正直なところです。
訪問者数:609人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 三角点 避難小屋 山行 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ