また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1089882 全員に公開 山滑走八ヶ岳・蓼科

霧ヶ峰

日程 2017年03月18日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車山肩の駐車場はまだ積雪があり、除雪もされていないので4WDで脱出に自信のある車しかお勧めしません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間14分
休憩
1時間31分
合計
5時間45分
S車山肩駐車場10:0910:11車山肩分岐10:2010:52車山乗越10:5411:27蝶々深山12:3513:11蝶々深山13:1414:49沢渡14:5815:47車山肩分岐15:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
蝶々深山の先で娘に異変が。「お腹が痛い」と言うので「すぐ引き返そう」となったが沢渡の分岐で休憩をとると元気になったので沢渡を廻って肩に戻ることにした。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 無線機 双眼鏡 バラクラバ 座マット テーピング ティッシュ サングラス パタゴニア長袖 モンベルフリース ノースフェイス下着 cwx ウール靴下 スノボ用二重グローブ 行動用グローブ ダウンジャケット ネックウォーマー ウール帽子 オスプレーザック52L 防水バック 行動食 非常食 テルモス 500mL テルモス250mL ライター 山と高原 1/50000地図 コンパス ヘッドランプ 予備電池 ガーミンGPS 筆記用具 ファーストエイドキット 結束バンド 常備薬 日焼け止め 保険証 プロトレック 手拭い スイスアーミーナイフ ツェルト サバイバルシート チェーンアイゼン マーモットハードシェル マーモットスキーパンツ スパッツ テレマークスキー シール テレマーク靴 ワカン 計画書 ガラケー カメラ ストック
備考 細板テレマークで革靴に上記の装備は重すぎる。バッサリとライトウェイトにするか、スキーをアルペンにすべきであった。

写真

肩から出発してすぐに湿原が見える。蝶々深山に向かうパーティが見える。
2017年03月18日 10:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩から出発してすぐに湿原が見える。蝶々深山に向かうパーティが見える。
1
車山乗越へ向かう。
2017年03月18日 10:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車山乗越へ向かう。
車山は踏み跡がなく娘と登るのは躊躇。蝶々深山に向かう。
2017年03月18日 10:52撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車山は踏み跡がなく娘と登るのは躊躇。蝶々深山に向かう。
北アルプス
2017年03月18日 11:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス
1
北八ヶ岳。
2017年03月18日 11:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳。
2
蝶々深山山頂。
2017年03月18日 11:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶々深山山頂。
2
クラスト斜面をプルークで慎重に滑る娘。アルペンスキーなのでなんとかなってる。そういう私は革靴・細板テレマークなのでシュカブラに足を取られて転倒の連続。。。青あざ。
2017年03月18日 12:44撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラスト斜面をプルークで慎重に滑る娘。アルペンスキーなのでなんとかなってる。そういう私は革靴・細板テレマークなのでシュカブラに足を取られて転倒の連続。。。青あざ。
2
撮影機材:

感想/記録

娘にとって初めてのオフピステスキー。シュカブラ、最中雪で思い通りにならないことを楽しんで欲しかった。娘に高価な山スキー道具を揃える気にならないのでいつもつかっているゲレンデ用アルペンスキーとプラブーツを担ぎ上げたのだがその甲斐はあったのだろうか。
かく言う私も久々のテレマークオフピステスキーで滑りはボロボロ。まぁそもそも今回は滑り自体に重きをおいていないのだがやはりアルペンにすればジャンプターンも決められたのに良かったとK2ピナクルのブーツとアルペンスキーを家に置いて来たことを悔やむ。
訪問者数:176人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

乗越 山スキー
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ