また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1089347 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳 〜撤退+職質〜

日程 2017年03月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候ガスガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間9分
休憩
6分
合計
3時間15分
S赤岳山荘05:1505:20美濃戸山荘05:2106:27中ノ行者小屋跡06:3007:38中ノ行者小屋跡07:4008:24美濃戸山荘08:30赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
美濃戸口と美濃戸の間の道は4WDスタッドレス必須。車種によってはチェーンも。
その他周辺情報20号線東京方面に温泉のある道の駅があります
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

これを見たらテンションだだ下がりで撤退しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを見たらテンションだだ下がりで撤退しました

感想/記録

2時半に美濃戸に到着。美濃戸口からの道は怖かったが、帰りの方がもっと怖い。シュラフで仮眠したが寒かった。快眠できず、仕方なく、4時半に起き、支度して、5時すぎの暗いうちに出発。南沢は雪で歩きやすいが、体温調整が面倒、天気もイマイチでテンションが上がらない。行者小屋手前で見た稜線が曇っていて、風もあったので、展望が望めないと思い、霧ヶ峰にでも行こうと思い、撤退を決めた。下る道すがら、沢山の人が登ってくる。下山後、車中から見ると八ヶ岳全体が雲というかモヤに覆われていた。それにしても大変だったのは、美濃戸口への道で、凍ってる下りで、3mスケーティングしてしまった時は焦った。ワダチも深く、凍ってるので、ハンドル切った方向と違う方向に進んだりする。美濃戸口から登ってくる人に当てないよに気を使う。タイヤチェーンで削れてるので、スタッドレスのみでもなんとか走れた(チェーンは積み忘れた)が、じゃないと無理。美濃戸口手前の上り坂は、止まったらダメだと思い、一気に登ったら登れた。

帰りに都内を走っていると、パトカーに止められた。ナンバープレート灯が1つ切れていたとのこと。ついでに職質と荷物検査を受けた。調理用の刃物がないか聞いてきたが、幸い、持っておらず。銃刀法の怖さを感じた。皆さんも気をつけてください。
訪問者数:256人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

シュラフ テン 撤退 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ